メインメニューを開く

東京たま広域資源循環組合(とうきょうたまこういきしげんじゅんかんくみあい)は、東京都多摩地域の25市1町で構成される一部事務組合

概要編集

1980年11月、多摩地域における自治体25市2町(当時)が、一般廃棄物最終処分場の設置および管理を目的として「東京都三多摩地域廃棄物広域処分組合」を設立。ごみ焼却灰のエコセメント化事業にあたり、2006年4月「東京たま広域資源循環組合」に名称変更した。

沿革編集

  • 1976年昭和51年)10月15日 - 前身である東京都市廃棄物処分地管理組合設立(構成自治体:9市)。
  • 1980年(昭和55年)11月1日 - 東京都三多摩地域廃棄物広域処分組合設立(構成自治体:25市2町)。
  • 1984年(昭和59年)4月1日 - 谷戸沢処分場開設。
  • 1991年平成3年)11月1日 - 羽村町が市制施行し羽村市となったことにより、構成自治体が26市1町となる。
  • 1998年(平成10年)1月29日 - 二ツ塚廃棄物広域処分場開設。
  • 1998年(平成10年)4月6日 - 谷戸沢処分場埋め立て終了。
  • 2001年(平成13年)1月21日 - 田無市と保谷市が合併し西東京市となったことにより、構成自治体が25市1町となる。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 東京たま広域資源循環組合に改称。
  • 2006年(平成18年)5月11日 - 東京たまエコセメント化施設が稼働。

構成自治体編集

主な事業内容編集

  • 関係市町圏より排出される一般廃棄物の最終処分を行う処分場の整備および管理運営。
  • エコセメント化施設の整備および管理運営。

事務所編集

  • 東京都西多摩郡日の出町大字大久野7642番地(2014年4月、東京都府中市の東京自治会館内から移転)

関連施設編集

1998年4月に埋め立て終了。見学者用施設の「谷戸沢記念館」がある。
  • 二ツ塚廃棄物広域処分場(西多摩郡日の出町大字大久野字玉の内)
  • 東京たまエコセメント化施設(西多摩郡日の出町大字大久野字玉の内)

組織編集

  • 議決機関
    • 組合議会:定数26人。構成市町の議員から各1人を選出
  • 執行機関
    • 管理者:1人(構成市町長の互選)
    • 副管理者:3人(構成市町長の互選)
    • 理事会:構成市町長で構成
  • 監査委員:識見を有する者1人および組合議員1人
  • 事務局

付記編集

外部リンク編集