来目塩籠
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 天武天皇元年(672年)7月
主君 大友皇子
氏族 来目
父母 父:久米薬子
テンプレートを表示

来目 塩籠(くめ の しおこ[1])は、飛鳥時代の人物。

出自編集

来目氏(来目臣)は蘇我氏族に属する皇別氏族。塩籠を蘇我稲目の孫である久米薬子の子とする系図がある[2]

経歴編集

672年壬申の乱の勃発後、大友皇子(弘文天皇)側・大海人皇子(天武天皇)側の双方が兵力を興す中で、河内国は大友皇子側に属し、大海人皇子側についた倭(大和国)の大伴吹負と勢力圏を接した。河内に集まった軍の指揮は壱伎韓国が執った。韓国の軍は、おそらく7月3日に吹負が派遣した敵を破った。このとき河内国司守の来目臣塩籠は、大海人皇子側につこうとして軍を集めていた。そこに来た韓国は密かに塩籠の計画を聞いて、殺そうとした。事が漏れたことを知って塩籠は自殺した。

脚注編集

  1. ^ 旧仮名遣いでの読みは「くめのしほこ」
  2. ^ 中田憲信『皇胤志』(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年 による)