村田勝喜

村田 勝喜(むらた かつよし、1969年9月18日 - )は、石川県金沢市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。村田兆治と同姓のため、ホークス時代は「兆治(ちょうじ)」と呼ばれた。

村田 勝喜
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 石川県金沢市
生年月日 (1969-09-18) 1969年9月18日(48歳)
身長
体重
180 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 ドラフト6位
初出場 1988年9月20日
最終出場 1997年7月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

星稜高等学校を経て、1987年ドラフト6位で南海ホークスに入団。ドラフト最下位指名の高卒選手であったにもかかわらず、プロ1年目の1988年終盤に頭角を現し、将来性の高い二枚目の速球投手として注目された。南海ホークスとして最後の試合となった10月20日(いわゆる「10.19」の翌日)の川崎球場での対ロッテオリオンズ戦にも2番手の投手として登板している(その結果、南海ホークス最後の敗戦投手となった)。

球団名がダイエーに変わった翌1989年に7勝を挙げ、この年絶不調だった南海時代のエース山内孝徳に代わる新エースとして一躍有名になった。その後もダイエー黎明期のエースとして活躍し、低迷時代のチームを支え続けた。1993年オフ、秋山幸二渡辺智男内山智之3選手との交換トレードで、佐々木誠橋本武広両選手と共に西武ライオンズに移籍した[1] 。ダイエー時代はバックが弱かったため、好投してもなかなか勝てないことが多かったが、黄金時代の西武に移籍し名実と共にリーグを代表する投手になると思われた。しかし全くの不振(登板中にぎっくり腰になるなど)で、2年間で4勝しか挙げられなかった。当時について村田は「柄にもなく、細かいコントロールを狙って、小手先の投球になっていた」と振りかえった[2]

1995年オフ、清水雅治前原博之2選手との交換トレードで、山野和明と共に中日ドラゴンズに移籍した。年俸は6,500万円(推定)。当時星野仙一監督から「(この年トレードで獲得した)村田と前田で20勝は計算できる」と言われたが、結局拾い物の1勝のみに終わり、4月28日に登録抹消されてからは一軍のマウンドに戻ることはなかった。契約更改では5800万円(推定)に大幅ダウン。同年シーズン終了間際にはハワイ・ウィンターリーグへ武者修行に出るなど心機一転を図った[3]1997年も2勝のみに終わり、この年限りで現役引退。引退後は会社経営の傍ら、地元・北陸に本拠地を置く福祉関係NPOの役員として活動。

西武移籍後の不振はダイエー時代自由にのびのびとやっていたものが西武で急に管理され、それが水に合わなかったとも言われている。東尾修監督に交代した後はダイエー時代の様にのびのびやらせたが、それでも調子が戻らなかった。また、ストレートスライダーカーブが持ち球であったが、そこにフォークを覚えてしまったことでそれまでの持ち球のキレ・コントロールが悪くなってしまったことも影響していると言われている。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1988 南海
ダイエー
7 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 72 16.0 20 2 6 0 0 10 1 0 10 6 3.38 1.63
1989 25 21 4 1 0 7 8 0 -- .467 593 130.0 117 15 88 4 6 107 2 0 72 57 3.95 1.58
1990 27 26 9 1 0 7 15 0 -- .318 789 175.2 179 29 92 5 6 143 4 0 117 113 5.79 1.54
1991 23 23 15 1 0 13 9 0 -- .591 790 188.0 166 17 70 0 7 155 3 1 81 74 3.54 1.26
1992 25 23 12 1 0 10 9 0 -- .526 775 181.2 162 18 76 1 4 123 5 0 79 74 3.67 1.31
1993 25 25 14 1 1 10 12 0 -- .455 817 196.1 171 10 81 4 5 127 3 0 74 70 3.21 1.28
1994 西武 25 20 3 1 0 4 5 0 -- .444 476 101.1 104 9 69 1 4 82 3 0 60 51 4.53 1.71
1995 9 2 0 0 0 0 0 0 -- ---- 79 17.2 14 1 12 0 2 12 1 0 12 12 6.11 1.47
1996 中日 4 3 0 0 0 1 3 0 -- .250 61 12.2 15 4 6 0 1 14 0 0 14 14 9.95 1.66
1997 11 6 0 0 0 2 3 0 -- .400 167 34.0 42 7 24 0 2 21 0 0 24 24 6.35 1.94
通算:10年 181 150 57 6 1 54 65 0 -- .454 3900 1053.1 990 112 524 15 37 794 22 1 543 495 4.23 1.44
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 南海(南海ホークス)は、1989年にダイエー(福岡ダイエーホークス)に球団名を変更

表彰編集

  • 月間MVP:2回(1991年6月、1993年5月)

記録編集

初記録
節目の記録
  • 1000投球回数:1995年8月3日、対近鉄バファローズ17回戦(藤井寺球場)、1回裏2死目に達成 ※史上262人目
その他の記録

背番号編集

  • 50 (1988年 - 1989年)
  • 15 (1990年 - 同年途中)
  • 18 (1990年途中 - 1993年)
  • 21 (1994年 - 1997年)

脚注編集

  1. ^ 【11月16日】1993年(平5) “特殊潜航艇”根本、久々の大型トレードで秋山ゲット”. スポーツニッポン (2007年11月16日). 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月31日閲覧。
  2. ^ 「ドラゴンズファンブック '96」 中日新聞社、1996年、 45頁
  3. ^ 「ドラゴンズファンブック '97」 中日新聞社、1997年、 65頁

関連項目編集