メインメニューを開く

東ケープ州(ひがしケープしゅう、コサ語: Mpuma-Koloniアフリカーンス語: Oos-Kaap provinse英語: Eastern Cape Province)は、南アフリカ共和国である。

東ケープ州
Mpuma-Koloni
Oos-Kaap provinse
Eastern Cape Province
東ケープ州の位置
東ケープ州の位置
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
東ケープ州
州都 ビショ
バッファローシティ
最大都市 ポート・エリザベス
行政
 • 州首相 ノシモ・バリンドレラ
面積
 • 合計 169,580km2
人口
(2015)
 • 合計 691万6,200人
等時帯 UTC+2 (SAST)
ISO 3166-2 ZA-EC

目次

概要編集

州都バッファローシティビショ)である。コーサ族の伝統的な住居が見られる。また、ネルソン・マンデラタボ・ムベキの生まれ故郷である。

歴史編集

1910年の南アフリカ連邦の成立によりケープ州が成立した。

東部地域は南アフリカ政府のバントゥースタン政策により、黒人居住地域はホームランドとして分離・独立を進めた。 1976年トランスカイ共和国として独立。中部地域はシスカイ共和国として1981年に独立した。しかし、財政支出の8割は南アフリカ政府の補助金に依存し、国際社会からは独立国家として認知されなかった。

アパルトヘイトの撤廃によりトランスカイ、シスカイ両政府は瓦解、1994年南アフリカに併合された。ホームランドの併合にあわせて州の再編が実施され、ケープ州は分割され東ケープ州が発足した。

地理編集

国内で唯一コサ人が全体の8割程度と大多数を占める州である。言語は東部はコサ人によって話されるコサ語、西部はカラードと白人によって話されるアフリカンーンス語が優勢と東西で二分される。英語はポート・エリザベスのあるネルソン・マンデラ・ベイ都市圏に住む白人によって使用される。

人種構成(東ケープ州) 2011
バントゥー系民族黒人
  
86.3%
カラード
  
8.3%
白人
  
4.7%
アジア系
  
0.4%
母語話者(東ケープ州) 2011
コサ語
  
78.8%
アフリカーンス語
  
10.6%
英語
  
5.6%
ソト語
  
2.5%
 
東ケープ州の言語分布図
  英語
  特に優勢言語はなし

自治体編集

コード 都市圏 地図 面積 コード 地方自治体 地図 面積
NMA ネルソン・マンデラ・ベイ都市圏   1,845km2
(712mi2)
 
DC10 カカドゥ郡   58,242km2
(22,487mi2)
EC101 カンデブーグラーフ=ライネを含む)  
EC102 ブルークレーンルート  
EC103 イクウェジ  
EC104 マカナグラハムズタウンを含む)  
EC105 ヌドランベ  
EC106 サンデーズ・リバー・バレー  
EC107 バビアーンズ  
EC108 コウガ  
EC109 コウ・カマ  
DC12 アマトーレ郡   23,577km2
(9,103mi2)
EC121 ムバーシェ  
EC122 ムンクワ  
EC123 グレート・カイ  
EC124 アマフィラシ  
EC125 バッファローシティーイースト・ロンドン及びビショキングウィリアムズタウンを含む)  
EC126 ヌグクシュワ  
EC127 ヌコンコベ  
EC128 ヌクバ  
DC13 クリスハニ郡   36,964km2
(14,272mi2)
EC131 インクバ・イエテバ  
EC132 トルワナ  
EC133 インクワンカ  
EC134 ルカンジ  
EC135 インシカ・イエツー  
EC136 エマラフィレニ  
EC137 エングコボ  
EC138 サヒシウェ  
DC14 ウクハランバ郡   25,401km2
(9,807mi2)
EC141 エルンディニ  
EC142 センク  
EC143 マレツワイ  
EC144 ガリエプ  
DC15 O・R・タンボ郡   15,947km2
(6,157mi2)
EC151 ムビザーナ  
EC152 ヌタバンクル  
EC153 クアケニ  
EC154 ポート・セント・ジョン  
EC155 ニャンデニ  
EC156 ムーラントゥ  
EC157 キング・サバタ・ダリンジーボウムタタクヌを含む)  
DC44 アルフレッド・ンツォ郡   7,870km2
(3,039mi2)
EC441 ウンジンクル
EC442 ウンジムブ

気候編集

政治編集

産業編集

交通編集

観光編集

教育編集

文化編集

友好自治体編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集