村松文代

村松 文代(むらまつ ふみよ、1959年2月15日 - )は、IBC岩手放送に所属するアナウンサーニュースデスク(同社報道部専任部長兼報道デスク)。

目次

来歴編集

長野県飯田市出身。早稲田大学卒業後、1981年にIBC入社。(同期に、吉田雅彦樋田由美子村井博子がいる)

入社した年に『飛び出せ!全国DJ諸君』でグランプリを受賞。その後、『ニュースエコー』のキャスターを務めたことなどで、岩手県内で有名な存在となる。テレビの他、ラジオでもインタビュー番組『風のグラフィティ』(中三一社提供番組)のパーソナリティを務め、毎週一人ずつ、100人以上の人物の聞き手となった。

若手の頃、岩手競馬が企画した女性騎手招待レースレディスカップのために、岩手初の女性競馬実況アナウンサーを務めたことがある。

最近では、『裁判員制度全国フォーラム』のパネリストを務めた。([1])この他、県内各地域のイベント、集会の司会、進行役も務めている。

1988年に、1998年の冬季オリンピックの国内立候補地が長野市盛岡市旭川市山形市の決選の末、長野市に決まったということがあったが、当時既に盛岡暮らしが7年過ぎと長くなっていたため、自分の出身地でありながら『長野に取られた』というような思いだったというが、長野出身ということで周りから少々睨まれたこともあったという[1]

現在の出演番組編集

テレビ
ラジオ

過去の出演番組編集

テレビ
ラジオ

脚注編集

  1. ^ 参考:『月刊ラジオパラダイス』1990年4月号『美人アナウンサー HOT SHOT!』コーナー内の記事

外部リンク編集