メインメニューを開く

村田 元一(むらた げんいち、1938年4月10日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手投手)。

村田 元一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1938-04-10) 1938年4月10日(81歳)
身長
体重
173 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1957年
初出場 1957年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

明治高校では2年生の時、エースとして1955年春季関東大会準々決勝に進むが、水戸商の生田目貢(明大)に完封を喫する。翌1956年夏の甲子園都予選準決勝に進出、早実高王貞治と投げ合うが1-2で惜敗し、甲子園出場を逃す。早実には醍醐猛夫捕手徳武定之三塁手がいた。

1957年国鉄スワローズに入団。1958年には開幕2戦目から先発として起用される。3連敗を喫するが4月26日には大洋ホエールズを相手に先発、9三振を奪い中島執の1安打のみに抑え初完封を飾る。同年はリーグ最多の62試合に登板し、5連勝を含む15勝を記録した。その後も踏み出した前足を突っ張った姿勢でスリークォーター気味に腕を振り切る独特のサイドスロー[1]から放たれる速球と、切れのあるシュートスライダーを武器に主力投手として活躍。1960年には18勝をマークするなど、金田正一に次ぐ第2エースとして[2]長くスワローズの投手陣を支えた。

1962年7月12日の対阪神タイガース戦(後楽園球場)では、9回2死までパーフェクトに抑えながら、27人目の打者西山和良の一塁への微妙な打球をヒットと判定され、惜しくも大記録を逃している[注 1]1964年には不振が続き、シーズン中盤の故障もあって戦列を離れ、わずか2勝にとどまるが、8月には先発に復帰している。1965年、金田正一が巨人へ移籍し球団の経営権がサンケイへと移転すると村田は開幕投手を任される事となり、その後も佐藤進石戸四六らとチームを支えていく事となるが、この年は僅か6勝に終わる[3]1966年にも10勝を挙げ、10月12日中日ドラゴンズ戦の完投勝利で通算100勝を達成。前日の広島カープ戦のリリーフ登板で99勝目を挙げた翌日の100勝到達であった[注 2]。 しかし1968年には先発での登板機会が減少。1969年のシーズン終了後に現役引退。

コントロールの良さがあり、通算21無四球試合は歴代32位。さらに、1試合完投した場合の平均与四球数(与四球率)は1.49個で、これは通算2000投球回数以上の投手では、土橋正幸(1.21個)、高橋直樹(1.48個)に次いで歴代3位の記録である。また、1959年王貞治に第1号ホームランを打たれた投手としても知られる。当時の国鉄の正捕手根来広光の回想によると、打者転向したばかりで開幕以来極度の不振に喘いでいた王を見かねて、村田に対して「お前、同じ東京(出身)だろ。打たせてやれよ」と冗談で言ったところ、村田は2ストライク1ボールからの4球目にスライダーを投じて王に第1号本塁打を浴びたという[4]。なお、村田は王に第2号、第300号本塁打も打たれているが、村田はこれらの状況については後年「全く覚えてねえ(同時に「ボケた訳でもない」とも)」と述懐した[5]

引退後はマスメディアの取材を拒否するなどメディアとは一切絶縁していて、2017年12月にサンケイスポーツのインタビューに応じたのが実に48年ぶりのマスメディア登場であった[5]。現在は「財団法人全日本リトル野球協会 リトルシニア委員会 関東連盟」所属の少年野球リトルシニア)チーム「東京日暮里シニア」の特別コーチを務めている[6]

エピソード編集

現役時代の村田はサンダル履きで球場入りしたり、春季キャンプ地では自分で魚を七輪で焼くということをしたり、或いは2月の春季キャンプの際には、当時国鉄スワローズのキャンプ地だった鹿児島県指宿市の海岸で泳いだり、夏場でも海水浴に行くなど破天荒な行動をする選手であったという[5]。当時の同僚で国鉄の大エースであった金田正一が、「肩と腕を冷やす」事に繋がる行為[7][8]や、投手の商売道具たる手足の指先を徒に負傷しかねない行為の一切を、公私におけるコンディション管理で徹底して排除していたのとは対照的であるが、本人は「水泳は全身運動でいいんだから」と語っていた[5]

国鉄で「天皇」とまで言われた金田に対しても自分なりの筋を通しきる面も持ち合わせており、1960年後半に18勝目を村田が上げた際、同じ勝数で並んでいた金田から「どうしても先に20勝させてくれ」と懇願され、金田の執念を察しながらも納得の出来ない村田は翌日自ら二軍落ちを申し出て、シーズンの残り1ヶ月をそのままファームで終えたという。結局、この年の18勝が村田のキャリアハイの成績となった[5]

引退後にプロ野球界から姿を消したことについては「俺にとっては国鉄(スワローズ)が全てだったから」だとしている。近鉄バファローズ岩本尭監督や、巨人の川上哲治監督からも入閣の誘いがあったとされるが、村田本人の束縛を嫌う性格や(当時は「常識外れ」とされた)前述の破天荒な行動などが要因となり結局沙汰止みになったという。現役引退に際しては用具やトロフィーなど野球に関する物品を全て廃棄し、国鉄を引き継いだアトムズ球団に対して「名簿から名前を消してほしい」と訴えるなどしたことでも知られた。村田の国鉄スワローズに対する愛着と帰属心の強さは、奇しくも金田のスワローズに対する姿勢とも共通する面があり、2017年に村田の取材に成功したダンカンは、村田自身は「反骨心の固まり」と自己分析した人柄を評して「良く言えば豪放磊落、そのまま言えば我侭」「話を聞いている間、高倉健の名台詞である『不器用ですから』がずっと頭の中で巡っていた」と記述した[5]

