メインメニューを開く

ドイツグランプリ (ロードレース)

ドイツで開催されるオートバイレース
東ドイツグランプリから転送)

ドイツグランプリ(ドイツGP、German Grand Prix )は、ドイツで開催されるオートバイレースのイベントである。1925年に第一回が開催され、1952年からはロードレース世界選手権の一戦に組み込まれている。一時期は西ドイツグランプリWest German Grand Prix )と呼ばれていた。

かつてドイツ民主共和国で開催されていた東ドイツグランプリEast German Grand Prix )、および1986年に1度だけ開催されたバーデン=ヴュルテンベルクグランプリBaden-Württemberg Grand Prix )についてもここで述べる。

目次

歴史編集

1925年にスタートしたドイツGPは、最初の2大会はベルリン近郊のアヴスで行われたが、1927年からは完成したばかりのニュルブルクリンクの全長28mkのフルコースに開催地が移った。そして1933年に再びアヴスで開催された後、1934年からザクセン州ホーエンシュタイン=エルンストタール近郊の公道を利用したコースで開催されるようになった。このコースは1937年からはザクセンリンクと呼ばれるようになる。

第二次世界大戦を挟んだ1949年、東西ふたつのドイツが誕生した同じ年にFIMはロードレース世界選手権をスタートさせたが、この時はまだドイツ人ライダーやドイツ製マシンの参戦が許されておらず、ドイツ国内のサーキットでのレース開催もなかった。

1950年代の初め、まだ自動車が身近な存在ではなかったドイツ連邦共和国(西ドイツ)では、NSUDKWといったオートバイメーカーが力を付けてきており、ドイツGPの世界選手権への参加が決定する。しかし、戦前にドイツGPを開催していたザクセンリンクがドイツ民主共和国(東ドイツ)領内となったため、グランプリを再開するには新たな開催地を探さなければならなかった。ニュルブルクリンクは破損していた上に、グランプリを開催するにはコースが長過ぎると思われた。

結局1951年にノンタイトルイベントとして再開され、そして1952年には世界選手権の一戦としてドイツGPが開催されたのは、シュトゥットガルトの近くのソリチュード・サーキットであった。ソリチュードはチャレンジングなコースレイアウトであり、大都市に近いことから観客も多く集まったが、コース幅が狭いという欠点があった。1953年ヘッセン州フルダにあるショッテンリンクがドイツGPの舞台として選ばれたが、安全性の問題のためトップライダーたちのボイコットという事態を招き、大排気量クラスはノンタイトルとなってしまった。1955年にはニュルブルクリンクの22.8kmの北コースで開催されたが、やはり期待はずれに終わった。

1957年、元DKWとNSUのファクトリーライダーであり、オートバイによる最高速度記録保持者でもあるヴィルヘルム・ヘルツのプロモートにより、ホッケンハイムリンクでのレースを成功させた。これ以降数年間はホッケンハイムとソリチュードというバーデン=ヴュルテンベルク州南西部のふたつのサーキットで、そして60年代中盤以降はソリチュードに代わってニュルブルクリンクとホッケンハイムのふたつのサーキットで交互にドイツGPが開催されるようになった。奇数年がホッケンハイムでの開催であった。

ニュルブルクリンクでのGPは、世界中から参加者が集まるアイフェル・レンネン(アイフェル・レース)というイベントに組み込まれていた。一周の距離が7.7kmと短い南コース(現在の南コースとは異なる)でも2回開催されたがコースの整備不良によって使われなくなり、1970年から1980年まで北コースが使用された。

ちょうど同じ頃、かつてドイツGPが開催されていたザクセンリンクではGDR(ドイツ民主共和国)グランプリが開催されており、このイベントが1961年から世界選手権の一戦に組み込まれることになった。このグランプリは、東ドイツグランプリEast German Grand Prix 、MotoGP公式サイトでの略称はEGER )と呼ばれていた。また、東ドイツGPが開催されていた期間、ドイツGPは便宜上西ドイツグランプリWest German Grand Prix、略称はWGER )と称していたが、公式の大会名は当時から現在に至るまで一貫してドイツグランプリGerman Grand Prix )である。ただし日本では、東ドイツGPがカレンダーから外れた1973年から東西ドイツ統一がなされた1990年までの間もドイツGPを西ドイツGPとするメディアが多かった。

1950年代後半になると、ドイツでは自動車が人々の手の届く乗り物となるにつれてオートバイの需要が急激に落ち込んだ影響で、サイドカーレースに参戦しており当時すでに4輪車の生産を始めていたBMW以外のドイツの2輪メーカーはほとんどがグランプリから撤退せざるを得なかった。東ドイツのメーカーであるMZ2ストロークエンジンにおいて先進的な技術を持っていたが、西側への亡命による人材の流出などの問題により1960年代後半には衰退した。

