SHINAGAWA CITY BASKETBALL CLUB

日本のバスケットボールチーム
東京サンレーヴスから転送)

しながわシティバスケットボールクラブ(SHINAGAWA CITY BASKETBALL CLUB[2])は、日本プロバスケットボールチーム。B3リーグ所属。ホームタウン東京都品川区2012年創設。呼称はしながわシティ。旧名称は東京サンレーヴス

しながわシティバスケットボールクラブ
SHINAGAWA CITY BASKETBALL CLUB
呼称/略称 しながわシティ/品川
所属リーグ 日本の旗 B3リーグ
創設年 2012年[1]
チーム史 東京サンレーヴス
(2012年 - 2021年
しながわシティ
(2021年 - )
本拠地 東京都品川区[1][2]
チームカラー   ネイビー[2]
運営法人 東京プロバスケットボール株式会社[1][2]
代表者 大栗崇司[1][2]
ヘッドコーチ 佐野智郎
公式サイト https://www.shinagawa-city.com/basketball/
ホームのジャージ
チームカラー
ホーム
アウェイのジャージ
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示
東京プロバスケットボール株式会社
Tokyo Pro Basketball Club Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
140-8503[1][2]
東京都品川区大井1-20-6[1][2]
設立 2011年平成23年)11月9日[1]
業種 サービス業
事業内容 プロバスケットボールクラブの運営
代表者 大栗崇司[1][2]
資本金 1億2,310万円
外部リンク https://www.shinagawa-city.com/basketball/
テンプレートを表示

概要 編集

品川区初のプロバスケットボールチーム。運営法人は「東京プロバスケットボール株式会社」。2012-13シーズンよりbjリーグに参戦。2021-22シーズンから東京サンレーヴスからしながわシティバスケットボールクラブになった。

東京都を本拠地とするbjリーグチームとしては、2010-11シーズンまで23区内を中心に活動としていた東京アパッチが参戦していたが、東日本大震災の影響等で活動休止となった。調布市を中心とする多摩地域を活動の中心とするサンレーヴスはアパッチの活動休止後に別団体が設立した新規参入チームであり、アパッチの系譜を直接受けてはいないが、チームカラーは同一であった。

チアリーダーは旧アパッチ専属だった「東京ガールズ」プロデューサーの柳下容子が引き続きプロデューサーを務め、「サンレーヴスガールズ」を結成。2022-23シーズンからは「SEAGULLS」がチアリーダーとなっている。チアリーダー名の由来は、品川区の鳥カモメ科の「ユリカモメ」となる。

アリーナMCは2016-2017年シーズンまでは旧アパッチ時代に6シーズン務めたMC Umeが担当、2017-2018シーズンからはMC LUG-Zが担当している[3][4]。2021-22シーズンから現在までは佐山裕亮が担当している。

チーム名 編集

2021-22シーズンからのチーム名は「しながわシティバスケットボールクラブ」となり、フットサル男子Fリーグの「しながわフットサルクラブ」等と合わせて、品川区初めての総合型プロスポーツクラブとなる。

2020-21シーズンまでのチーム名である「サンレーヴス(フランス語: Cinq Rêves[5])」は「五つの夢」を意味しており、この「五つの夢」とはチーム理念である「青少年の育成」「スポーツの振興」「地域産業の発展」「地域の活性化」「感動あるエンターテインメント」を指していた。

ユニフォームスポンサー 編集

  • サプライヤー:LuxperioL

歴代ユニフォーム 編集

HOME
2017 - 18
2018 - 19
2019 - 20
2021 - 22
2022 - 23
2023 - 24
AWAY
2017 - 18
2018 - 19
2019 - 20
2021 - 22
2022 - 23
2023 - 24


ホームアリーナ 編集

2023-24シーズン現在、正式なホームアリーナはないが、品川区立戸越体育館での開催をメインとしている。そのほか、荒川総合スポーツセンター、江戸川区総合体育館、中央区立総合スポーツセンター、日本体育大学世田谷キャンパス、目黒区立中央体育館などでホームゲームを開催した。

B3リーグに復帰初年度の2021-22シーズンでは、ホームゲーム開催アリーナ確保が上手く行かず、当初の予定では品川区戸越体育館、品川区総合体育館、江東区総合スポーツセンターなどで予定されていた試合が会場変更となり、八王子ビートレインズ、さいたまブロンコスアルバルク東京とのホームゲーム共催することがあった[6][7]。その際は基本的に広告類や座席などは元の借りていたチームの様式で行っている。

サンレーヴス時代は、多摩地域を中心に東京都内の各アリーナを転戦する形で使用していた。アパッチ時代は有明コロシアム国立代々木競技場第二体育館をホームアリーナとしていた。