弱小球団であった国鉄-アトムズを通じて2桁勝利を6度、通算118勝を上げた村田は後年一定の評価を得るところとなり、国鉄スワローズ及び1938年生まれの選手のベストメンバー、ベストナインを語る際には村田はしばしばその名前が挙がる選手となっている[9][10]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1957 国鉄
サンケイ
アトムズ
1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 5 1.0 2 1 0 0 0 0 0 0 2 2 18.00 2.00
1958 62 41 13 1 3 15 22 -- -- .405 1266 320.0 265 24 56 5 7 179 2 2 123 104 2.93 1.00
1959 42 31 6 3 2 9 11 -- -- .450 775 187.1 172 17 43 2 2 110 2 0 84 72 3.45 1.15
1960 58 40 14 2 6 18 16 -- -- .529 1163 295.2 263 18 38 6 2 152 3 0 101 83 2.52 1.02
1961 43 24 5 0 2 14 13 -- -- .519 840 217.2 195 14 25 5 1 100 2 0 68 56 2.31 1.01
1962 40 28 12 3 5 12 16 -- -- .429 855 216.1 199 14 28 5 1 102 0 0 73 57 2.36 1.05
1963 40 25 9 4 1 13 14 -- -- .481 864 209.1 219 27 32 0 0 60 0 0 97 83 3.56 1.20
1964 27 16 2 0 0 2 7 -- -- .222 473 114.1 133 17 16 2 0 22 1 0 54 46 3.63 1.30
1965 23 17 5 0 0 6 11 -- -- .353 470 110.2 122 15 21 1 4 31 0 0 50 48 3.89 1.29
1966 39 28 8 1 0 11 12 -- -- .478 770 189.1 179 19 33 7 2 74 0 0 74 66 3.14 1.12
1967 33 28 5 0 2 8 12 -- -- .400 696 165.2 166 29 38 5 1 76 1 0 83 74 4.01 1.23
1968 36 6 1 0 0 8 5 -- -- .615 399 95.2 97 11 22 3 3 63 0 0 36 33 3.09 1.24
1969 15 0 0 0 0 2 1 -- -- .667 124 31.0 29 4 5 1 1 22 0 0 10 7 2.03 1.10
通算:13年 459 284 80 14 21 118 140 -- -- .457 8700 2154.0 2041 210 357 42 24 991 11 2 855 731 3.05 1.11
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 国鉄(国鉄スワローズ)は、1965年途中にサンケイ(サンケイスワローズ)に、1969年にアトムズに球団名を変更

記録編集

背番号編集

  • 52 (1957年)
  • 37 (1958年 - 1964年)
  • 11 (1965年 - 1969年)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ この試合でバッテリーを組んだ根来広光によれば、西山の打球は本来なら国鉄の一塁手の星山晋徳のエラーと判定されるべきものであったが、星山のせいで完全試合がフイになることを気の毒に思った審判の温情でヒットとされたという(「Number 187号」)
  2. ^ 他には1971年の佐々木宏一郎が10月3日に99勝目を挙げて、翌4日に100勝に到達した例がある。

出典編集

  1. ^ 「東京」投手・村田元一 球歴明大中野→国鉄…:「全国」 夢のベストナイン特集 - 時事ドットコム
  2. ^ 週刊ベースボールプラス6 1950-2011 わが愛しのスワローズ 国鉄から始まった栄光の軌跡、ベースボール・マガジン社、2011年、P23
  3. ^ 1960年代 - 東京ヤクルトスワローズ
  4. ^ 根来広光・小田豊二『聞き書き みんな、野球が好きだった』(集英社、2006年) ISBN 4834251241、p.66
  5. ^ a b c d e f “【帰ってきた!ダンカンが訪ねる 昭和の侍】村田元一さん、「世界の王」に第1号を打たれた男”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社: p. 1-4. (2017年12月2日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20171202/npb17120210000011-n1.html 2017年12月2日閲覧。 
  6. ^ チームスタッフ 東京日暮里シニア公式サイト
  7. ^ 【父の教え】俳優 金田賢一さん「役者ぶるな、外見ばかり取り繕うな」”. msn産経ニュース (2014年5月14日). 2014年5月18日閲覧。
  8. ^ "「こらっ、投手が半袖を着るもんじゃないぞ!」現役時代カネやんに叱られた…北別府さん明かす". Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2019-10-06. p. 1. Retrieved 2019-10-07.
  9. ^ 国鉄スワローズ 不動の大エース・金田正一がけん引/球団別オールタイム・ベストオーダー - 野球週刊ベースボールONLINE、2018年6月22日。
  10. ^ 【世代別ベストナイン】「1938年」名バイプレーヤーたちが支える“権藤世代”/権藤博、黒江透修、鎌田実 - 野球 - 週刊ベースボールONLINE、2018年4月7日。

関連項目編集