1971年の東ドイツGPでは西ドイツ出身のディーター・ブラウンが優勝し、表彰台で西ドイツ国歌の『ドイツの歌』(Deutschlandlied )が流れた。もともとは国際社会に認められることを目的として世界選手権の一戦に組み込まれた東ドイツGPであったが、これ以上デモンストレーションされることを恐れた東ドイツの政治家たちが1973年から西側諸国のライダーのエントリーを制限した結果、世界選手権の権利を失った。世界GPのカレンダーからは外された東ドイツGPであったが、イベント自体は東側諸国のライダーを参加させてこの後も続けられた。

1974年、ニュルブルクリンク北コースで開催されたイベントは、コースサイドに充分な量のストローバリアが設置されていないとして、多くのグランプリライダーにボイコットされる事態となった。これは、この頃のアイフェル・レンネンは伝統的に同じ週末に2輪と4輪のレースを行っていたのだが、それぞれが求めるコースの安全性の方向が異なるにもかかわらず、同じ仕様のコースでレースをしようとしたことが原因であった。4輪のドライバーがアームコ・バリア(衝撃を吸収する2重構造のガードレール)とキャッチ・フェンス(金網)の設置を要求したのに対し、体がむき出しの2輪ライダーは硬い障害物の前に柔らかいストローバリアを設置することを要求したのである。結局この年のドイツGPは、ジャコモ・アゴスチーニをはじめとするGPライダーたちがボイコットした結果、地元のアマチュアライダーが全クラスを制するという珍事となった。この後、毎年春に開催されるアイフェル・レンネンは4輪専用のイベントとなり、2輪のグランプリはこのイベントから離れて8月に開催されるようになった。また1980年のドイツGPがニュルブルクリンクの北コースで開催された最後のグランプリとなり、1984年の大会からは新設されたクローズドサーキットである新南コース(GPサーキット)での開催となった。

1986年の秋にホッケンハイムで行われた80ccクラスと125ccクラスのレースは世界選手権の一戦としてカウントされることになったが、この年は既にニュルブルクリンクでドイツGPが開催されていたため、1カ国1グランプリの原則に基づき、ホッケンハイムの所在地の名を採ってバーデン=ヴュルテンベルクグランプリとされた。

ドイツにおける2輪レースの人気が低下してきた影響でドイツGPの開催権がいくつかのプロモーターの間を転々とし、開催地がホッケンハイム、ニュルブルクリンクと移り代わった後、1998年からは新設されてより短いテクニカルコースに生まれ変わったザクセンリンクで開催されている。

