東京サントリーサンゴリアス

日本のラグビーチーム

東京サントリーサンゴリアス: Tokyo Suntory Sungoliath)は、東京都港区府中市調布市三鷹市をホストエリアとしてジャパンラグビーリーグワンに所属しているラグビーチームである。LEAGUE ONE発足に際してチーム名に「東京」が付き、「東京サンゴリアス」とも呼ばれる。

東京サントリーサンゴリアス
クラブカラー  
愛称 サンゴリアス
創設年 1980年
本拠地 東京都港区府中市調布市三鷹市
グラウンド 秩父宮ラグビー場
収容人数 24,871
代表 夏山真也
監督 田中澄憲
所属リーグ ジャパンラグビーリーグワン
ファースト
ジャージ
セカンド
ジャージ
公式サイト
https://www.suntory.co.jp/culture-sports/sungoliath/
テンプレートを表示
第55回日本選手権大会優勝(秩父宮ラグビー場 2018年1月13日撮影)

概要

編集

1980年創部。前身となるラグビー同好会は1970年頃から活動しており、1976年から関東社会人リーグ(3部)に参加している[1][2]

全国社会人大会には1985年度に初出場。以降、最後の大会となる2002年度までの18年間で、16回出場(歴代17位タイ)、優勝3回(歴代6位タイ)、準優勝3回(歴代5位タイ)、通算58試合(歴代9位)、通算39勝(歴代9位)という成績を残した。

チーム名の由来は、サントリーの“サン”、太陽の“Sun”、巨人の"ゴリアス (Goliath)"から。「ゴリアス」は巨人・ゴリアテを意味する[3]。チームカラーはイエロー。マスコットはゴリラのサンゴリアス君で「タフネス」「テンダー」「スピリチュアル」を象徴している[3]

2012 - 2013シーズンは、トップリーグ初となるレギュラーシーズン、プレーオフを通しての全勝(15連勝)で優勝を飾った。日本選手権でも優勝し、シーズン無敗で2冠を達成した。

7人制でもジャパンセブンズ優勝3回、YC&AC JAPAN SEVENS優勝1回の強豪である。

2021年7月16日、新リーグジャパンラグビーリーグワンの1部リーグに振り分けされることになった[4]

歴史

編集

タイトル

編集

全国大会

最上位リーグ

7人制大会

成績

編集
年度 地区 成績 備考
38 1985 東京 ベスト8 2 1 0 1 44 21 23 サントリーのチーム名で出場
40 1987 東京 ベスト8 2 1 0 1 33 77 -44
41 1988 東日本 ベスト8 2 1 0 1 29 31 -2
42 1989 東日本 準優勝 4 3 0 1 136 53 83
43 1990 東日本 ベスト4 3 2 0 1 71 46 25
44 1991 東日本 ベスト8 2 1 0 1 31 31 0
46 1993 東日本 ベスト8 2 1 0 1 56 37 19
47 1994 東日本 ベスト8 2 1 0 1 93 40 53
48 1995 東日本 優勝[注 3] 6 3 2 1 254 121 133 準々決勝は引分(トライ数で上位進出)
両チーム優勝[注 3]
日本選手権に出場(トライ数による)
49 1996 東日本 ベスト4 5 3 1 1 184 121 63
50 1997 東日本 準優勝 6 5 0 1 196 80 116 日本選手権に出場
51 1998 東日本 準優勝 6 4 1 1 313 108 205 準決勝は引分(トライ数で上位進出)
日本選手権に出場
52 1999 東日本 予選プール敗退 3 1 0 2 81 124 -43
53 2000 東日本 ベスト4 3 2 0 1 140 71 69 日本選手権に出場
54 2001 東日本 優勝 4 4 0 0 318 77 241 日本選手権に出場
55 2002 東日本 優勝 6 6 0 0 323 126 197 日本選手権に出場

