メインメニューを開く

東久邇 成子(ひがしくに しげこ、1925年大正14年〉12月6日 - 1961年昭和36年〉7月23日)は、日本旧皇族昭和天皇香淳皇后の第一皇女。今上天皇文仁親王は甥、黒田清子(清子内親王)は姪にあたる。また上皇常陸宮正仁親王は弟にあたる。お印紅梅勲等勲一等

盛厚王妃 成子内親王
Higashikuni Shigeko (1959).jpg
1959(昭和34)年撮影
続柄
称号 照宮(てるのみや)
身位 内親王王妃皇籍離脱
敬称 殿下 → 皇籍離脱
お印 紅梅
出生 1925年12月6日
日本の旗 日本東京府東京市赤坂区
東宮仮御所(赤坂離宮)
死去 (1961-07-23) 1961年7月23日(35歳没)
日本の旗 日本東京都千代田区
皇居宮内庁病院
埋葬 1961年8月4日
東京都文京区
豊島岡墓地
配偶者 東久邇盛厚(盛厚王
子女 信彦王
高木文子(文子女王)
壬生基博(東久邇秀彦)
東久邇真彦
東優子
父親 昭和天皇
母親 香淳皇后
テンプレートを表示

旧名は、照宮成子内親王(てるのみやしげこないしんのう)。結婚後、皇籍離脱前の名は、盛厚王妃成子内親王(もりひろおうひ しげこないしんのう)。

生涯編集

誕生編集

 
1926年(大正15年)6月頃、成子内親王に目を細める皇太子夫妻(当時)
 
呉竹寮での姉妹。孝宮和子内親王(右)・順宮厚子内親王(左)と。

1925年(大正14年)12月6日午前、皇太子妃良子殿下(当時)は散歩の途中に出産の兆候があり、午後6時頃に産殿に入った[1]。午後8時10分、皇太子裕仁親王(当時)と同妃良子女王の第1子として誕生[2]。出産予定は11月下旬と発表されていたため、待ちわびる市民から侍医らに批判も起きていた[3]。誕生時の身長は163分(=約49cm)、体重は873(=約3270g)[4]

関東大震災以来の不景気等暗い世相の中、皇太子妃の懐妊、そして大正天皇・貞明皇后の初孫誕生は明るいニュースであり、成子内親王の誕生は国民から盛大な祝福を受け、民間でもさまざまな祝賀が行われた。東宮仮御所である赤坂離宮から四谷見附まで、内親王誕生を喜ぶ人々で埋まった[3]。皇宮警察官の回想では、その中でも特に朝鮮人の団体が日の丸の旗や提灯を掲げ、朝鮮の音楽とともに祝賀していた姿が印象的であったという[3]。また先述の背景から、皇太子妃良子女王の妊娠出産に関する報道も多く、以後、新聞における皇室報道でも女性皇族の妊娠出産に関する報道が増えるきっかけとなった。

12月12日、命名の儀が行われ『易経』より「恒」を由来として「照宮 成子」と命名された[5][6]

翌1926年(大正15年)3月30日、はじめて参内し大正天皇・皇后と対面した際には、沿道に大勢の市民が集った[7]

養育を巡って編集

皇太子裕仁親王・同妃良子の意向もあり、里子には出されず両親の手元で養育される[8]。全国から3人の乳母が選ばれた[9]が、夜中以外は使わず[10]、当時としては画期的なことであった。

成子内親王が満1歳の誕生日を迎えた直後、1926年(昭和元年)12月25日、祖父・大正天皇の崩御に伴う父・皇太子裕仁親王の践祚により、成子内親王は天皇の第一皇女になり、また、自身の満年齢が昭和と同じになった。成子内親王は幼稚園には通園しなかったが、選ばれた学友達が葉山御用邸赤坂離宮へ参内し、また成子内親王が幼稚園を訪問したり吹上御苑新宿御苑等で幼稚園児らと交流を持った[11]。この頃、昼食の際に「だいじなだいじなおもうさまおたあさま」と微笑みながら発語したという[12]

