杓子岳

概要編集

白馬岳鑓ヶ岳と併せて「白馬三山」と呼ばれる。

後立山連峰の主稜線上にあり、登山道は西側の山腹を巻くトラバース道がメインとなっており、その途中に頂上へと至る道に分岐する。斜面は概ねガレている。非対称山稜であり、長野県側は大きく落ちている。崖の下部には大きな杓子沢があり、積雪期には山スキーをするために訪れる者もいる。 また、山頂周辺はコマクサの群落地でもある。

登山ルート編集

  • 白馬岳 - 丸山 - 杓子岳
  • 猿倉 - 白馬尻 - 丸山 - 杓子岳
  • 鑓ヶ岳 - 杓子岳

周辺の山小屋編集

近隣の山編集

関連画像編集

関連項目編集

外部リンク編集