メインメニューを開く

株式会社東亜プランとうあプラン, TOAPLAN

  1. 1984年から1994年にかけて、主に業務用のシューティングゲームを中心に開発していた日本会社東京都杉並区清水に本社を置いていた。また開発部が東京都豊島区池袋や、新宿区新宿3丁目に置かれていた事もある。
  2. 2001年にアリーナ株式会社として設立、2011年11月、現社名に変更した日本の企業。本社は東京都新宿区大久保。1.の元社長である林泰三が代表取締役を務める。後述サウンドトラックに旧社名での(c)表示がある。

本項目では主に1.について記述する(現在の東亜プランについて言及する場合は「東亜プラン(新)」とする)。

目次

概要編集

オルカ倒産後に在籍していたソフトチームがクラックスを設立。そのクラックスが経営難を理由に再び倒産し、一部スタッフがアーケードゲームの販売代理店だった東亜企画に移り、ゲームソフト部門を作ったのが東亜プラン誕生のきっかけだと言われている。東亜企画自体は1979年4月に設立。当初の代表取締役社長は清本吉行であったが、1992年に退任し、コメットの林泰三が社長を兼務することになった[1]

マンションの一室でゲーム開発という環境からの再スタート、初期はタイトーを中心に他メーカーの下請けとしてゲームを製作していた。『究極タイガー』の成功により知名度が上がり、開発環境が整うと『ヘルファイヤー』を境に自社販売も行うようになった[2]

タイガーヘリ』や『飛翔鮫』等の、「フライングタイガースシリーズ」と呼ばれる一連の作品で縦スクロールシューティングの基礎を築いた。やがてシューティングブームの到来によって『達人王』等の、高難易度をアピールした作品を次々と製作し、シューティングゲームの高難度ブームを誘発。しかしこれが一般プレイヤーの減少を起こす一因となった。

末期には『BATSUGUN』や、お家芸とも言えたシューティングゲーム一辺倒からアクションゲームなどの作品をリリースするなど、初心者にも配慮された作品を製作したが、ゲーム人気が対戦格闘ゲームに移りつつあった当時、市場に受け容れられたとは言い難かった。

1994年に倒産。その後、主要なスタッフがケイブを設立し、『首領蜂』等アーケードゲームの製作を続けていた。またタクミコーポレーションタムソフト、タイトー等に移ったスタッフもいる。

1990年代中頃から2000年代初頭にかけて消えていった数多くのアーケードゲームメーカーの代表格として、SNKデータイーストコンパイル彩京などとともによく取り上げられる。現在も多くのファンがいる。

知的財産権の管理状況について編集

東亜プラン倒産後、長らく知的財産権(IP。いわゆる「版権」)を所有する元が不明な時期があり、この期間はゲームの移植や音楽のCD化は不可能な状態であった。
2011年、TwitterおよびUSTREAMにて版権元が見つかった旨が報じられる[要出典]。その後、同年11月には前述のとおり「東亜プラン」(新)に改名した企業がwebサイトを開設。同時期にはスーパースィープから東亜プランの資料関係を記録したデータファイルが付属する音楽CD「東亜プラン シューティングクロニクル」が販売された。

2017年5月、『TATSUJIN』のメインスタッフである弓削雅稔が代表取締役を務める「株式会社TATSUJIN」 が発足。この企業サイトには「東亜プラン(旧社のゲーム)タイトルを扱う事が可能」と記載している。翌2018年には、この「株式会社TATSUJIN」が協力する事により、別企業のゲーム『ゲーム天国 CruisinMix Special』に『TATSUJIN』の自機が登場した[3]

主なゲーム編集

かつて在籍していた主なクリエイター編集

ゲームデザイナー編集

『ヴイ・ファイヴ』や『BATSUGUN』のゲームデザインを担当。
『ドギューン!!』や『BATSUGUN』のゲームデザインを担当。ケイブに移籍。
『フィグゼイト』や『ナックルバッシュ』のゲームデザインを担当。
  • 香川友信
タイトーに移籍。後に『逆鱗弾』や『クレオパトラフォーチュン』のゲームデザインを担当。
スクウェア・エニックスに移籍。

サウンドコンポーザー編集

  • 上村建也
  • 弓削雅稔 - 現・株式会社TATSUJIN 代表取締役。
  • 太田理
  • 富沢敏明
  • 坂井義達

関連企業編集

  • システム東京 - ソフトウェア開発、監視カメラシステム機器の販売を行う東京の企業。同社の元社長だった林泰三が代表を務める。現在でも東亜プランの一部ロゴが使用されている。
  • ケイブ - 同社のゲームデザイナーだった高野健一が独立して設立。
  • タクミコーポレーション - 同社の元社員だった藤本智秋が独立して設立。
  • タムソフト - 同社のプログラマーだった太田俊昭が独立して設立。
  • マジックシード - 同社のサウンドコンポーザーだった上村建也が独立して設立。
  • ガゼル - 同社の元社員が独立して設立。廃業。井上淳哉が一時期在籍していた。
  • コンパイル - 武者アレスタの発売を東亜プランが担当するなどの提携関係にあった。和議申請後、一部のスタッフがケイブに移籍。
  • ライジング - 東亜プラン倒産直前の一時期、ライセンスを受け継いだとされる。また、一部のスタッフが移籍してきている。後にエイティングに吸収合併される。

関連項目編集

訳注・出典編集

  1. ^ ゲームマシン 2002年6月1日号 10年前の主なニュース - アミューズメント通信社
  2. ^ 「自社ブランド名義で発売」という意味。流通的にはタイトーが販売していた。
  3. ^ 『ゲーム天国CruisinMix Special』開発陣が語る『TATSUJIN』とのコラボの経緯とシューティングに対する溢れる想い”. ファミ通.com(株式会社Gzブレイン) (2018年10月9日). 2018年10月22日閲覧。

外部リンク編集

  • TOA PLAN Web Page - ドメイン所有者は前述のシステム東京(株)。
  • 株式会社TATSUJIN - 現在、東亜プラン全タイトルのIPライセンス管理を行う企業。