リーグ戦戦績

編集

トップリーグ創設以前

編集
年度 所属リーグ Div. 順位 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差 備考
1976 関東社会人リーグ 3部-G 3部 6位 6 1 0 5 ≥18 ≥142 不明 同率6位
2試合のスコア不明
1977 関東社会人リーグ 3部-H 3部 6位 6 0 1 5 ≥16 ≥198 不明 同率6位
1試合のスコア不明
1978 関東社会人リーグ 3部-B 3部 4位 4 1 0 3 ≥0 ≥92 不明 2試合のスコア不明
1979 関東社会人リーグ 3部-H 3部 3位 4 2 0 2 ≥57 ≥75 不明 1試合のスコア不明
1980 関東社会人リーグ 3部-P 3部 1位 5 5 0 0 ≥239 ≥0 不明 2試合のスコア不明
1981 関東社会人リーグ 2部-B 2部 1位 6 6 0 0 374 22 352
1982 関東社会人リーグ 1部-A 1部 3位 5 3 0 2 105 81 24
1983 関東社会人リーグ 1部-A 1部 2位 5 3 1 1 91 61 30
1984 関東社会人リーグ 1部-B 1部 2位 5 4 0 1 140 88 52
1985 関東社会人リーグ 1部-A 1部 1位 5 4 0 1 100 70 30 3チーム同率1位
優勝決定戦に進出できず
1986 関東社会人リーグ 1部-B 1部 1位 5 4 0 1 97 50 47 同率1位
優勝決定戦でリコーに敗戦
1987 関東社会人リーグ 1部-B 1部 1位 5 5 0 0 248 33 215 優勝決定戦で三洋東京に敗戦
1988 東日本社会人リーグ 1部 3位 7 4 0 3 180 188 -8 3チーム同率3位
1989 東日本社会人リーグ 1部 優勝 7 7 0 0 242 75 167
1990 東日本社会人リーグ 1部 3位 7 4 1 2 239 135 104
1991 東日本社会人リーグ 1部 3位 7 4 0 3 185 208 -23
1992 東日本社会人リーグ 1部 5位 7 3 0 4 242 215 27 同率5位[注 7]
1993 東日本社会人リーグ 1部 2位 7 5 0 2 211 106 105 同率2位
1994 東日本社会人リーグ 1部 3位 7 5 0 2 206 138 68
1995 東日本社会人リーグ 1部 3位 7 4 0 3 225 111 114 同率3位
1996 東日本社会人リーグ 1部 3位 7 5 0 2 305 148 157
1997 東日本社会人リーグ 1部 優勝 7 6 0 1 257 151 106 東芝府中と同率優勝
1998 東日本社会人リーグ 1部 優勝 7 6 0 1 374 200 174 三洋電機と同率優勝
1999 東日本社会人リーグ 1部 3位 7 5 0 2 264 151 113 同率3位
2000 東日本社会人リーグ 1部 優勝 7 7 0 0 432 160 272
2001 東日本社会人リーグ 1部 優勝 7 7 0 0 478 108 370
2002 東日本社会人リーグ 1部 優勝 7 7 0 0 496 186 310

