メインメニューを開く

東京アートディレクターズクラブ

東京アートディレクターズクラブは、1952年に結成されたアートディレクターを会員とする東京都千代田区にある団体[1][2]。会長は細谷巖[2]。ADC展、ADC賞を開催し、『ADC年鑑』(美術出版社)を編集する[2][3]。略称東京ADC[4]

1951年に発足したABC懇談会を前身とする[5]。当初対立関係にあった日本宣伝美術会会員が1950年代末に合流し、会の名前も東京アドアートディレクターズクラブから東京アートディレクターズクラブに改められた[6]

会員数は80名で[2]、新規入会は既存会員の投票と委員の合議で審査される[7]

脚注編集

外部リンク編集