杜 けあき(もり けあき、1959年[1]7月26日[2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組トップスター[1]

もり けあき
杜 けあき
生年月日 (1959-07-26) 1959年7月26日(64歳)
出身地 日本の旗 日本 宮城県仙台市
身長 165cm
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ
活動期間 1979年 -
活動内容 1979年:宝塚歌劇団入団
1980年:雪組配属
1988年:雪組トップスター就任
1993年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
公式サイト 杜けあきオフィシャルウェブサイト
主な作品
宝塚歌劇
ヴァレンチノ
ベルサイユのばら
華麗なるギャツビー
忠臣蔵
 
受賞
第18回『菊田一夫演劇賞』演劇賞(1992年)
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

宮城県仙台市[2][1]仙台白百合学園高等学校出身[1]。身長165㎝[2]。血液型AB型[2]。愛称は「もりちゃん」[3]

来歴 編集

1977年、宝塚音楽学校入学。

1979年、宝塚歌劇団に65期生として入団[4][1]。入団時の成績は7番[4]花組公演「花影記紅はこべ」で初舞台[4]

1980年、雪組に配属[4]

入団3年目の1981年、「彷徨のレクイエム」で新人公演初主演[5][1]。芝居心を感じさせる演技で注目を集め、以降はほとんどの新人公演で主演を務めるようになる[6][1]

1983年の「恋のトリコロール」でバウホール公演初主演[7]。入団5年目でのバウホール初主演は、当時の最年少記録を更新した[6]

入団7年目の1985年、平みちに次ぐ雪組2番手に昇格するというスピード出世を果たす[6]

1988年、入団10年目の早さで雪組トップスターに就任[6]。相手役に鮎ゆうきを迎え、「ムッシュ・ド・巴里ラ・パッション!」でトップコンビ大劇場お披露目[8]

1991年に鮎ゆうきが退団後は、紫ともを新しい相手役に迎え、翌年の「この恋は雲の涯まで」で新トップコンビ大劇場お披露目[9]

1993年3月31日、「忠臣蔵」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[4]。同公演は、旧宝塚大劇場の最後を飾る作品ともなった[6]

