メインメニューを開く

東アジアサッカー選手権2008

東アジアサッカー選手権2008は、2008年2月17日から2月24日にかけて、中国重慶で開催された第3回目の東アジアサッカー選手権である。当初は2007年に開催される予定であったが、AFCアジアカップが同年に開催されることになったため2008年に開催されることとなった。東アジア女子サッカー選手権2008も並行して開催された。

東アジアサッカー選手権2008
大会概要
開催国 中華人民共和国の旗 中国
日程 2008年2月6日 - 2月23日
(決勝大会)
チーム数(1連盟)
大会結果
優勝  韓国 (2回目)
準優勝  日本
3位  中国
4位  北朝鮮
大会統計
得点王 大韓民国の旗 朴主永
大韓民国の旗 廉基勲
日本の旗 山瀬功治
朝鮮民主主義人民共和国の旗 鄭大世(2点)
最優秀選手 大韓民国の旗 金南一
 < 20052010
東アジア女子サッカー選手権2008
大会概要
開催国 中華人民共和国の旗 中国
日程 2008年2月17日 - 2月24日
(決勝大会)
チーム数(1連盟)
大会結果
優勝  日本 (1回目)
準優勝  北朝鮮
3位  中国
4位  韓国
大会統計
得点王 日本の旗 大野忍(3点)
最優秀選手 日本の旗 澤穂希
 < 20052010

男子は韓国が2大会ぶり2回目の優勝、女子は日本が初優勝した。

開催方式編集

男子編集

参加は東アジアサッカー連盟(EAFF)に加盟・準加盟しているすべての国と地域である。予選大会と決勝大会が行われるがこのうち日本韓国中国の3チームは予選大会を免除される。また、FIFAランキング下位のグアムとEAFF準加盟の北マリアナ諸島2007年3月25日4月1日ホーム・アンド・アウェーによる予選大会プレーオフを実施し、勝者が予選大会に出場する。

予選大会
2007年6月17日から6月24日の日程でマカオで開催される。
チャイニーズタイペイ香港北朝鮮マカオモンゴルと、グアム/北マリアナ諸島の勝者が3チームずつ2グループに分かれて総当りリーグ戦を実施し、各グループ1位が決勝に進出し、決勝の勝者が決勝大会に出場する。
決勝大会
予選大会をシードされた日本、韓国、中国と予選大会を勝ちあがった1チームによる総当りリーグ戦を実施する。

女子編集

参加は中国北朝鮮日本韓国、チャイニーズ・タイペイ、グアム、香港の7チームで今大会から予選大会を実施する。中国、北朝鮮、日本の3チームは予選大会がシードされる。

予選大会
2007年7月1日から7月5日の日程でグアムで開催される。
韓国、チャイニーズ・タイペイ、グアム、香港による総当りリーグ戦を実施し、上位1チームが決勝大会に進出する。
決勝大会
予選大会をシードされた中国、北朝鮮、日本と予選大会を勝ちあがった1チームによる総当りリーグ戦を実施する。

男子結果編集

予選大会プレーオフ編集




予選大会編集

グループ A編集

チーム
1   北朝鮮 2 2 0 0 14 1 +13 6
2   マカオ 2 0 1 1 1 7 −6 1
3   モンゴル 2 0 1 1 0 7 −7 1

出典: EAFF.com


マカオ   0 - 0   モンゴル
レポート
澳門運動場, マカオ
観客数: 300
主審: 松尾一 (日本)

北朝鮮   7 - 0   モンゴル
Ri Kum-Chol   27分43分
鄭大世   29分33分34分54分
Sin Yong-Nam   35分
レポート
澳門運動場, マカオ
観客数: 300
主審: 扇谷健司 (日本)

北朝鮮   7 - 1   マカオ
Ri Kum-Chol   5分18分
鄭大世   10分 (pen)12分28分60分
Pak Chung-Il   68分
レポート Chan Kin Seng   46分
澳門運動場, マカオ
観客数: 300
主審: Wan Daxue (中国)

