メインメニューを開く

杭谷 一東(くえたに いっとう、1942年 - )は、日本の彫刻家[1]

杭谷 一東
(くえたに いっとう)
生誕 広島県世羅郡世羅町[1]
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 彫刻
公式サイト www.kuetani.net
この人物に影響を
与えた芸術家
圓鍔勝三[1]
ペリクレ・ファッツィーニ[1]

広島県世羅郡世羅町出身[1]圓鍔勝三に師事し[1]、1962年に日展初入選以来、連続8回入選を果たす。1969年にイタリアに渡りペリクレ・ファッツィーニに師事、ブロンズ像を学んだ後、大理石へ進んだ[1]。2012年時点ではイタリアのカッラーラにアトリエを構え、制作活動を行いつつ年の半分を過ごしている[1]

彫刻作品と自然景観との融合を目指した「環境彫刻」がライフワークである。

略歴編集

展覧会編集

  • 1977年 - 第3回ラヴェンナ国際ビエンナーレ金賞受賞、同年第11回クワドリエンナーレ出品[2]
  • 1979年 - 第4回ラヴェンナ国際ビエンナーレ金賞受賞、同年第1回ヘンリー・ムーア大賞展(箱根彫刻の森美術館[2][4]
  • 1980年 - 国際彫刻ビエンナーレ大賞受賞(イタリア・マリーノ市)[2]
  • 1981年 - 第2回ヘンリー・ムーア大賞展(箱根彫刻の森美術館)[2]
  • 1987年 - 第5回ヘンリー・ムーア大賞展(美ヶ原高原美術館[2]
  • 1988年 - 国際石彫シンポジウム(ドイツ、西ベルリン)[2]
  • 1989年 - 国際石彫シンポジウム(フランス、バルセロナ)[2]
  • 1990年 - 個展形式4人展(ドイツ・ベルリン、日独文化センター)[2]
  • 1998年 - 第9回国際ビエンナーレ(イタリア・カッラーラ)[2]
  • 2004年 - 和舒門 奇跡の広場(イタリア・マッサ海岸)[2]
  • 2007年 - オープン・ワン 白い息吹 水の神(イタリア・ピエトラサンタ)[2]
  • 2008年 - 第13回国際ビエンナーレ(イタリア・カッラーラ)[2]
  • 2008年 - Arte Senza Confini(イタリア・ミラノ)[2]
  • 2009年 - ローマ古代遺跡・アッピア街道展(イタリア・ローマ)[2]

モニュメント編集

 
「敬意(RISPETTO)」(ふくやま美術館前庭)
製作年 作品名 素材 所在地
1981年 『家族』 胡椒石 ヴィラ・デジデーリ(イタリア・マリーノ市)
1982年 『家族』 カッラーラ産大理石、花崗岩 府中市文化センター(広島県府中市)
『かたらい』 花崗岩 広島県立府中東高等学校(広島県府中市)
1983年 『平和アピール碑』 カッラーラ産大理石 広島平和記念資料館(広島県広島市)
『経験』 花崗岩 広島全日空ホテル(広島県広島市
『かたらい』 カッラーラ産大理石 正田歯科医院(広島県甲山町
1984年 『かたらい』 カッラーラ産大理石 三原リージョンプラザ(広島県三原市)
『水のデゥエット』 花崗岩(赤、灰色) 甲山町役場(広島県甲山町)
1985年 『道程』 花崗岩 宇津戸公民館(広島県甲山町)
1986年 『太陽の滴』 カッラーラ産大理石、花崗岩 春日池公園(広島県福山市)
1987年 『敬意』 カッラーラ産大理石 美ヶ原高原美術館(長野県武石村)
1988年 『敬意』 アフリカ黒花崗岩 ふくやま美術館(広島県福山市)
『家族』 ブロンズ 株式会社ナカタ・マックコーポレーション(広島県尾道市)
1989年 『大地の鼓動』 カッラーラ産大理石 新尾道駅(広島県尾道市)
『大地の鼓動』 カッラーラ産大理石 カタラン広場(フランス・バルセロナ)
1990年 『大地の鼓動』 カッラーラ産大理石 藤原眼科(広島県世羅町)
『敬意』 カッラーラ産大理石、アフリカ黒花崗岩 日独文化センター(ドイツ・ベルリン)
1991年 『大地の鼓動』 カッラーラ産大理石 ミノーリ市(イタリア)
『家族』 カッラーラ産大理石 久井カントリークラブ(広島県久井町)
『共有』 カッラーラ産大理石 株式会社北川鉄工所(広島県府中市)
1992年 『敬意』 カッラーラ産大理石 広建コンサルタンツ株式会社(広島県福山市)
『水の城』 花崗岩 福山城公園(広島県福山市)
1993年 『大地の鼓動』 カッラーラ産大理石 通町公園(千葉県千葉市)
『太陽への道』 カッラーラ産大理石 広島県立びんご運動公園(広島県尾道市)
1994年 『共生』 カッラーラ産大理石 府中市体育館ウッドアリーナ(広島県府中市)
『共生』 カッラーラ産大理石 新市中央緑地公園(広島県新市町)
1995年 『未来心』 カッラーラ産大理石 広島県立世羅高等学校(広島県世羅町)
『共生』 カッラーラ産大理石 千代田区いきいきプラザ一番町(東京都千代田区)
1996年 『共生』 花崗岩 北部市民センター(広島県福山市)
1997年 『共生』 カッラーラ産大理石 八田原ダム(広島県甲山町)
『卵の城』 カッラーラ産大理石 かごしま健康の森公園(鹿児島県鹿児島市)
2000年 『未来心の丘』 カッラーラ産大理石ほか 耕三寺博物館(広島県瀬戸田町)[5]
2004年 『和舒門』 カッラーラ産大理石 三原市水道局(広島県三原市)
『家族』 カッラーラ産大理石 ポケットパーク6(広島県御調町)
『館祖 奥 愛次郎 胸像』 ブロンズ 広島県立日彰館高等学校(広島県三次市)
『天地花』 カッラーラ産大理石 天地花公園(広島県世羅町)
『未来心』 カッラーラ産大理石 甲山中学校(広島県世羅町)
『敬意』 カッラーラ産大理石 本郷生涯学習センター(広島県本郷町)
2005年 『敬意(連作)』 不明 なかた美術館(広島県尾道市、長崎県長崎市)
2008年 『太陽の門』 不明 まなびの館ローズコム(広島県福山市)
2009年 『敬意』 アフリカ黒花崗岩 藤原眼科(広島県世羅町)

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集