退団後は舞台を中心に幅広く活動している。

宝塚歌劇団時代の主な舞台 編集

初舞台 編集

雪組時代 編集

雪組トップスター時代 編集

宝塚歌劇団退団後の主な活動 編集

舞台 編集

  • 1993年5月 ガイズ&ドールズ 日生劇場 サラ
  • 1993年7月 犬神家の一族 芸術座 野々宮珠世
  • 1993年10月 女人太閤記 :三越劇場 可音
  • 1994年5月 津和野の女 - 炎の女優 伊沢蘭奢の生涯 帝劇
  • 1994年6月 犬神家の一族 名鉄ホール 野々宮珠世
  • 1994年11月 ザ・近松 近鉄劇場 おさん
  • 1995年2月 新版 滝の白糸 帝劇 秋月品子
  • 1995年7月 新版 滝の白糸 飛天 秋月品子
  • 1996年1月 祇園の姉妹 芸術座 吉沢の妹
  • 1996年6月 わが心の龍馬 飛天
  • 1996年9月 新おんたたちの同窓会 名鉄ホール
  • 1996年11月 雪の夢 華のゆめ 明治座:大石りく
  • 1997年2月 ラヴ・レターズ サンケイホール
  • 1997年7月 六十の手習い 名鉄ホール
  • 1997年10月 菊がさね 東京宝塚:鹿の子
  • 1998年 2月 出雲の阿国 明治座:阿国
  • 1998年 8月 屋根の上のヴァイオリン弾き 帝劇:ツァイテル
  • 1998年10月 迷宮伝説 近鉄劇場
  • 1999年1月 初姿次郎長富士 明治座
  • 1999年7月 佐渡島他吉の生涯 飛天
  • 1999年11月 天翔ける虹 明治座
  • 2000年 2月 妻たちの季節 名鉄ホール:真佐子
  • 2000年 7月 出雲の阿国 博多座:阿国
  • 2000年 9月 木曽義仲と三人の女 明治座:巴
  • 2000年11月 不死鳥よ波濤を越えて 梅田コマ劇場:藤原雅子・紫蘭
  • 2001年 5月 暴れん坊将軍 大阪新歌舞伎座
  • 2001年 7月 風と共に去りぬ 帝劇:メラニー
  • 2001年10月 いのち燃ゆるとき 明治座:お篠
  • 2002年 1月 不死鳥よ波濤を越えて 新宿コマ劇場:藤原雅子・紫蘭
  • 2002年 3月 風の砦 明治座
  • 2002年 5月 からくりお楽 帝劇
  • 2002年 9月 佐渡島他吉の生涯 明治座
  • 2003年 5月 風と共に去りぬ 帝劇:メラニー
  • 2003年 9月 暴れん坊将軍 御園座
  • 2004年 2月 しあわせ家族 名鉄ホール
  • 2004年 5月 サウンド・オブ・ミュージック 博多座:エルザ
  • 2005年 2月 BAT BOY THEATRE1010他
  • 2005年 7月 佐渡島他吉の生涯 御園座
  • 2006年 1月 BAT BOY 東京厚生年金会館他
  • 2006年 3月 剣客商売 明治座
  • 2006年10月 風と共に去りぬ 博多座:メラニー
  • FAME 2006年11月11日初日・座長MA(ミュージカルアカデミー)
  • 2007年 3月 大奥 御園座
  • 2007年 5月 くたばれ!ヤンキース 青山劇場:メグ
  • 2007年10月 売らいでか! 梅田芸術劇場
  • 2008年 6月 ハロルドとモード 天王洲銀河劇場
  • 2008年 9月 罠 サンシャイン劇場
  • 2009年 1月 スーザンを探して シアタークリエ
  • 2009年 6月 頭痛肩こり樋口一葉 浅草公会堂:稲葉鑛
  • 2009年 7月 オペラ・ド・マランドロ 東京芸術劇場:シュトリーデル夫人
  • 2010年 1月 キャバレー 日生劇場
  • 2010年 4月 ブラッド・ブラザーズ シアター1010:ミセス・ライオンズ
  • 2010年 8月 エリザベート 帝劇:ゾフィ[注釈 1]
  • 2012年 5月 エリザベート 帝劇:ゾフィ[注釈 1]
  • 2011年 1月 DREAM TRAIL 宝塚伝説 青山劇場他
  • 2011年 4月 おもひでぽろぽろ 銀河劇場:タエ子の母親役
  • 2011年 7月 嵐が丘 赤坂ACRシアター他
  • 2011年12月 ア・ソング・フォー・ユー 新国立劇場中劇場
  • 2012年 3月 キャバレー 東京国際フォーラムホールC
  • 2012年12月 100歳の少年と12通の手紙 東京グローブ座
  • 2013年 3月 新幹線 おそうじの天使たち アイシアタートーキョー:多恵子
  • 2013年10月 DREQM.A DREAM 東急シアターオーブ他
  • 2014年 2月 おもひでぽろぽろ エレトロンホール宮城他
  • 2014年 4月 人生・おきあがりこぼし 三越劇場
  • 2014年 5月 CELEBRATION 100! Takarazuka 青山劇場他
  • 2014年 8月 伯爵夫人の相続人 リーガロイヤルホテル東京
  • 2014年10月 安倍晴明 大槻能楽堂
  • 2015年 2月 約束 リーガロイヤルホテル東京
  • SUPER GIFT! (2015年9月 - 10月)
  • CHICAGO THE MUSICAL 宝塚歌劇OGバージョン(2016年7月 - 8月):看守ママ・モートン
  • 2017年 7月 ソ→ォス! 全労済ホール/スペース・ゼロ(新宿)

ドラマ 編集

著書 編集

主な書籍

  • 『120%のダーリン』[19]
  • 『人生アドリブ活用術 ―88の「愛言葉」―』[20][21]

受賞歴 編集

  • 1982年、『阪急すみれ会パンジー賞』 - 新人賞[22]
  • 1982年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 1981年度新人賞[23]
  • 1983年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 1982年度努力賞[23]
  • 1984年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 1983年度努力賞[23]
  • 1984年、『阪急すみれ会パンジー賞』 - 男役賞[22]
  • 1985年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 1984年度優秀賞[23]
  • 1987年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 1986年度優秀賞[24]
  • 1988年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 1987年度優秀賞[24]
  • 1989年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 1988年度優秀賞[24]
  • 1992年、『阪急すみれ会パンジー賞』 - 特別賞[22]
  • 1992年、第18回『菊田一夫演劇賞』 - 演劇賞[2]

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ a b 寿ひずるとWキャスト。

出典 編集

参考文献 編集

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク 編集