グループ B編集

チーム
1   香港 2 1 1 0 16 2 +14 4
2   チャイニーズタイペイ 2 1 1 0 11 1 +10 4
3   グアム 2 0 0 2 1 25 −24 0

出典: EAFF.com


グアム   0 - 10   チャイニーズタイペイ
レポート Lo Chih En   7分28分72分88分
Tsai Hui-Kai   20分
Feng Pao Hsing   25分38分
Chen Po-Liang   52分68分
Huang Cheng-Tsung   74分
澳門運動場, マカオ
観客数: 45021
主審: Wan Daxue (中国)

香港   1 - 1   チャイニーズタイペイ
Lo Chi Kwan   56分 レポート Huang Wei Yi   51分

香港   15 - 1   グアム
Chan Siu Ki   4分20分36分40分50分
Lo Kwan Yee   8分40分
Poon Yiu Cheuk   21分
Cheng Siu Wai   31分
Lo Chi Kwan   38分
Cristiano Preigchadt Cordeiro   56分
Dominic Gadia   67分 (o.g.)
Law Chun Bong   73分
Gerard Ambassa Guy   76分
Luk Koon Pong   86分
レポート Chris Mendiola   33分
澳門運動場, マカオ
観客数: 300
主審: 松尾一 (日本)

5位決定戦編集


グアム   2 - 5   モンゴル
Zachary Pangelinan   2分 (pen)
Chris Mendiola   8分
レポート Carlo Rey Tambora   24分 (o.g.)
Bayarzorig Davaa   37分42分
ガリドマグナイ・バヤスガラン   46分
Anar Batchuluun   75分
澳門運動場, マカオ
観客数: 100
主審: Wan Daxue (中国)

3位決定戦編集


チャイニーズタイペイ   7 - 2   マカオ
Huang Wei Yi   3分
Feng Pao Hsing   42分
Kuo Chun Yi   52分 (pen)
Chen Po Liang   56分
Lo Chih En   57分90+1分
Lo Chih An   79分
レポート Geofredo De Sousa Cheung   48分
Leong Chong In   78分
澳門運動場, マカオ
観客数: 200
主審: Kim Eui Soo (韓国)

決勝戦編集


北朝鮮   1 - 0   香港
文人国   82分 レポート
澳門運動場, マカオ
観客数: 300
主審: 扇谷健司 (日本)

表彰編集

最優秀GK 最優秀DF 得点王 MVP フェアプレー賞
  Fan Chun Yip   Nam Song-Chol   鄭大世   文人国   マカオ

決勝大会編集

チーム
1   韓国 3 1 2 0 5 4 +1 5
2   日本 3 1 2 0 3 2 +1 5
3   中国 3 1 0 2 5 5 0 3
4   北朝鮮 3 0 2 1 3 5 −2 2

出典: EAFF.com



中国   2 - 3   韓国
周海浜   46分
劉健   61分
レポート 朴主永   42分63分
郭泰輝   90+1分

日本   1 - 1   北朝鮮
前田遼一   81分 レポート 鄭大世   5分


中国   0 - 1   日本
レポート 山瀬功治   17分
重慶市奥林匹克体育中心重慶
観客数: 38,000人
主審: Tae Song (北朝鮮)

韓国   1 - 1   北朝鮮
廉基勳   20分 レポート 鄭大世   72分


日本   1 - 1   韓国
山瀬功治   67分 レポート 廉基勳   15分
重慶市奥林匹克体育中心重慶
観客数: 29,000人
主審: 譚海 (中国)

