メインメニューを開く

(き)は、古代中国代から戦国時代にかけて存在した国。国姓はであり、の末裔と称した。殷末周初に一時滅亡するが、周初に再興され、史料では東楼公より20代の君主が記録されている。紀元前445年によって滅ぼされた。

周代諸侯国
国姓 姒姓
爵位 侯爵
伯爵
国都河南省開封市杞県
東平陽山東省泰安市新泰市
縁陵(山東省濰坊市昌楽県
淳于(山東省濰坊市安丘市の北東)
分封者 商の湯王
周の武王
始祖 夏王の後裔
存在時期 前16世紀 - 前445年
滅亡原因 楚が併合
史書の記載史記
春秋
テンプレートを表示

杞は小国であったため、史書での記述は極めて限定的である。『史記』には「陳杞世家」の記述があるが、杞についての記述は僅か270字であり、「杞小微、其事不足称述(杞は小微にして、其の事称述するに足らず)」と扱われている。このように国力も十分でない小国であったため、周辺諸国との外交圧力の中で遷都を繰り返している。当初は河南省杞県一帯に位置していたが、その後山東省新泰市に、更に昌楽県安丘市と都城が移動した。

小国の杞であるが、杞が王室の末裔であり、夏礼を保存していることから儒家にとっては大きな意義があった。孔子も夏礼を学ぶために杞を訪問した記録がある。

現在まで考古学の成果による杞の出土品は限定的である。しかし殷墟より発掘された甲骨文字の中に杞の文字を記したものが発見されており、殷代には杞が存在していた証拠とされるが、杞県での考古学上の発見は未だなされていない。新泰では代の道光年間及び光緒年間に青銅器が、2002年には周家庄で杞の貴族墓葬群が発見され、新泰に杞が存在していたことを証明している。

後に杞の公子の一人がに仕え、鮑の地を与えられた事から鮑氏を名乗り、賢臣として名高い鮑叔を輩出している。

歴代君主編集

杞憂編集

極端な心配性や取り越し苦労のことを杞憂と言うが、これは杞に住むある男が、「いつか天が落ち、地が崩落して身の置き所が無くなってしまうのではないだろうか(中国では昔、大地は正方形で、四隅を天柱という柱が支えていると考えられていた)」と心配して、夜も眠れず食事もとらなかったという故事に由来する。杞人之憂杞人憂天中国語版。出典は『列子』。