歴代優勝者編集

  • ピンク色の部分は世界選手権の対象外

ドイツグランプリ(西ドイツGP)の優勝者編集

サーキット 50cc 125cc 250cc 350cc 500cc 結果
1951 ソリチュード   H.P.ミューラー   E.ロレンツェッティ   G.デューク   G.デューク 詳細
1952 ソリチュード   W.ハース   R.Felgenheier   R.アームストロング   R.アームストロング 詳細
1953 ショッテンリンク   C.ウビアリ   W.ハース   C.バンディローラ   W.ツェラー 詳細
1954 ソリチュード   R.ホラース   W.ハース   R.アム   G.デューク 詳細
1955 ニュルブルクリンク
(北コース)[1]
  C.ウビアリ   H.P.ミューラー   B.ロマス   G.デューク 詳細
1956 ソリチュード   R.フェリ   C.ウビアリ   B.ロマス   R.アームストロング 詳細
1957 ホッケンハイム   C.ウビアリ   C.ウビアリ   L.リベラーティ   L.リベラーティ 詳細
1958 ニュルブルクリンク
(北コース)[2]
  C.ウビアリ   T.プロヴィーニ   J.サーティース   J.サーティース 詳細
1959 ホッケンハイム   C.ウビアリ   C.ウビアリ   J.サーティース   J.サーティース 詳細
1960 ソリチュード   G.ホッキング   J.サーティース 詳細
1961 ホッケンハイム   E.デグナー   高橋国光   F.スタストニィ   G.ホッキング 詳細
1962 ソリチュード   E.デグナー   L.タベリ   J.レッドマン 詳細
1963 ホッケンハイム   H.アンダーソン   E.デグナー   T.プロヴィーニ   J.レッドマン 詳細
1964 ソリチュード   R.ブライアンズ   J.レッドマン   P.リード   J.レッドマン   M.ヘイルウッド 詳細
1965 ニュルブルクリンク
(南コース)[3]
  R.ブライアンズ   H.アンダーソン   P.リード   G.アゴスチーニ   M.ヘイルウッド 詳細
1966 ホッケンハイム   H.G.アンシャイト   L.タベリ   M.ヘイルウッド   M.ヘイルウッド   J.レッドマン 詳細
1967 ホッケンハイム   H.G.アンシャイト   片山義美   R.ブライアンズ   M.ヘイルウッド   G.アゴスチーニ 詳細
1968 ニュルブルクリンク
(南コース)[4]
  H.G.アンシャイト   P.リード   B.アイビー   G.アゴスチーニ   G.アゴスチーニ 詳細
1969 ホッケンハイム   A.Toersen   D.シモンズ   K.アンダーソン   G.アゴスチーニ   G.アゴスチーニ 詳細
1970 ニュルブルクリンク
(北コース)[5]
  A.ニエト   J.ドッズ   K.キャラザース   G.アゴスチーニ   G.アゴスチーニ 詳細
1971 ホッケンハイム   J.v.フリース   D.シモンズ   P.リード   G.アゴスチーニ   G.アゴスチーニ 詳細
1972 ニュルブルクリンク
(北コース)[6]
  J.v.フリース   G.パロッティ   金谷秀夫   J.サーリネン   G.アゴスチーニ 詳細
1973 ホッケンハイム   T.ティメル   K.アンダーソン   J.サーリネン   T.ランシボリ   P.リード 詳細
1974 ニュルブルクリンク
(北コース)[7]
  I.エメリッヒ   F.ライトマイヤー   H.カスナー   H.カスナー   E.Czihak 詳細
1975 ホッケンハイム   A.ニエト   P.ピレリ   W.ヴィラ   J.チェコット   G.アゴスチーニ 詳細
1976 ニュルブルクリンク
(北コース)
  A.ニエト   A.マンク   W.ヴィラ   W.ヴィラ   G.アゴスチーニ 詳細
1977 ホッケンハイム   H.リットベルガー   P.P.ビアンキ   C.サロン   片山敬済   B.シーン 詳細
1978 ニュルブルクリンク
(北コース)
  R.トルモ   A.ニエト   K.バリントン   片山敬済   V.フェラーリ 詳細
1979 ホッケンハイム   G.ワイベル   A.ニエト   K.バリントン   J.エクロード   W.ハートッグ 詳細
1980 ニュルブルクリンク
(北コース)
  S.ドルフリンガー   G.ベルタン   K.バリントン   J.エクロード   M.ルッキネリ 詳細
1981 ホッケンハイム   S.ドルフリンガー   A.ニエト   A.マンク   A.マンク   K.ロバーツ 詳細
1982 ホッケンハイム   E.ラッツァリーニ   A.マンク   M.ヘルヴェ   R.マモラ 詳細
1983 ホッケンハイム   S.ドルフリンガー   A.ニエト   C.ラバード   K.ロバーツ 詳細
サーキット 80cc 125cc 250cc 350cc 500cc 結果
1984 ニュルブルクリンク   S.ドルフリンガー   A.ニエト   C.サロン   F.スペンサー 詳細
1985 ホッケンハイム   S.ドルフリンガー   A.アウインガー   M.ウィマー   C.サロン 詳細
1986 ニュルブルクリンク   M.エレロス   L.カダローラ   C.ラバード   E.ローソン 詳細
1987 ホッケンハイム   G.ワイベル   F.グレシーニ   A.マンク   E.ローソン 詳細
1988 ニュルブルクリンク   J.マルチネス   E.ジャノーラ   L.カダローラ   K.シュワンツ 詳細
1989 ホッケンハイム   P.エッテル   A.クリビーレ   S.ポンス   W.レイニー 詳細
1990 ニュルブルクリンク   D.ロンボニ   W.ヅェーレンベルク   K.シュワンツ 詳細