しかし、その後、昭和天皇と香淳皇后の側では養育係が仕えにくく、結果わがままに育ったという批判を受けるようになった。そのため女子学習院入学を控えた1931年(昭和6年)10月、旧本丸内に呉竹寮の建設が決定[13]。翌1932年(昭和7年)4月6日から呉竹寮に移り、家族と別居した。4月9日に女子学習院へ入学。

呉竹寮は、当初から1932年(昭和7年)時点で誕生していた妹宮達が入寮することができるよう設計され、後に学齢を迎えた妹宮たちと共に生活するようになる[14]。また選ばれた級友が5-6名ずつ輪番で呉竹寮を訪問した。前田美意子[15][16]小堀臣子[17]の回想によれば、体温測定を行い訪問専用の制服に着替えた上で御所に上がっていたという。穂積美代子や前田美意子ら特に親しい学友は、これ以外に招きで呉竹寮や葉山御用邸に「お内緒」で招かれていた[18][19]。また学友たちは、宮内省からの辞令を受けていた[20]

学習院では「成子内親王」と表記されていたが、入学当初は自身「シゲコ」と名のみ記名し、学友たちは「宮様」と呼んでいた[21]。成長・進級に伴い、自筆でも「成子内親王」を用いた[22]。教室への登校の前に控室に立ち寄ることと、女官が授業参観をしていた以外は、他の学友達と同じだった[21]。食事に関しては、宮内省の大膳職の作ったものしか口にできないため、学校が用意した水分(お茶、運動後の冷水)ではなく魔法瓶で持参していた[23]

土曜日の午後、天皇・皇后が呉竹寮を訪問し、日曜の午後は成子内親王が宮城を訪問して、家族の時間を持った[24]。しかし成子内親王が宮城に泊まったことはほとんどなく、例外のひとつが1936年(昭和11年)2月28日、二・二六事件の折であった[24]。1936年(昭和11年)の5月から夏季休暇まで、百日咳のため葉山で療養した以外は、健康状態は良好であり、また運動神経もよく水泳が得意であった[25]。学習院時代は理科[26]・作文[27]が得意だったといわれる。1937年(昭和12年)頃から休暇の際には全国各地を単独で訪問するようになる。

学習院中等科では、学業優秀なだけでなく、スポーツ競技会での活躍、英語劇でのヒロイン役(白雪姫)、合唱等を活発に行い、全校生徒の模範であった。反面、ませたところもあり、男性教師に憧れを抱いて積極的に質問したり、海軍の制服に憧れを持っていた[28]。しかし、盛厚王と婚約が内定してからは「今日から、私は陸軍党になりますから」と学友たちに笑って話した[29]

学習院中等科の4・5年生次には、『反省録』を記し、主管(担任教師)の指導を受けていた。天皇の神格化が進む時代にあって、中等科5年生(1942年(昭和17年))の10月26日付で、次のような反省録を記した。

私はどういうめぐりあわせか高貴な家に生まれた。私は絶えず世間の注視の中にある。いつどこにおいても私は優れていなければならない。私は皇室を背負っている。私の言動は直ちに皇室にひびいてくる。どうして安閑としていられよう。高い木には風が当たり易い。それなのに高きにありながら多くの弱点をもつ自分をみるとき、この地位にいる資格があるか恐ろしくなる。

秋元書房皇女照宮』 p.86

内約期間編集

成子内親王は生物学に関心を持ち、父帝の研究所での勤務を希望していたというが、1941年(昭和16年)5月に東久邇宮稔彦王の第一男子・盛厚王との婚約が内定(内約)し公表された[30]

1943年(昭和18年)3月に女子学習院中等科卒業。学業成績は極めて優秀だった[31]が、高等科へは進学せず花嫁修業をする[32]

麹町三番町を仮寓所とし、華道や器楽(ピアノヴァイオリン)、マナー、和歌や料理などを学んだが、成子内親王自身は掃除など今までしたことがない経験や、将来の新しい生活を楽しみにしている様子だった[33]