トップリーグ

編集
シーズン 所属リーグ Div. 順位 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差 勝点 結果 カップ戦 日本選手権 監督 主将
2003-2004 トップリーグ 1部 4位 11 8 0 3 408 265 143 42 リーグ戦:4位 マイクロソフトカップ:ベスト8 ベスト8 永友洋司 早野貴大
2004-2005 トップリーグ 1部 8位 11 4 0 7 307 282 25 24 リーグ戦:8位 マイクロソフトカップ:ベスト8 永友洋司 早野貴大
2005-2006 トップリーグ 1部 6位 11 6 0 5 308 241 67 32 リーグ戦:6位 マイクロソフトカップ:準優勝 永友洋司 田中澄憲
2006-2007 トップリーグ 1部 2位 13 11 0 2 545 161 384 56 リーグ戦:2位
プレーオフトーナメント:準優勝
  ベスト4 清宮克幸 山下大悟
2007-2008 トップリーグ 1部 優勝 13 10 1 2 453 229 224 53 リーグ戦:2位
プレーオフトーナメント:優勝
  準優勝 清宮克幸 山下大悟
2008-2009 トップリーグ 1部 3位 13 10 0 3 482 298 184 51 リーグ戦:3位
プレーオフトーナメント:ベスト4
  準優勝 清宮克幸 山下大悟
2009-2010 トップリーグ 1部 3位 13 11 2 0 570 195 375 58 リーグ戦:2位
プレーオフトーナメント:ベスト4
  ベスト16 清宮克幸 佐々木隆道
2010-2011 トップリーグ 1部 2位 13 10 0 3 543 251 292 50 リーグ戦:4位
プレーオフトーナメント:準優勝
  優勝 エディー・ジョーンズ 竹本隼太郎
2011-2012 トップリーグ 1部 優勝 13 12 0 1 512 278 234 57 リーグ戦:1位
プレーオフトーナメント:優勝
  優勝 エディー・ジョーンズ 竹本隼太郎
2012-2013 トップリーグ 1部 優勝 13 13 0 0 481 258 223 63 リーグ戦:1位
プレーオフトーナメント:優勝
  優勝 大久保直弥 真壁伸弥
2013-2014 トップリーグ 1部 2位 7 6 0 1 245 110 135 30 リーグ戦:1stステージ・プールA・1位 ベスト4 大久保直弥 真壁伸弥
7 6 0 1 261 169 92 32 リーグ戦:2ndステージ・グループA・2位
プレーオフトーナメント:準優勝
2014-2015 トップリーグ 1部 5位 7 6 0 1 202 137 65 28 リーグ戦:1stステージ・プールB・2位 準優勝 大久保直弥 真壁伸弥
7 5 0 2 171 157 14 26 リーグ戦:2ndステージ・グループA・5位
2015-2016 トップリーグ 1部 9位 7 4 0 3 227 148 79 21 リーグ戦:プールA・5位
順位決定トーナメント:9位
プレシーズンリーグ:準優勝 アンディ・フレンド 真壁伸弥
2016-2017 トップリーグ 1部 優勝 15 15 0 0 563 184 379 69 リーグ戦:1位   優勝 沢木敬介 流大
2017-2018 トップリーグ 1部 優勝 13 12 0 1 450 180 270 55 リーグ戦:レッドカンファレンス・1位
総合順位決定トーナメント:優勝[注 2]
  優勝[注 2] 沢木敬介 流大
2018-2019 トップリーグ 1部 2位 7 6 0 1 239 164 75 26 リーグ戦:レッドカンファレンス・2位
総合順位決定トーナメント:準優勝[注 8]
トップリーグカップ:準優勝 準優勝[注 8] 沢木敬介 流大
2020 トップリーグ 1部 大会中止[8] トップリーグカップ:ベスト4[注 9] ミルトン・ヘイグ 垣永真之介
2021 トップリーグ 1部 2位 7 7 0 0 420 129 291 34 リーグ戦:レッドカンファレンス・1位
プレーオフトーナメント:準優勝[注 10]
準優勝[注 10]

JAPAN RUGBY LEAGUE ONE

編集
シーズン DIVISION 最終順位 リーグ順位 試合数 勝点 得点 失点 得失差 プレーオフ 備考
2022 DIVISION1 2位 1位/12チーム 16 66 14 0 2 577 286 291 2位/4チーム [9][10]
2022-23 DIVISION1 4位 3位/12チーム 16 55 12 0 4 529 325 204 4位/4チーム [11][12]
2023-24 DIVISION1 3位 3位/12チーム 16 50 10 1 5 584 425 159 3位/4チーム [13][14][15][16]

