メインメニューを開く

村田 ひろゆき(むらた ひろゆき)は、日本漫画家埼玉県出身。

経歴など編集

1982年、『週刊ヤングマガジン』4月増刊号(講談社)にて『馬っこきブルース』でデビュー。1983年より麻雀誌、官能誌、実話誌などで連載を始め、のちに『ころがし涼太』等のヒット作品を生み出す。代表作である『工業哀歌バレーボーイズ』は実写映画化・DVD化された。同様に『ころがし涼太』もアニメ・実写化、『がぶノミ荒矢』も実写化された。

2009年12月7日発売の講談社『週刊ヤングマガジン』2010年1号にて病気療養のため、連載中だった『好色哀歌 元バレーボーイズ』を一時休載した。その後、2010年8号にて「休載おわび」というタイトルの3ページ漫画を描き、休載の原因が治療のためであることを明らかにし、その際に医師に癌と宣言されてからの治療の経過が詳細に描いている。その後、『好色哀歌 元バレーボーイズ』は連載再開したのち、2011年9号をもって完結した。

『バレーボーイズ』連載終了後は、自身の検査の様子などを描いた漫画を『週刊ヤングマガジン』誌上に掲載するなどしていたが、2012年1号に病院を舞台にした新作『ドクター早乙女』を掲載、4・5合併号より隔週で連載中。

主な作品リスト編集

賞歴・掲載歴編集

脚注編集

  1. ^ a b c ちばてつや賞(ヤング部門) - ちばてつや公式サイト(2014年6月8日閲覧)
  2. ^ a b ちばてつや賞(一般部門) - ちばてつや公式サイト(2014年6月8日閲覧)