後年、結婚に前後した心境を次のように語った。

お式の日、御所をあとにしたときも悲しくもなく、不安な気持ちも、嬉しい気持ちもありませんでした。まだそのときは盛厚さんに対しても愛情を感じるほどに至っていなかったのでしょう。でも盛厚さんはまじめな人だったから、素直に尽くすことが出来ました。両方とも一年くらいたってからだんだん愛情が湧いてきました

秋元書房皇女照宮』 p.139

皇族妃として編集

 
盛厚王との結婚式

1943年(昭和18年)10月2日に納采の儀が執り行われ、正式に婚約した[34]。同年10月12日、結婚を控え勲一等宝冠章を賜り、翌日の10月13日に盛厚王(当時は陸軍少佐)と結婚する[35]第二次世界大戦中であり、皇女の婚儀とはいえ質素にとり行われ、伊勢神宮への参拝のみで新婚旅行もなかった。着用した十二単は、母・香淳皇后のものだった。姉妹の中では体格が香淳皇后によく似ており、結婚の際に体の寸法を測ったところ、皇后の結婚当時の体型とピタリと一致したという。

夫となった盛厚王とは見合いを経ずに結婚したため、夫婦として心を通わせるのに時間がかかったという。そのため妹の内親王たちは形式的とは言え、見合いの場が設けられた。しかしやがて互いに愛情が湧き、円満な家庭を築いた。1945年(昭和20年)3月10日、初産でもある信彦王出産時は東京大空襲の最中であり、防空壕の中で出産した。盛厚王との間には、信彦王、文子女王、基博(前名、秀彦。壬生家養子)、真彦、優子の5人の子供をもうけた。さらに5月25日の空襲で鳥居坂の邸宅が焼失したため、伊香保疎開する[36]

8月15日の玉音放送に際しては、涙にくれる東久邇宮家の中で「さあ、これからですよ」と第1声を発した[37]。また、今生の別れになると覚悟して、車で東京に向かい、天皇・皇后と面会した[37]

結婚相手が皇族であったため、成子内親王もまた皇族のままであったが、1947年(昭和22年)10月14日、東久邇宮稔彦王が皇族の身分を離れたため、皇室典範第13条の規定により夫・盛厚王と同時に皇族の身分を離れた(昭和22年宮内府告示第16号)。

皇籍離脱後編集

皇籍離脱後は終戦後のインフレ等のきびしい社会情勢の中、皇族としての身分も経済的特権も失い、厳しい家計を内職をしながら助けたり、都内遠方でも商店街の特売に人目を忍んで並んだりと、元皇女とはいえ一般家庭の主婦並の苦労も多かった。特に、ヌートリアの養殖を独学で成功させたという逸話もある[38]

1949年(昭和24年)夏、創刊間もない雑誌『美しい暮しの手帖』第5号に大橋鎭子からの強い依頼を受けて「やりくりの記」を寄稿する。物資不足に悩みながらも「やりくり暮しのこの苦労のかげに、はじめて人間らしいしみじみとした、喜びを味う事が出来る」[39]とした成子の手記は大きな反響を呼び、『暮らしの手帖』の部数拡大のきっかけとなった[40]

1958年(昭和33年)1月2日、NHKのテレビ番組『私の秘密』に生出演。宮中でのカルタ会を中座しての出演であり、皇族たちもカルタそっちのけでTVに見入ったという[注釈 1]

1959年(昭和34年)4月、実弟である皇太子明仁親王と正田美智子の結婚に際しては、二人を祝福するとともに「新しい仕事」を応援するメッセージを新聞に寄稿している[41]。成子自身も、同年6月3日に昭和天皇、香淳皇后、皇太子夫妻をはじめ両親と弟妹らを自宅へ招待してホームパーティーを開き、「家庭的な皇室のあり方」を実践して見せた[42]

この他、盛厚が携わった団体の公私にわたる活動に成子も関わり、また子女教育にも熱心であった。

闘病と逝去編集

成子は、1960年(昭和35年)11月11日、国立東京第一病院に入院した[43]。成子自身には胃潰瘍と告げられた[注釈 2]が、実際には結腸癒着と腹壁腫瘍であり、末期がんであった[43]。父昭和天皇は、12月16日、成子の手術結果を聞き「ダメだね」と答えたほどに、重篤な状態であった[43]。1961年(昭和36年)2月、退院[43]