2023-24シーズンの順位

編集
JAPAN RUGBY LEAGUE ONE 2023-24
Division 1 順位表
(2024年5月5日時点[17]
編集
リーグ戦順位 チーム 試合数 勝ち点 得点 失点 得失差 最終順位 プレーオフ/入替戦
1 埼玉ワイルドナイツ 16 75 16 0 0 747 275 472 2位 プレーオフ進出
2 東芝ブレイブルーパス東京 16 65 14 1 1 554 373 181 優勝 プレーオフ進出
3 東京サンゴリアス 16 50 10 1 5 584 425 159 3位 プレーオフ進出
4 横浜キヤノンイーグルス 16 49 10 0 6 518 446 72 4位 プレーオフ進出
5 コベルコ神戸スティーラーズ 16 45 9 1 6 647 459 188 5位
6 クボタスピアーズ船橋・東京ベイ 16 44 8 1 7 554 447 107 6位
7 トヨタヴェルブリッツ 16 43 9 0 7 498 450 48 7位
8 静岡ブルーレヴズ 16 33 6 2 8 501 513 -12 8位
9 三菱重工相模原ダイナボアーズ 16 27 6 0 10 457 637 -180 9位
10 ブラックラムズ東京 16 17 3 0 13 321 203 -182 10位 DIVISION2 3位に勝利、残留
11 三重ホンダヒート 16 7 1 0 15 242 744 -502 11位 DIVISION2 2位に勝利、残留
12 花園近鉄ライナーズ 16 6 1 0 15 353 704 -351 12位 DIVISION2 1位に敗れ、降格
  • 勝ち点は、勝ち4点、引き分け2点、負け0点。
  • ただし、7点差以内の負けは1点を付与、3トライ差以上での勝ちは追加で1点を付与。
  • 同じ勝ち点である場合は下記の順番で順位を決定する。
  1. 勝ち点
  2. 勝利数
  3. ①および②が同数であったチーム間の勝ち点
  4. ①、②および③が同数であったチーム間の得失点差
  5. 全試合の得失点差
  6. 当該チーム間のトライ数
  7. 全試合でのトライ数
  8. 当該チーム間のトライ後のゴール数
  9. 全試合でのトライ後のゴール数
  10. 抽選

2024-25シーズンのスコッド

編集

カテゴリA(日本代表の実績または資格あり)は、試合登録枠17名以上、同時出場可能枠11名以上。カテゴリB(日本代表の資格獲得見込み)は、試合登録枠・同時出場可能枠ともに任意。カテゴリC(他国代表歴あり等、カテゴリ A, B以外)は、試合登録枠3名以下。

東京サントリーサンゴリアス2024-25シーズンのスコッドは下記のとおり(2024年6月28日現在)[18]

