EAFF E-1サッカー選手権

東アジアサッカー連盟が主催するサッカーの国際大会

EAFF E-1サッカー選手権[1][2]: EAFF E-1 Football Championship)は、東アジアサッカー連盟(EAFF)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの国際大会である。日本のテレビ等では「東アジア E-1サッカー選手権」とも表記される。旧大会名は東アジアサッカー選手権EAFF東アジアカップ。前身は、1990年から1998年まで開かれたダイナスティカップ

EAFF E-1サッカー選手権(男子)
開始年 2003年
主催 EAFF
地域 東アジア
参加チーム数 10(予選大会)
4(決勝大会)
前回優勝  韓国(5回目)
最多優勝  韓国(5回)
テンプレートを表示
EAFF E-1サッカー選手権(女子)
開始年 2005年
主催 EAFF
地域 東アジア
参加チーム数 8(予選大会)
4(決勝大会)
前回優勝  日本(3回目)
最多優勝  北朝鮮(3回)
 日本(3回)
テンプレートを表示

概要編集

2003年第1回大会日本で開催し、以後2年ごとに日本、韓国中国の3か国持ち回りで開催されている。同年に国際Aマッチデー制度が開始されたが、アジアサッカー連盟(AFC)の公式戦消化にAマッチデーは使われることから、当初から東アジア選手権本大会及び予選はAマッチデーではない日に開催されている。このことから、全ての出場国がベストメンバーを組めるわけではない。

2005年韓国大会では、女子によるトーナメントとして東アジア女子サッカー大会(: EAFF Women's Cup)が行われ、男子と女子の合計勝点で争う男女総合優勝の表彰が行われたが、2008年中国大会からは、女子大会も東アジア女子サッカー選手権(: EAFF Women's Championship)となり、男女とも予選大会を行うようになった。

2012年4月11日の第35回EAFF理事会で、東アジア選手権から男子大会は東アジアカップ(: EAFF East Asian Cup)、女子大会は女子東アジアカップ(: EAFF Women’s East Asian Cup)に大会名称が変更された[3]。同時に、韓国で2013年に開催される東アジアカップからオーストラリアの男女代表とも同大会からゲスト参加(連盟に加盟するのではなく、大会のみ参加)する方向で検討中と同理事会で発表され[3]、同年8月30日に正式に決定した。オーストラリアは男女代表とも、2012年の東アジアカップ予選大会に出場した。オーストラリア男子代表は香港で同年12月1日から9日に開催される予選第2ラウンドから参加し、予選を突破し、本大会出場を決めた。オーストラリア女子代表は中国で同年11月20日から24日に開催される予選から参加したが、予選で敗退した[4][5]

2016年の第50回EAFF理事会で、東アジアカップから男子大会はEAFF E-1サッカー選手権(: EAFF E-1 Football Championship)に大会名称が変更された[6]

賞金編集

賞金は男子が1位:50万ドル、2位:30万ドル、3位:20万ドル、4位:15万ドル。女子が1位:5万ドル、2位:3万ドル、3位:2万ドル、4位:1万5千ドル。男女総合優勝は、10万ドル。