しかし、そのわずか2か月後の4月より宮内庁病院に入院。これは、父天皇直々の願いであり、実際に天皇・皇后も頻繁に見舞いに訪れた。特に母親の皇后はほぼ毎日訪問しており、家族や知人の見舞いの際も皇后を通して成子の体調を確認する必要があった[44]。同年5月7日、天皇の還暦祝いのため皇居に参内したのが最後の外出となったが、すでに衰弱し、宴の最中も後方のソファに横たわりながらの状態であった[45][44]。これは、宴を楽しみにしていた成子のために、天皇が医師の反対を押し切って配慮させたものであり、天皇は何度も成子が満足しているか確認した[44]

初夏頃、成子が天皇・皇后に7月の予定を尋ねた際、天皇は実際には成子の看病のために予定を中止にしていたにもかかわらず、メモに書いてあるかのふりをして予定を話したという[44]

7月19日夕方から容体が悪化し、7月22日に危篤となった。そして1961年(昭和36年)7月23日午前3時15分、東久邇家の家族のほか、両親である昭和天皇・香淳皇后、皇太子夫妻ら弟妹の見守る中、逝去した。

皇后は成子の手を握りしめたまま嗚咽し、天皇は「成子」とひとことつぶやいた[46]。妹の鷹司和子池田厚子が、成子の死化粧を施した[46]。まだ35歳と若年であり、当時16歳の長男・信彦を筆頭に5人のまだ小さい子供を残しての死去だった。天皇・皇后とも、第一子に先立たれたことに大きな衝撃を受けた。

葬儀と没後編集

同日午後5時、成子の遺体は麹町三番町の宮内庁分室に移され、さらに午後7時30分に正田英三郎鷹司平通により、かつて成子が花嫁修業で使っていた二階の一室に安置された[47]。その後、天皇・皇后をはじめとする皇族のみで、御舟入の儀(納棺)が行われた。成子の遺体は白羽二重の袿袴で、棺には花や絹の袋にいれた茶、そして遺児たちが描いた絵などが納められた[48]

7月26日に葬儀が青山葬儀所で執り行われた後、遺体は火葬された。葬儀委員長は野村吉三郎衆議院議員(当時)であり、司祭長は伊達巽明治神宮宮司だった[47]。天皇・皇后は目下の者の葬儀に参列しない、という慣習をはじめて破って参列した[47]

8月4日に斂葬の儀が行われ、東京都文京区豊島岡墓地に埋葬された。彼女の墓所には、母・香淳皇后の指示によって成子のお印の紅梅が植樹された。墓所は盛厚の希望で比翼塚となっており、向かって左には盛厚のお印である松が植樹されている[49]

なお夫:盛厚は、1964年(昭和39年)10月3日に寺尾佳子と再婚し、厚彦(寺尾家養子)、盛彦の2男をもうけたが、1969年(昭和44年)に死去している。

没後20年にあたる1980年(昭和55年)、父天皇は、記者会見の中で「照宮は本当に朗らかな人で、私の話し相手として面白くあった」とした上で、「若くして亡くなったということを、大変残念に思っています」と振り返った[50]

没後40年にあたる2001年平成13年)7月23日には、弟で第125代天皇であった明仁と皇后美智子が、墓所に拝礼した。

年譜編集

栄典編集

系譜編集

成子内親王 父:
昭和天皇
祖父:
大正天皇
曾祖父:
明治天皇
曾祖母:
柳原愛子
祖母:
貞明皇后
曾祖父:
九条道孝
曾祖母:
野間幾子
母:
香淳皇后
祖父:
邦彦王(久邇宮)
曾祖父:
朝彦親王久邇宮
曾祖母:
泉萬喜子
祖母:
俔子
曾祖父:
島津忠義
曾祖母:
山崎寿満子
 
 
 
 
 
 
 
 
歴代天皇
 
歴代皇后
 
親王
 
内親王女王
 
臣籍降下
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇(明治天皇の子)
 
