メインメニューを開く

東京の女性』(とうきょうのじょせい)は、1939年公開の日本映画伏水修監督、東宝作品。丹羽文雄の小説が原作。原節子職業婦人に扮して、油にまみれ、必死に自動車セールスに必要な知識を身につけ、恋か仕事か悩みながら成長する女性を描く。

東京の女性
Setsuko Hara in The woman of Tokyo1.jpg
君塚節子(原節子)と同僚のたき子(水上怜子)
監督 伏水修
脚本 松崎与志人
原作 丹羽文雄
音楽 服部良一
撮影 唐沢弘光
編集 岩下廣一
製作会社 東宝映画東京撮影所
配給 東宝
公開 日本の旗 1939年10月31日
上映時間 83分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

銀座自動車会社タイピストとして働く君塚節子は、家庭の事情でお金が必要となり、同じ会社のセールスマン、木幡に一人前のセールスレディにしてほしいと頼む。節子は知識を身につけ、セールスレディとしてバリバリ仕事をして、会社で優秀な営業成績を上げる。しかし、木幡はそんな節子に違和感を覚えるようになる・・・

スタッフ編集

  • 製作:竹井諒
  • 原作:丹羽文雄
  • 脚色:松崎与志人
  • 監督:伏水修
  • 製作主任:井上深
  • 撮影:唐沢弘光
  • 録音:下永尚
  • 装置:安倍輝明
  • 編集:岩下廣一
  • 音楽:服部良一
  • 演奏:PCL管弦楽団

キャスト編集

参考文献編集

  • 佐藤忠男監修『永遠のマドンナ 原節子のすべて』出版協同社、1986年
  • 貴田庄『原節子 あるがままに生きて』朝日文庫、2010年

外部リンク編集