メインメニューを開く

東与賀町(ひがしよかちょう)は、かつて佐賀県の南部にあったで、佐賀郡に属していた。2007年(平成19年)10月1日付で佐賀市に編入され、「佐賀市東与賀町」となった。

ひがしよかちょう
東与賀町
廃止日 2007年10月1日
廃止理由 編入合併
川副町東与賀町久保田町佐賀市
現在の自治体 佐賀市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 佐賀県
佐賀郡
団体コード 41303-8
面積 15.39km2
総人口 8,203
推計人口、2007年9月1日)
隣接自治体 佐賀市川副町
町の木 マツ
町の花 サクラ
東与賀町役場
所在地 840-2221
佐賀県佐賀郡東与賀町大字下古賀1193番地
外部リンク 東与賀町 - ウェイバックマシン(2007年2月5日アーカイブ分)
※既に閉鎖
座標 北緯33度12分29.8秒 東経130度17分18.2秒 / 北緯33.208278度 東経130.288389度 / 33.208278; 130.288389座標: 北緯33度12分29.8秒 東経130度17分18.2秒 / 北緯33.208278度 東経130.288389度 / 33.208278; 130.288389
佐賀県東与賀町県内位置図.svg
拡大表示(SVGファイル対応ブラウザのみ)
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

佐賀市の南隣に位置しており、南側は有明海に面する。町域の大半が江戸時代から第二次世界大戦後まで続けられた干拓によって造成された土地で、最高点でも海抜2.8mしかない低平地であり、起伏がほとんどない地形である。人家は町の北部に多い。

隣接していた市町村編集

歴史編集

近現代編集

字の変遷編集

1868年(明治初年)時点[1] 1889年 - 1966年 - 2005年 -
佐賀郡 飯盛村 佐賀郡 東与賀村 大字飯盛 佐賀郡 東与賀町 同左 佐賀市 東与賀町大字飯盛
下古賀村 大字下古賀 東与賀町大字下古賀
田中村 大字田中 東与賀町大字田中

産業編集

干拓農地におけるやいちごの生産を中心とした農業が主産業。

また有明海に面していることから海苔養殖が有名である

地域編集

教育編集

小・中学校編集

交通編集

バス編集

道路編集

国道編集

県道編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

  • 干潟よか公園 - 東与賀海岸に隣接。遊具、水遊び場、草スキー場、農具などを展示する復元古民家などがある。
  • シチメンソウ群生地 - 公園南隣、東与賀海岸の堤防外側。国内最大の群生地で、11月頃に紅く色づく。
  • シチメンソウまつり - シチメンソウ紅葉シーズンの11月頃行われる。
  • 行幸記念碑(昭和天皇最後の行幸地) - 公園南隣、東与賀海岸の堤防に所在。また、近くには昭和天皇と明仁天皇がこの地の情景を詠み表した短歌を記した御製碑(歌碑)が所在。
  • 干潟ギャラリー
  • 東よか干潟 - 公園南隣、東与賀海岸。2015年ラムサール条約に登録された水鳥の飛来地。
  • 松土居公園 - 飯盛字大野。保全再生された「松土居」(江戸時代の干拓地を囲む海岸堤防で、松が植えられた)の一角にある公園。
  • 東与賀銭太鼓 - 明治後期、島根県の出雲地方から今町地区や船津地区に伝わったとされる民俗芸能。戦後衰退したが、1991年(平成3年)に発足した「東与賀銭太鼓を育てる会」が伝承を続け、町内外の行事で披露されている。佐賀市の重要無形民俗文化財に指定[2]
  • 大搦堤防・授産社搦堤防 - 明治前期から中期に建設された石積みの干拓堤防。後に外側が干拓され、現在は二線堤[3]や盛土道路となった。当時の歴史・技術を物語る景観がよく保存されていることから2003年に土木学会選奨土木遺産に選定、また2009年に「佐賀市景観賞」を受賞[4][5][6]

東与賀町出身・在住の有名人編集

東与賀町出身

東与賀町在住

脚注編集

  1. ^ 旧高旧領取調帳」による
  2. ^ 東与賀銭太鼓」、さがの歴史・文化お宝帳(佐賀市地域文化財データベースサイト)、2018年2月10日閲覧
  3. ^ 「一線堤」と呼ばれる現役の海岸堤防に対し、その内側に残された旧堤防を「二線堤」と呼ぶ。
  4. ^ 第二線堤防の石積み」、さがの歴史・文化お宝帳(佐賀市地域文化財データベースサイト)、2018年2月10日閲覧
  5. ^ 東与賀地区大搦堤防・授産社搦堤防」、土木学会、2018年2月10日閲覧
  6. ^ 干拓の歴史を今に伝える 東与賀 大搦(おおがらみ)・授産社搦(じゅさんしゃがらみ)堤防周辺」、佐賀市、2015年2月27日更新、2018年2月10日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集