貞明皇后(大正天皇の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇(大正天皇の子)
 
香淳皇后(昭和天皇の妻)
 
秩父宮雍仁親王(大正天皇の子)
 
勢津子(秩父宮雍仁親王の妻)
 
高松宮宣仁親王(大正天皇の子)
 
喜久子(高松宮宣仁親王の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三笠宮崇仁親王(大正天皇の子)
 
百合子(三笠宮崇仁親王の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東久邇成子
(照宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
久宮祐子内親王(昭和天皇の子)
 
鷹司和子
(孝宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
池田厚子
(順宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
上皇
(明仁)
(昭和天皇の子)
 
上皇后
(美智子)
(上皇明仁の妻)
 
常陸宮正仁親王(昭和天皇の子)
 
華子(常陸宮正仁親王の妻)
 
島津貴子
(清宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
近衞甯子(三笠宮崇仁親王の子、臣籍降下)
 
寬仁親王(三笠宮崇仁親王の子)
 
信子(寬仁親王の妻)
 
桂宮
宜仁親王
(三笠宮崇仁親王の子)
 
千容子(三笠宮崇仁親王の子、臣籍降下)
 
高円宮憲仁親王(三笠宮崇仁親王の子)
 
久子(高円宮憲仁親王の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今上天皇
(徳仁)
(上皇明仁の子)
 
皇后雅子(今上天皇徳仁の妻)
 
秋篠宮文仁親王(上皇明仁の子)
 
紀子(秋篠宮文仁親王の妻)
 
黒田清子
(紀宮)
(上皇明仁の子、臣籍降下)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彬子女王(寬仁親王の子)
 
瑶子女王(寬仁親王の子)
 
 
 
 
 
承子女王(高円宮憲仁親王の子)
 
千家典子(高円宮憲仁親王の子、臣籍降下)
 
守谷絢子(高円宮憲仁親王の子、臣籍降下)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛子内親王(今上天皇徳人の子)
 
 
 
眞子内親王(秋篠宮文仁親王の子)
 
佳子内親王(秋篠宮文仁親王の子)
 
悠仁親王(秋篠宮文仁親王の子)
 
 
 
 
 


子女編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇竹田宮恒久王
 
昌子内親王北白川宮成久王
 
房子内親王朝香宮鳩彦王
 
允子内親王東久邇宮稔彦王
 
聡子内親王昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇竹田恒徳永久王朝香孚彦盛厚王
 
成子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明仁上皇
 
竹田恒正
 
 
 
 
 
北白川道久
 
 
 
朝香誠彦東久邇信彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現皇室
 
 
竹田家
 
 
 
 
男系断絶
 
 
 
 
朝香家東久邇家


脚注編集

注釈編集

  1. ^ この番組はフィルムに録画されており、『私の秘密』では4本現存している中の1本となっている。後年「NHKアーカイブス」で再放送された。
  2. ^ 重篤な病気の場合、患者本人に病名を伏す場合がある。インフォームドコンセントを参照。

