メインメニューを開く

村田 治(むらた おさむ、1955年5月24日 - )は、日本経済学者。専門は、マクロ経済学景気循環論[1]関西学院大学経済学部教授。2014年4月から、同大学学長。

村田 治
Osamu MURATA
生誕 (1955-05-24) 1955年5月24日(64歳)
日本の旗 日本東京都
研究機関 関西学院大学
研究分野 マクロ経済学
景気循環論
母校 関西学院大学
テンプレートを表示

来歴編集

1955年5月24日東京都生まれ[2]関西学院大学を卒業し、1985年より同大学で助手・専任講師・助教授を務めたのち、1996年に教授就任。教務部長(2000年4月 - 2008年3月)、経済学部長(2009年4月 - 2012年3月)、高等教育推進センター長(2012年4月 - 2014年3月)を歴任。2013年10月の関西学院大学学長選挙で学長に選出され、2014年4月に就任した[1]。2016年再選。2019年3選[3]

財政学に関する研究により学位・博士(経済学)を取得[4]。著書『公債と財政赤字のマクロ理論』に対し、経済学者の村田安雄は「財政赤字と公債発行のマクロ経済への関連性を、多方面から厳密な理論展開を伴って探求している点で、他に類を見ない優れた著作」と評している[5]

あしなが育英会の副会長(2005年 - )[2]チャンス・フォー・チルドレンのアドバイザー(2014年 - )も務める[6]

略歴編集

  • 1980年 - 関西学院大学経済学部 卒業
  • 1985年 - 関西学院大学大学院経済学研究科博士課程後期 単位取得退学
  • 1985年4月 - 関西学院大学経済学部 助手
  • 1986年4月 - 関西学院大学 専任講師
  • 1989年4月 - 関西学院大学 助教授
  • 1996年4月 - 関西学院大学 教授
  • 2014年4月 - 関西学院大学 学長
  • 2017年4月 - 中央教育審議会委員

著書編集

  • 村田治『公債と財政赤字のマクロ理論』有斐閣、1996年。ISBN 978-4641067868
  • 村田治『現代日本の景気循環』日本評論社、2012年。ISBN 978-4535557109

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 関西学院大 新学長に村田治・経済学部教授”. 神戸新聞 (2013年10月10日). 2015年1月2日閲覧。
  2. ^ a b 村田 治 学長メッセージ”. 関西学院大学 (2014年4月1日). 2015年1月2日閲覧。
  3. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3255057
  4. ^ 博士論文 『公債と財政赤字のマクロ理論』 - 博士論文書誌データベース
  5. ^ 村田安雄「〈書評〉村田 治 著『公債と財政赤字のマクロ理論』(有斐閣、1996年)」『經濟學論究』第51巻第3号、1997年、 119-128頁。
  6. ^ 関西学院大学学長の村田治先生がCFCアドバイザーに就任しました”. チャンス・フォー・チルドレン (2014年11月7日). 2015年1月2日閲覧。

外部リンク編集

学職
先代:
井上琢智
2011年 - 2014年
関西学院大学学長
2014年 -
次代:
現職