中国   3 - 1   北朝鮮
Zhu Ting   45分
Wang Dong   55分
蒿俊閔   88分
レポート チ・ユンナム   35分


優勝国編集

 東アジアサッカー選手権2008優勝国 
 
韓国
2大会ぶり2回目

表彰編集

受賞選手・チーム 備考
大会MVP   金南一 優勝
得点王   朴主永 2得点
  廉基勲
  山瀬功治
  鄭大世
最優秀GK   李明國
最優秀DF   中澤佑二
フェアプレー賞   韓国 1回目

女子結果編集

予選大会編集

チーム
1   韓国 3 3 0 0 13 1 +12 9
2   チャイニーズタイペイ 3 2 0 1 14 4 +10 6
3   香港 3 1 0 2 2 12 −10 3
4   グアム 3 0 0 3 1 13 −12 0

出典: EAFF.com










グアム   0 - 6   韓国
レポート Cha Yun-hee   1分
Kim Joo-hee   23分26分33分49分59分


決勝大会編集

チーム
1   日本 3 3 0 0 8 2 +6 9
2   北朝鮮 3 1 1 1 6 3 +3 4
3   中国 3 1 1 1 3 5 −2 4
4   韓国 3 0 0 3 2 9 −7 0

出典: EAFF.com



北朝鮮   2 - 3   日本
李今淑   37分
Ri Un-Gyong   54分
レポート 安藤梢   3分
宮間あや   81分
澤穂希   90+3分

中国   3 - 2   韓国
韓端   9分78分
Xu Yuan   86分
レポート Park Hee-young   59分66分
永川体育中心重慶
観客数: 23,000人
主審: Pannipar Kamnueng (タイ)


日本   2 - 0   韓国
荒川恵理子   16分
大野忍   56分
レポート
永川体育中心重慶
観客数: 20,000人
主審: Shen Huangying (中国)

中国   0 - 0   北朝鮮
レポート
永川体育中心重慶
観客数: 23,000人
主審: Cha Sung-Mi (韓国)


韓国   0 - 4   北朝鮮
レポート Kim Yong-Ae   53分78分
Hong Myong-Gum   68分
李今淑   69分
永川体育中心重慶
観客数: 25,000人
主審: 馬場佐知子 (日本)

中国   0 - 3   日本
レポート 大野忍   19分42分
永里優季   55分
永川体育中心重慶
観客数: 25,000人
主審: Pannipar Kamnueng (タイ)


優勝国編集

 東アジア女子サッカー選手権2008優勝国 
 
日本
初優勝

表彰編集

受賞選手・チーム 備考
大会MVP   澤穂希 優勝
得点王   大野忍 3得点
最優秀GK   張艶茹 3位
最優秀DF   紅明今 準優勝
フェアプレー賞   日本 2回目

ラフプレー編集

今大会、開催国である中国の男子代表はラフプレーを連発し、韓国戦で5度、日本戦で4度、北朝鮮戦で8度の警告と2人の退場処分を受けた。日本戦では安田理大がシュートに向かった際に、中国代表GK宗磊から明らかに故意と見られる跳び蹴りを受けた。このプレーで安田は負傷退場し、地元中国のメディアやファンからも非難を受ける結果となった[1]

アジアサッカー連盟の規定では、1試合当たり4度以上の警告を受けると罰金の対象となるため、韓国戦について1500ドル、日本戦について3000ドル、北朝鮮戦について1万ドルの罰金を受けた。また男子北朝鮮代表も韓国戦で4度の警告を受け、1500ドルの罰金を受けた。東アジアサッカー連盟は、2010年に日本で予定される次回大会では、担当審判員を対象に講習会を実施する方針を決めた。

試合中継編集

  • 地上波ではTBS系列で日本戦を中継。男子の試合は生中継し、女子の試合は中継録画で放送(但し、女子の試合は一部地域の系列局を除く)。
  • BS-iは女子の日本戦を生中継し、男子全試合は録画中継。
  • TBSチャンネルは女子の日本戦と日本代表が登場しない男子の試合を生中継。男子の日本戦は録画中継。

脚注編集

外部リンク編集