出典編集

  1. ^ 皇女照宮 1973 p.15
  2. ^ 大正14年12月6日『官報』号外 宮内省省告示第30号 ※原文は旧漢字カナ
  3. ^ a b c 皇女照宮 1973 p.18
  4. ^ 1925年12月7日 東京朝日新聞「内親王の御体重 おみ大きく拝せらる」
  5. ^ 大正14年12月12日『官報』号外 宮内省告示第33号 ※原文は旧漢字カナ表記
  6. ^ 1925年12月13日 東京朝日新聞「けふお七夜の佳き日 皇孫御命名の儀」
  7. ^ 1926年3月30日 東京朝日新聞(夕刊)「照宮殿下 初めての御参内 暖かき沿道に拝観者の群」
  8. ^ 1925年12月17日 読売新聞「照宮の御養育は妃宮御手づから 御養育係長は置かぬ事に決定 」
  9. ^ 皇女照宮 1973 p.21
  10. ^ 『陛下、お尋ね申し上げます』 1988 p.290
  11. ^ 皇女照宮 1973 p.24-30
  12. ^ 皇女照宮 1973 p.26
  13. ^ 1931年10月31日 東京朝日新聞「照宮様の御殿を宮城内へ御造営」
  14. ^ 皇女照宮 1973 p.37
  15. ^ 酒井美意子『元華族たちの戦後史』主婦と生活社 p.160
  16. ^ 皇女照宮 1973 p.55-56
  17. ^ 皇女照宮 1973 p.56-58
  18. ^ 岩佐美代子『古典ライブラリー 宮廷に生きる』笠間書院 p.3
  19. ^ 酒井美意子『元華族たちの戦後史』主婦と生活社 p.160-161
  20. ^ 岩佐美代子『古典ライブラリー 宮廷に生きる』笠間書院 p.4
  21. ^ a b 皇女照宮 1973 p.68
  22. ^ 皇女照宮 1973 p.286
  23. ^ 皇女照宮 1973 p.70
  24. ^ a b 皇女照宮 1973 p.44
  25. ^ 皇女照宮 1973 p.44-45
  26. ^ 皇女照宮 1973 p.76
  27. ^ 皇女照宮 1973 p.74
  28. ^ 皇女照宮 1973 p.104-105
  29. ^ 皇女照宮 1973 p.105
  30. ^ 1941年5月6日 読売新聞「照宮成子内親王殿下 御配偶に東久邇宮盛厚王殿下 御めでたき御内約」
  31. ^ 1943年3月29日 読売新聞「照宮成子内親王殿下 女子学習院中等科を  けふ御卒業」
    なお、当時の報道だけでなく、後年になって岩佐美代子酒井美意子も著書の中で、照宮が優れた女性であったという回想を記している
  32. ^ 1943年5月16日 朝日新聞「お慶びの照宮様・盛厚王殿下 拝すも畏し御二方の御日常」
  33. ^ 皇女照宮 1973 p.132-133
  34. ^ 昭和18年10月4日『官報』第5019号 p.89 宮廷録事 ※原文は旧漢字カナ表記
  35. ^ 昭和18年10月14日『官報』第5028号 p.317 宮内省告示第19号 ※原文は旧漢字カナ表記
  36. ^ 皇女照宮 1973 p.148
  37. ^ a b 皇女照宮 1973 p.158
  38. ^ 酒井美意子『元華族たちの戦後史』主婦と生活社 p.39
  39. ^ 1949年10月「美しい暮らしの手帖」5号 ※原文は旧漢字
  40. ^ 2016年3月10日発行 有鄰第543号「大橋鎭子と暮しの手帖」
  41. ^ 1959年4月10日 読売新聞「末長いご幸福を」
  42. ^ 1959年6月3日 読売新聞「両陛下、東久邇家ご訪問 12畳で17人の夕食 型破り“天皇ご一家”のつどい」
  43. ^ a b c d 皇女照宮 1973 p.241
  44. ^ a b c d 皇女照宮 1973 p.242
  45. ^ 1961年7月23日 読売新聞(夕刊)「東久邇成子さん死去」
  46. ^ a b 皇女照宮 1973 p.254
  47. ^ a b c 皇女照宮 1973 p.260
  48. ^ 皇女照宮 1973 p.260,265
  49. ^ 皇女照宮 1973 p.270-272(写真及び墓碑より)
  50. ^ 『陛下、お尋ね申し上げます』 1988 p.289
  51. ^ 昭和4年10月28日『官報』第849号 p.10
  52. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」1941年10月23日。
  53. ^ 昭和18年10月13日『官報』第5027号 p.299

参考文献編集

  • 編集委員:北條誠酒井美意子霜山操子『皇女照宮』秋元書房、1973年7月。ASIN B000J9GT2U
  • 高橋紘『陛下、お尋ね申し上げます 記者会見全記録と人間天皇の軌跡』文藝春秋文春文庫〉、1988年3月。ISBN 978-4167472016
  • 女性自身編集部 編『昭和の母皇太后さま : 昭和天皇と歩まれた愛と激動の生涯 : 保存版』光文社、2000年7月。ISBN 4334900925

関連項目編集

外部リンク編集