開催方式編集

男子

シードの日本韓国中国の3か国を除いた7チームによりセントラル方式の予選大会を実施。上位1チームが決勝大会進出。

決勝大会は、予選大会を勝ちあがった1チームとシード国3チーム、合計4チームによる総当たり戦で行われる。

2019年大会、8回目にして初めて開催国が優勝した(韓国)。

女子

2005年大会については本大会のみで、出場4チームはEAFFの推薦により決定されたが、2008年大会から予選が実施されている。

2019年現在、開催国の優勝は2005年大会の韓国、2010年大会の日本の2回のみ。

参加チーム編集

結果編集

男子
開催年 開催国 決勝リーグ順位 出場
国数
優勝 準優勝 3位 4位
1 2003年   日本   韓国   日本   中国   香港 4
2 2005年   韓国   中国   日本   北朝鮮   韓国 4
3 2008年   中国   韓国   日本   中国   北朝鮮 4
4 2010年   日本   中国   韓国   日本   香港 4
5 2013年   韓国   日本   中国   韓国   オーストラリア 4
6 2015年   中国   韓国   中国   北朝鮮   日本 4
7 2017年   日本   韓国   日本   中国   北朝鮮 4
8 2019年   韓国   韓国   日本   中国   香港 4
女子
開催年 開催国 決勝リーグ順位 出場
国数
優勝 準優勝 3位 4位
2 2005年   韓国   韓国   北朝鮮   日本   中国 4
3 2008年   中国   日本   北朝鮮   中国   韓国 4
4 2010年   日本   日本   中国   韓国   チャイニーズタイペイ 4
5 2013年   韓国   北朝鮮   日本   韓国   中国 4
6 2015年   中国   北朝鮮   韓国   日本   中国 4
7 2017年   日本   北朝鮮   日本   中国   韓国 4
8 2019年   韓国   日本   韓国   中国   チャイニーズタイペイ 4
  • 第1回大会は、当初5月から6月にかけて行われる予定であったが、新型肺炎SARSの影響により12月の開催となった。
  • 第2回大会のみ男女総合成績も付けた(勝ち点・得点・失点を男女で加算。1位:北朝鮮、2位:韓国、3位:中国、4位:日本)。
  • 第3回大会は、2007年の予定だったが、AFCアジアカップが前倒し開催となった影響で2008年に後送りとなった(中国・重慶で2008年2月17日~24日に開催)。
  • 第4回大会は、北朝鮮女子代表が出場を辞退した(繰り上げでチャイニーズタイペイが出場)。
  • 第8回大会は、北朝鮮女子代表が出場を辞退した(繰り上げでチャイニーズタイペイが出場)[8]

代表別通算成績編集

男子
国・地域名
1   韓国 5 1 1 1 8
2   中国 2 2 4 0 8
3   日本 1 5 1 1 8
4   北朝鮮 0 0 2 2 4
5   香港 0 0 0 3 3
6   オーストラリア 0 0 0 1 1
女子
国・地域名
1   日本 3 2 2 0 7
2   北朝鮮 3 2 0 0 5
3   韓国 1 2 2 2 7
4   中国 0 1 3 3 7
5   チャイニーズタイペイ 0 0 0 2 2
  • データは2019年大会終了時点
  • 太字は優勝経験のある国・地域で、太数字は最多記録

表彰編集

男子
年度 大会MVP 得点王 得点数 最優秀GK 最優秀DF フェアプレー賞
2003   柳想鐵   久保竜彦 2   楢崎正剛   崔眞喆   香港
2005   季銘義 該当者なし -   李雲在   張耀坤   日本
2008   金南一   朴主永
  廉基勲
  山瀬功治
  鄭大世
2   李明國   中澤佑二   韓国
2010   杜威   曲波
  李昇烈
  李東国
  玉田圭司
2   楊智   趙容亨   香港
2013   山口螢   柿谷曜一朗 3
2015   張賢秀   武藤雄樹 2   李明國   金英権
2017   李在成   金信煜 3   趙賢祐   張賢秀
2019   黄仁範   小川航基 3   金承奎   金玟哉
女子
年度 大会MVP 得点王 得点数 最優秀GK 最優秀DF フェアプレー賞
2005   許順姫 該当者なし -   金正美   劉英實   日本
2008   澤穂希   大野忍 3   張艶茹   紅明今   日本
2010   澤穂希   岩渕真奈
  韓端
  李張微
  柳英雅
2   張艶茹   岩清水梓   中国
2013   金恩珠   許恩別
  池笑然
2
2015   衛鍾心   羅恩心 3   金正美   金南嬉
2017   金潤美   金潤美 4   金明順   金南嬉
2019   南萌華   岩渕真奈 5   山下杏也加   張瑟琪

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集