メインメニューを開く

村野守美

日本の漫画家、アニメーター

村野 守美(むらの もりび[1][2]1941年9月5日[2] - 2011年3月7日[1])は、日本漫画家アニメーター。本名:佐藤 守(さとう まもる)。

むらの もりび
村野守美
本名 佐藤 守
生年月日 (1941-09-05) 1941年9月5日
没年月日 (2011-03-07) 2011年3月7日(69歳没)
出生地 日本の旗日本福島県会津若松市いわき市
職業 漫画家アニメーター
活動期間 1960年 - 2011年

目次

略歴編集

満洲国奉天省大連市生まれ。戦後は福島県会津若松市で幼少期を過ごした[2]。後にいわき市平に移る[3]

満州から日本への引き揚げ時、集合場所となっていた学校の窓から転落して脊椎を損傷したため、以降車椅子での生活となった[2]

上京後、1960年に『弾丸ロンキー』(『少年 夏休み増刊号』 村山守名義)でデビュー[4]1961年手塚治虫のアシスタントになり[3]1962年虫プロダクションに入社。手塚治虫に師事しながら『鉄腕アトム』等のアニメ制作にたずさわる。虫プロ退社後、再び漫画を描き1978年『ボクサー』、1979年『垣根の魔女』で人気を博す。1980年ほえろブンブン』がテレビアニメ化される。1983年手塚治虫原作の『ユニコ 魔法の島へ』で 監督をつとめる。『カムイの剣』ではキャラクターデザインとして参加。2003年には監督をつとめた石ノ森章太郎原作の『小川のメダカ』が東京国際アニメフェア作品賞を受賞している[5]

2011年3月7日、心不全のため東京都府中市の病院で死去した。69歳没[1]

