メインメニューを開く

村瀬 興雄(むらせ おきお、1913年7月17日 - 2000年3月2日)は、日本の歴史学者ドイツ帝国およびナチズムナチス・ドイツを研究。成蹊大学名誉教授。

経歴編集

東京都出身。1938年東京帝国大学文学部西洋史学科卒。松山高等学校教授、愛媛大学助教授、53年成蹊大学教授、77年定年退任、名誉教授。立正大学教授、84年退職。創価大学客員教授。93年退職。 87年秋、勲三等瑞宝章受勲。

著書編集

  • 『ドイツ現代史』 東京大学出版会、1954
  • 『社会科歴史文庫 現代の世界』 三省堂、1956
  • 『ヒトラー ナチズムの誕生』 誠文堂新光社、1962
  • 『ナチズム ドイツ保守主義の一系譜』 中公新書、1968、改版1993
  • アドルフ・ヒトラー 「独裁者」出現の歴史的背景』 中公新書、1977
  • 『ナチス統治下の民衆生活 その建前と現実』 東京大学出版会、1983
  • 『ナチズムと大衆社会 民衆生活にみる順応と抵抗』 有斐閣選書、1987

編著編集

  • 『図説世界文化史大系10 ヨーロッパ近代』角川書店、1959
  • 責任編集『世界の歴史15 ファシズムと第二次大戦』中央公論社、1961/中公文庫、1974

翻訳編集

論集編集

  • 『現代独仏関係の展開』編 日本国際問題研究所、1970、国際研究叢書
  • 『政治と思想 村瀬興雄先生古稀記念西洋史学研究論叢』 村瀬興雄先生古稀祝賀記念会、1983

参考編集

  • コトバンク
  • 村瀬興雄教授略年譜・主要業績一覧 「Sociologica」(創価大学)1993-12