監督: 田中澄憲

選手 ポジション 身長 体重 誕生日(年齢) 登録区分
石原慎太郎 プロップ 181cm 109kg (1990-06-17) 1990年6月17日(34歳) カテゴリA
垣永真之介 プロップ 180cm 115kg (1991-12-19) 1991年12月19日(32歳) カテゴリA
森川由起乙 プロップ 180cm 117kg (1993-02-06) 1993年2月6日(31歳) カテゴリA
中野幹 プロップ 178cm 111kg (1997-09-29) 1997年9月29日(26歳) カテゴリA
小林賢太 プロップ 181cm 113kg (1999-06-02) 1999年6月2日(25歳) カテゴリA
細木康太郎 プロップ 177cm 115kg (2000-01-28) 2000年1月28日(24歳) カテゴリA
ウィリアム・ヘイ プロップ 184cm 111kg (2002-12-19) 2002年12月19日(21歳) カテゴリA
大賀宗志 プロップ 181cm 110kg (2001-01-14) 2001年1月14日(23歳) カテゴリA
山本敦輝 プロップ 178cm 110kg (2002-01-02) 2002年1月2日(22歳) カテゴリA
ブラッドリー・クーン プロップ 175cm 118kg (2001-04-11) 2001年4月11日(23歳) カテゴリC
桶谷宗汰 フッカー 175cm 100kg (1994-11-18) 1994年11月18日(29歳) カテゴリA
堀越康介   フッカー 175cm 100kg (1995-06-02) 1995年6月2日(29歳) カテゴリA
呉季依典 フッカー 178cm 101kg (1996-10-23) 1996年10月23日(27歳) カテゴリA
宮崎達也 フッカー 165cm 93kg (1996-04-10) 1996年4月10日(28歳) カテゴリA
土一海人 フッカー 177cm 105kg (1999-07-02) 1999年7月2日(25歳) カテゴリA
アレックス・マフィ フッカー 178cm 108kg (1996-11-07) 1996年11月7日(27歳) カテゴリC
小林航 ロック 196cm 115kg (1994-03-22) 1994年3月22日(30歳) カテゴリA
ハリー・ホッキングス ロック 208cm 125kg (1998-07-28) 1998年7月28日(25歳) カテゴリB
片倉康瑛 ロック 190cm 110kg (1998-08-09) 1998年8月9日(25歳) カテゴリA
カラム・マクドナルド ロック 204cm 125kg (2000-03-06) 2000年3月6日(24歳) カテゴリB
サイモニ・ヴニランギ ロック 196cm 118kg (2001-04-18) 2001年4月18日(23歳) カテゴリA
サム・ジェフリーズ ロック 198cm 114kg (1993-04-01) 1993年4月1日(31歳) カテゴリB
トレヴァ・ホゼア ロック 203cm 114kg (1999-11-24) 1999年11月24日(24歳) カテゴリB
ロックラン・オズボーン ロック 194cm 112kg (1999-09-01) 1999年9月1日(24歳) カテゴリC
飯野晃司 フランカー/ナンバー8 190cm 110kg (1994-10-12) 1994年10月12日(29歳) カテゴリA
ショーン・マクマーン フランカー/ナンバー8 186cm 102kg (1994-06-18) 1994年6月18日(30歳) カテゴリC
箸本龍雅 フランカー/ナンバー8 188cm 108kg (1998-11-23) 1998年11月23日(25歳) カテゴリA
下川甲嗣 フランカー/ナンバー8 188cm 106kg (1999-01-17) 1999年1月17日(25歳) カテゴリA
山本凱 フランカー/ナンバー8 177cm 99kg (2000-03-17) 2000年3月17日(24歳) カテゴリA
相良昌彦 フランカー/ナンバー8 180cm 99kg (2001-02-01) 2001年2月1日(23歳) カテゴリA
シオネ・ラベマイ フランカー/ナンバー8 189cm 120kg (1994-05-08) 1994年5月8日(30歳) カテゴリA
タマティ・イオアネ フランカー/ナンバー8 187cm 121kg (1997-04-26) 1997年4月26日(27歳) カテゴリB
サム・ケイン フランカー/ナンバー8 189cm 108kg (1992-01-13) 1992年1月13日(32歳) カテゴリC
ピエリッチ・シーバート フランカー/ナンバー8 185cm 98kg (2001-04-18) 2001年4月18日(23歳) カテゴリC
流大 スクラムハーフ 166cm 75kg (1992-09-04) 1992年9月4日(31歳) カテゴリA
大越元気 スクラムハーフ 162cm 70kg (1994-12-26) 1994年12月26日(29歳) カテゴリA
木村貴大 スクラムハーフ 173cm 84kg (1993-12-09) 1993年12月9日(30歳) カテゴリA
岡新之助タフォキタウ スクラムハーフ 173cm 82kg (1994-06-11) 1994年6月11日(30歳) カテゴリA
福田健太 スクラムハーフ 173cm 80kg (1996-12-19) 1996年12月19日(27歳) カテゴリA
高本幹也 スタンドオフ 170cm 80kg (2001-03-15) 2001年3月15日(23歳) カテゴリA
中靏隆彰 ウイング 177cm 84kg (1990-10-24) 1990年10月24日(33歳) カテゴリA
江見翔太 ウイング 183cm 93kg (1991-12-08) 1991年12月8日(32歳) カテゴリA
尾崎晟也 ウイング 174cm 84kg (1995-07-11)1995年7月11日(28歳) カテゴリA
仁熊秀斗 ウイング 172cm 85kg (1998-06-24) 1998年6月24日(26歳) カテゴリA
河瀬諒介 フルバック 183cm 91kg (1999-07-21) 1999年7月21日(24歳) カテゴリA
チェスリン・コルビ ウイング 172cm 80kg (1993-10-28) 1993年10月28日(30歳) カテゴリC
シオネ・タプオシ ウイング 191cm 97kg (2002-07-01) 2002年7月1日(22歳) カテゴリC
中村亮土 センター 182cm 94kg (1991-06-03) 1991年6月3日(33歳) カテゴリA
中野将伍 センター 186cm 100kg (1997-06-11) 1997年6月11日(27歳) カテゴリA
尾崎泰雅 センター 184cm 94kg (1998-09-25) 1998年9月25日(25歳) カテゴリA
イザヤ・プニヴァイ センター 190cm 103kg (2000-12-01) 2000年12月1日(23歳) カテゴリB
ジョー・カマナ センター 191cm 104kg (1991-09-23) 1991年9月23日(32歳) カテゴリA
雲山弘貴 フルバック 187cm 95kg (1999-07-18) 1999年7月18日(25歳) カテゴリA
松島幸太朗 フルバック 177cm 87kg (1993-02-26) 1993年2月26日(31歳) カテゴリA
森谷圭介 ユーティリティーバックス 183cm 92kg (1994-03-04) 1994年3月4日(30歳) カテゴリA
トニー・アロフィポ ユーティリティーバックス 184cm 105kg (2002-09-11) 2002年9月11日(21歳) カテゴリC