ドイツグランプリ(東西ドイツ統一後)の優勝者編集

サーキット 125cc 250cc 500cc 結果
1991 ホッケンハイム   ラルフ・ウォルドマン   ヘルムート・ブラドル   ケビン・シュワンツ 詳細
1992 ホッケンハイム   ブルーノ・カサノバ   ピエールフランチェスコ・キリ   ミック・ドゥーハン 詳細
1993 ホッケンハイム   ダーク・ラウディス   ドリアーノ・ロンボニ   ダリル・ビーティー 詳細
1994 ホッケンハイム   ダーク・ラウディス   ロリス・カピロッシ   ミック・ドゥーハン 詳細
1995 ニュルブルクリンク   青木治親   マックス・ビアッジ   ダリル・ビーティー 詳細
1996 ニュルブルクリンク   徳留真紀   R.ウォルドマン   ルカ・カダローラ 詳細
1997 ニュルブルクリンク   バレンティーノ・ロッシ   原田哲也   ミック・ドゥーハン 詳細
1998 ザクセンリンク   眞子智実   原田哲也   ミック・ドゥーハン 詳細
1999 ザクセンリンク   マルコ・メランドリ   バレンティーノ・ロッシ   ケニー・ロバーツ Jr. 詳細
2000 ザクセンリンク   宇井陽一   オリビエ・ジャック   アレックス・バロス 詳細
2001 ザクセンリンク   シモーネ・サンナ   マルコ・メランドリ   マックス・ビアッジ 詳細
サーキット 125cc 250cc MotoGP 結果
2002 ザクセンリンク   アルノー・ヴァンサン   マルコ・メランドリ   バレンティーノ・ロッシ 詳細
2003 ザクセンリンク   ステファノ・ペルジーニ   ロベルト・ロルフォ   セテ・ジベルナウ 詳細
2004 ザクセンリンク   ロベルト・ロカテリ   ダニ・ペドロサ   マックス・ビアッジ 詳細
2005 ザクセンリンク   ミカ・カリオ   ダニ・ペドロサ   バレンティーノ・ロッシ 詳細
2006 ザクセンリンク   マティア・パシーニ   高橋裕紀   バレンティーノ・ロッシ 詳細
2007 ザクセンリンク   ガボール・タルマクシ   青山博一   ダニ・ペドロサ 詳細
2008 ザクセンリンク   マイク・ディ・メッリオ   マルコ・シモンチェリ   ケーシー・ストーナー 詳細
2009 ザクセンリンク   フリアン・シモン   マルコ・シモンチェリ   バレンティーノ・ロッシ 詳細
サーキット 125cc Moto2 MotoGP 結果
2010 ザクセンリンク   マルク・マルケス   トニ・エリアス   ダニ・ペドロサ 詳細
2011 ザクセンリンク   エクトル・ファウベル   マルク・マルケス   ダニ・ペドロサ 詳細

GDRグランプリ(東ドイツGP)の優勝者編集

サーキット 50cc 125cc 250cc 350cc 500cc 結果
1958 ザクセンリンク   E.デグナー   H.フューグナー   L.タベリ   D.デイル 詳細
1959 ザクセンリンク   W.ムシオル   G.ホッキング   J.ヘンプルマン   G.ホッキング 詳細
1960 ザクセンリンク   E.デグナー   J.ヘンプルマン   J.レッドマン   J.ヘンプルマン 詳細
1961 ザクセンリンク   E.デグナー   M.ヘイルウッド   G.ホッキング   G.ホッキング 詳細
1962 ザクセンリンク   ヤン・ヒューベルツ   L.タベリ   J.レッドマン   J.レッドマン   M.ヘイルウッド 詳細
1963 ザクセンリンク   H.アンダーソン   M.ヘイルウッド   M.ヘイルウッド   M.ヘイルウッド 詳細
1964 ザクセンリンク   H.アンダーソン   P.リード   J.レッドマン   M.ヘイルウッド 詳細
1965 ザクセンリンク   F.ペリス   J.レッドマン   J.レッドマン   M.ヘイルウッド 詳細
1966 ザクセンリンク   L.タベリ   M.ヘイルウッド   G.アゴスチーニ   F.スタストニィ 詳細
1967 ザクセンリンク   B.アイビー   P.リード   M.ヘイルウッド   G.アゴスチーニ 詳細
1968 ザクセンリンク   P.リード   B.アイビー   G.アゴスチーニ   G.アゴスチーニ 詳細
1969 ザクセンリンク   A.ニエト   D.シモンズ   R.パッソリーニ   G.アゴスチーニ   G.アゴスチーニ 詳細
1970 ザクセンリンク   A.Toersen   A.ニエト   R.グールド   G.アゴスチーニ   G.アゴスチーニ 詳細
1971 ザクセンリンク   A.ニエト   A.ニエト   D.ブラウン   G.アゴスチーニ   G.アゴスチーニ 詳細
1972 ザクセンリンク   T.ティメル   B.ヤンソン   J.サーリネン   P.リード   G.アゴスチーニ 詳細

バーデン=ヴュルテンベルクGP(1986年9月28日)の優勝者編集

サーキット 80cc 125cc 結果
1986 ホッケンハイム   ゲルハルト・ワイベル   ファウスト・グレシーニ 詳細

ドイツGPが開催されたサーキット編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集