メインメニューを開く

東カリマンタン州

インドネシアの州

東カリマンタン州インドネシア語:Kalimantan Timur, 略:Kaltim)は、インドネシア。州都はサマリンダカリマンタン (ボルネオ島のインドネシア側) にあるインドネシアの5州のひとつである。面積はパプア州についでインドネシアの州で二番目に大きい。人口は302万8487人(2010年国勢調査)。人口の多い地域として、州都のほかバリクパパンやクタイ県などがある。2012年、北部の県が北カリマンタン州として分離した。

東カリマンタン州
Kalimatan Timur
Flag of East Kalimantan.svg Coat of arms of East Kalimantan.svg
州の標語: Ruhui Rahayu
"Semoga Tuhan Memberkati"
多様性の中の団結
East Kalimantan in Indonesia.svg
州都 サマリンダ
知事 Awang Faroek Ishak
面積 245,237.80 km²
人口 350万8012人(2014年)
人口密度 27/km²
民族 ジャワ (29.55%), ブギス (18.26%),
バンジャール (13.94%), ダヤク (9.91%),
クタイ (9.21%), そのほか 19.13%
宗教 イスラム (85.2%), キリスト教 (13.9%),
ヒンドゥー教 (0.19%), 仏教 (0.62%) (2000)
言語 インドネシア語, バンジャール語, ダヤク語, クタイ語
時間帯 WIB (UTC+7)
ISO ID-KI
公式サイト www.kaltimprov.go.id/

目次

行政区分編集

歴史編集

この州はインドネシアにおける最も古いヒンドゥー王国クタイ王国があったことで知られている。クタイ王国の存在は、石碑(インドネシア語: Prasasti)の発見によって明らかになり、クタイ王ムラワルマン(Mulawarman)がヒンドゥー教を崇拝した記録が記されている。現在、実物の石碑ジャカルタの国立博物館に収蔵されており、パッラワ文字とサンスクリット文字で書かれている。複製をサマリンダの州政府庁で見ることができる。

熱帯雨林編集

州の抱える大きな問題は違法伐採である。現在では、豊かな熱帯雨林は、北部のカヤンムアラン国立公園(Kayan Mentarang National Park)などに残る。

経済編集

東カリマンタン州経済は、石油天然ガス石炭などの天然資源に頼っている。バリクパパンには、第二次世界大戦以前にオランダが建設した石油精製工場がある。大戦中に破壊されたが、インドネシア政府によって再建された。 そのほかの産業は、農業観光業である。東カリマンタン州の観光地は、ブラウ県のデラワン諸島(Derawan Islands)、マヌカン県のカヤン・ムンタラン国立公園(Kayan Mentarang National Park)、バリクパパン市のワニ園、プナジャム県の鹿園、サマリンダ市のダヤク族パムパン村などがある。 州経済発展の大きな障害は交通インフラストラクチャーにあり、州内の輸送は海岸の都市やマハカム川(Mahakam)流域をつなぐ貨物船による輸送に頼っている。

外部リンク編集