チーム関係者

編集

過去の所属選手

編集

【2024年5月退団】

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 神戸製鋼と両チーム優勝
  2. ^ a b c ジャパンラグビートップリーグ2017-2018総合順位決定トーナメント 兼 第55回日本ラグビーフットボール選手権大会
  3. ^ a b c 三洋電機と両チーム優勝。日本選手権にはトライ数でサントリーが出場。
  4. ^ レギュラーシーズンは2位であったが、プレーオフトーナメント(マイクロソフトカップ)を制したことで、当シーズンの優勝チームとなった。
  5. ^ 東芝府中と両チーム優勝
  6. ^ 三洋電機と両チーム優勝
  7. ^ 東北優先条項で7位の新日鉄釜石全国社会人大会に出場し、サントリーは入替戦に回った。
  8. ^ a b ジャパンラグビートップリーグ2018-2019総合順位決定トーナメント 兼 第56回日本ラグビーフットボール選手権大会
  9. ^ 大会名表記は「ジャパンラグビートップリーグカップ2019
  10. ^ a b ジャパンラグビートップリーグ2021プレーオフトーナメント 兼 第58回日本ラグビーフットボール選手権大会

出典

編集
  1. ^ a b 歴代キャプテンが語るサンゴリアス史 初代キャプテン 『原点は土のグラウンドでスタートした』”. SPIRITS of SUNGOLIATH. 2008年5月1日閲覧。
  2. ^ a b 30周年記念 関東社会人ラグビーフットボール連盟. 関東社会人ラグビーフットボール連盟. (1991) 
  3. ^ a b サンゴリアスとは”. サントリーサンゴリアス. 2021年1月16日閲覧。
  4. ^ ラグビー新リーグ名称は「リーグONE」22年1月7日開幕 1部は神戸製鋼、パナソニックら12チーム”. ヤフースポーツ (2021年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
  5. ^ 府中市・調布市・三鷹市との連携協定締結のお知らせ! . サントリーサンゴリアス公式サイト(2021年4月8日). 2021年4月8日閲覧。
  6. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “順位表”. JAPAN RUGBY LEAGUE ONE(リーグワン)公式サイト. 2022年5月30日閲覧。
  7. ^ 大会結果配信表 NTTジャパンラグビー リーグワン2022 プレーオフトーナメント 決勝/3位決定戦 - ジャパンラグビーリーグワン, 2022/05/29
  8. ^ ジャパンラグビー トップリーグ2020 大会中止のお知らせ”. 日本ラグビーフットボール協会. 2020年3月23日閲覧。
  9. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン 順位表(2022)”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2023年5月25日閲覧。
  10. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン 日程・結果(2022)”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2023年5月25日閲覧。
  11. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン 順位表(2022-23)”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2023年5月25日閲覧。
  12. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “D1/D2入替戦”. NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23 ポストシーズン 特設サイト. 2023年5月25日閲覧。
  13. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン 順位表(2023-24)”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2024年5月13日閲覧。
  14. ^ 大会結果配信表 東芝ブレイブルーパス東京 vs 東京サントリーサンゴリアス(NTT ジャパンラグビー リーグワン 2023-24 プレーオフトーナメント:2024年05月19日)”. league-one.jp. 2024年5月19日閲覧。
  15. ^ 大会結果配信表 東芝ブレイブルーパス東京 vs 東京サントリーサンゴリアス(NTT ジャパンラグビー リーグワン 2023-24 プレーオフトーナメント:2024年05月19日)”. league-one.jp. 2024年5月25日閲覧。
  16. ^ 大会結果配信表 横浜キヤノンイーグルス vs 東京サントリーサンゴリアス(NTT ジャパンラグビー リーグワン 2023-24 プレーオフトーナメント:2024年05月25日)”. league-one.jp. 2024年5月25日閲覧。
  17. ^ 順位 - ジャパンラグビーリーグワン
  18. ^ メンバー - 東京サントリーサンゴリアス

外部リンク

編集