主な作品編集

書籍編集

  • 弾丸ロンキー ※デビュー作
  • 星の子ロリー
  • ギロチン無惨(東考社 1968年11月 ホームラン・コミックス)
  • 媚薬行(青林堂 1972年12月 現代漫画家自選シリーズ)
  • 虎落笛(朝日ソノラマ 1974年)
  • 秘薬淫薬(三世社 1976年1月 三世コミックス)
  • だめ鬼(青林堂 1976年10月 青林傑作シリーズ)
  • 草笛のころ(双葉社 1977年3月18日 アクション・コミックス)
  • 秘薬淫薬 ぼたん雪の巻(コミック社 1977年6月17日 Comic 1000)
  • 泥沼(どぶだめ)(青林堂 1977年12月22日 青林傑作シリーズ)
  • ボクサー(全2巻 双葉社 1978年3月16日 アクション・コミックス)
  • ほえろボボ(翠楊社 1978年5月12日 グランド・コミックス)
  • オサムとタエ(日本文芸社 1978年5月19日 ゴラク・コミックス) - 2001年に双葉社より新装版発行
  • 三四六(鳩の森書房 1978年7月28日 鳩の森文庫)
  • わんぱく球団(全3巻 鳩の森書房 1978年9月14日 鳩の森文庫)
  • 秘戯御法(青林堂 1978年10月20日 青林傑作シリーズ)
  • 独眼左近(全7巻 鳩の森書房 1978年-1979年 鳩の森文庫)
  • 媚薬行(青林堂 1978年10月17日 青林傑作シリーズ)
  • ロマンコミック自選全集 村野守美(全2巻 主婦の友社 1978年)
  • 白球の詩(大都社 1978年11月4日 ハード・コミックス)
  • さんささかやの(大都社 1978年11月 ハード・コミックス)
  • キャメラマン(双葉社 1979年1月24日 アクション・コミックス)
  • 草笛の里(日本文芸社 1979年2月23日 ゴラク・コミックス)
  • 輝ける海(日本文芸社 1979年5月10日 ゴラク・コミックス)
  • 龍神(青林堂 1979年6月9日 青林傑作シリーズ)
  • 風のムサシ(日本文芸社 1979年6月14日 ゴラク・コミックス)
  • 垣根の魔女(全3巻 小学館 1979年10月3日-1980年5月28日 ビッグコミックス) - 1999年に新装版として同社より上下巻発行、2010年に再度新装版として全3巻発行。
  • ドアのむこうに一、二の三(講談社 1979年11月13日 講談社の幼年創作童話 原作:川北亮司
  • ジ・アニメズム(双葉社 1979年12月25日)
  • 花梨の実(日本文芸社 1980年4月5日 ゴラク・コミックス)* スーパーマンの息子(日本文芸社 1980年9月27日 ゴラク・コミックス)
  • ほえろブンブン(全3巻 日本文芸社 1980年10月9日-1981年7月9日 ヒーロー・コミックス)
  • 西遊記―石ザル冒険物語(全6巻 日本文芸社 1981年-1982年 ヒーロー・コミックス)
  • 草笛の季節(日本文芸社 1982年1月12日 カスタム・コミックス)
  • 早春の詩(日本文芸社 1982年12月11日 ゴラク・コミック)
  • 東海道中膝栗毛暁教育図書 1983年8月24日 コミグラフィック)
  • どっぺんぱらり(全5巻 筑摩書房 1984年6月28日 まんが昔ばなし)
  • 竜の小沼(汐文社 1984年7月26日 もりび絵本箱)
  • 時間チェイサー(東京三世社 1984年8月5日 マイコミックス)
  • レンズマン(講談社 1984年10月17日 オリジナルコミックス 原作:E・E・スミス
  • 宮沢賢治・漫画館(全5巻[6] 潮出版社 原作:宮沢賢治
  • ザ・テラー(全8巻 扶桑社 1986年8月3-1988年6月26日 サンケイコミックス 原作:雁屋哲
  • 巨人の国へ(岩崎書店 1987年3月6日 原作:吉橋通夫)
  • 青い鳥(雄鶏社 1987年11月5日 原作:モーリス・メーテルリンク
  • ピーターパン(雄鶏社 1987年11月6日 原作:ジェームス・マシュー・バリー
  • シンドバッドの冒険雄鶏社 1987年11月7日)
  • 小公子(雄鶏社 1987年11月12日 原作:フランシス・ホジソン・バーネット
  • みにくいあひるのこ(雄鶏社 1987年11月20日 原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
  • 世之介花つみ唄(実業之日本社 1988年3月18日 マンサンコミックス)
  • 恩讐の彼方に・忠直卿行状記(廣済堂出版 1988年4月14日 コミグラフィック)
  • アリババと40人の盗賊(雄鶏社 1988年5月21日)
  • つるの嫁さま(蝸牛社 1988年7月22日)
  • タヌキのタン五郎(蝸牛社 1988年8月12日)
  • コロポックル物語(蝸牛社 1988年9月2日)
  • 王様の耳はロバの耳(雄鶏社 1988年10月1日)
  • はだかの王様(雄鶏社 1988年10月 原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン)
  • おくの細道学校図書 1989年8月 シナリオ:柳川創造) - 1998年に同社より新装版発行
  • 棚倉のお殿さま(棚倉町 1989年11月)
  • エンマの日記(橘出版コスモコミックス 1990年8月)
  • 霊界への門 (橘出版 1990年8月 コスモコミックス 原作:深見青山
  • 劇画同志社大学(ロングセラーズ 1990年12月)
  • 悪霊いろいろ(橘出版 1991年11月 コスモコミックス 原作:深見青山)
  • 大除霊 悪霊大百科(橘出版 1991年11月 コスモコミックス 原作:深見青山)
  • 草笛の時代(松文館 1992年1月 松文館コミック)
  • 座間の大凧物語(座間市市民部産業課 1991年11月)
  • 清水次郎長(全2巻 講談社 1992年-1993年 KCデラックス 原作:村上元三
  • 古代の日本(全2巻 福武書店 1993年4月)
  • 孫子(全2巻 徳間書店 1993年 Tokuma古典コミックシリーズ)
  • 藤原王朝(大都社 1993年12月)
  • 完全霊界マニュアル(橘出版 1995年7月 コスモコミックス 原作:深見東州
  • 故事往来伝(秋田書店 1995年12月 チャンピオンジャックコミックス)
  • 恋忘れ草(文藝春秋 1996年6月 文春コミックス) - 2009年に小池書院より新装版発行。
  • 職人尽百景(全3巻 小学館 1996年-1998年 ビッグゴールドコミックス) - 2010年に同社より新装版として全2巻発行。
  • おせん(文藝春秋 1996年7月 文春コミックス 原作:池波正太郎
  • 宮沢賢治―銀河を旅したイーハトーブの童話詩人(小学館 1996年8月 原作:西原和海)
  • 草笛の季節(全6巻 文藝春秋 文春コミックス 1997年)
  • 高村光太郎・智恵子―変わらぬ愛をつらぬいたふたつの魂(小学館 1997年1月 原作:杉原めぐみ)
  • 神々の指紋(全4巻 小池書院 1997年2月 ひゅうまんコミックシリーズ 原作:グレーアム・ハンコック) - 2009年に同社より新装版として全3巻発行。
  • 神の刻印(全4巻 小池書院 1997年7月 ひゅうまんコミックシリーズ 原作:グレーアム・ハンコック
  • 創世の守護神(全4巻 小池書院 1998年2月 ひゅうまんコミックシリーズ 原作:グレーアム・ハンコック
  • 古田織部―乱世を駆け抜けた生涯メディアファクトリー 1998年11月 構成:里中満智子
  • 氷炎の孤島(さくら出版 1999年7月 さくらコミックス)
  • 新・氷炎の孤島(さくら出版 1999年8月 さくらコミックス)
  • 門前市噺(リイド社 2000年10月 SPコミックス)
  • 情炎の点滴(久保書店 リターン・フェスティバル 2004年6月)
  • まんが少年野口英世(野口英世記念館 2004年10月)
  • 守美まんが昔ばなし(全3巻 ホーム社 2005年 ホーム社漫画文庫)
  • ダ・ヴィンチ(青林堂 2006年4月)
  • 守美の日本昔ばなし(青林堂 2006年11月)
  • 池波正太郎江戸絵草子女ごよみ(ホーム社 2008年 ホーム・コミックス)
  • 池波正太郎江戸絵草子男ごよみ(ホーム社 2008年 ホーム・コミックス)
  • 江戸・職人尽百景(小池書院 2009年5月)
  • 四季(アジア・マンガ同人誌『AsiaM』日本実行委員会 2010年12月)

アニメ編集

関連人物編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 村野守美氏死去 漫画家、イラストレーター - 47NEWS(よんななニュース)
  2. ^ a b c d 日外アソシエーツ発行『漫画家人名事典』(2003年2月)ISBN 9784816917608、P373
  3. ^ a b 福島まんが集団 青い鳥発行 『私たちの手塚治虫と会津』(2000年4月)P93
  4. ^ 第9回国際マンガサミト京都大会での公式図録(2009年)、『AsiaM -夢-』(2010年12月)、コミックナタリー報道による。
  5. ^ “東京国際アニメフェア2003”が開幕 ASCII.jpデジタル 2011年3月10日閲覧
  6. ^ 全5巻で原画をそれぞれ1人1巻ずつ担当しており、村野は2巻を担当。他は1巻あすなひろし、3巻永島慎二、4巻松本零士、5巻林静一がそれぞれ担当。
  7. ^ 100万年地球の旅 バンダーブック”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。

外部リンク編集