B3.LEAGUE 編集

レギュラーシーズン
ホームゲーム開催地 16-17 17-18 18-19 19-20 21-22
23区内 品川区立戸越体育館 2
大田区総合体育館 2
中央区立総合スポーツセンター 2 4 6 2(6) 5(6)
東京海上日動石神井体育館 2
東京海上日動石神井スポーツセンター 2
荒川総合スポーツセンター 2
多摩地域 武蔵野総合体育館 2 2 2
武蔵野の森総合スポーツプラザ 4 2
稲城市総合体育館 6 4 6 4(6)
日野市市民の森ふれあいホール 2 4
明星大学日野キャンパス 2
小金井市総合体育館 2 2 0(2)
立川市泉市民体育館 4 2
立川市柴崎市民体育館 2
アリーナ立川立飛 4 6
エスフォルタアリーナ八王子 4 8
多摩市立総合体育館 2 2
町田市立総合体育館 2 0(2)
調布市立調布中学校 2 2
東村山市民スポーツセンター 2 2 2(4)
日本体育大学桜華中学校・高等学校 2
埼玉 所沢市民体育館 2 2
越谷市立総合体育館 2
浦和駒場体育館 2
神奈川 シンコースポーツ寒川アリーナ 4
愛知 豊田合成記念体育館(エントリオ) 0(2)
ホーム試合数計 30 34 28 16(28) 25(28)

括弧内は開催予定だった試合数

bjリーグ 編集

レギュラーシーズン
ホームゲーム開催地 12-13 13-14 14-15 15-16
23区内 大田区総合体育館 北緯35度33分52.2秒 東経139度43分40.3秒 7 4
東京スポーツ文化館 北緯度分秒 東経度分秒 4
墨田区総合体育館 北緯35度41分57.9秒 東経139度49分1.7秒 2
駒沢体育館 北緯35度37分29.3秒 東経139度39分38.7秒 2
中央区立総合スポーツセンター 北緯度分秒 東経1度分秒 2
多摩地域 武蔵野総合体育館 北緯35度43分4.14秒 東経139度34分2.7秒 3 4
稲城市総合体育館 北緯35度37分54.2秒 東経139度29分9.9秒 2 4
日野市市民の森ふれあいホール 北緯度分秒 東経度分秒 2 2
東久留米市スポーツセンター 北緯度分秒 東経度分秒 2
小金井市総合体育館 北緯度分秒 東経度分秒 2
立川市泉市民体育館 北緯度分秒 東経度分秒 2
青梅市総合体育館 北緯度分秒 東経度分秒 2
日本工学院八王子専門学校・東京工科大学体育館 北緯度分秒 東経度分秒 2
ホーム試合数計 26 26 28

歴史 編集

2011年11月、調布市にてFC東京誘致に関わった同市市民が中心となって「東京プロバスケットボール準備株式会社」を設立し[8]bjリーグに新規参入を申請。2012年1月に承認され[9]、チーム名も公募により3月20日に「東京サンレーヴス」と決定した[10]。同時に運営会社も「東京プロバスケットボールクラブ」に改称した。

2012-13シーズン 編集

初代ヘッドコーチには東京アパッチでも指揮を執った青木幹典が就任。アパッチに所属していた選手では青木康平を獲得。この他、井上聡人栗原祐太伊藤拓郎佐々木クリス高田紘久佐藤マクファーレン優樹、ジャレッド・カーター、イリヤ・ミルティノビッチ、ジョナサン・ジョーンズ、ラシーム・バレットと契約して初年度のシーズン開幕を迎えた。

10月14日、開幕2戦目の千葉ジェッツ戦を84-82で制してリーグ戦初勝利。ホーム開幕戦は10月26日に中央区立総合スポーツセンターで開催した。シーズン序盤にミルティノビッチが故障したため、デニス・カーを補強。2月にバレットとの契約を解除してリッキー・ウッズを補強したが、東地区11チーム中8位でプレイオフ進出はならず。オフに青木康平がFA移籍し、旧アパッチの選手は居なくなった。この他、高田は群馬に移籍し、佐々木は引退した。

2013-14シーズン 編集

埼玉ブロンコスHCの山根謙二が球団代表兼ゼネラルマネージャーに就任。青木HC体制の2シーズン目の外国人選手はリッキー・ウッズエドワード・モリスおよびアンソニー・ストーバーの3名。日本人選手では井手勇次金井賢治八幡幸助師玉祐一が新たにチームに加わり開幕を迎えた。

10月12日、チーム開幕戦のアウェイ・琉球ゴールデンキングス戦で井手の34得点の活躍などでウエスタンの優勝候補を破る幸先の良いスタート(このシーズンでアウェイで琉球に勝利したのは東京と大分のみ)。しかし、その後は大型連敗を繰り返して下位に低迷。3月に澤地サミュエル・ジュニアと4人目の外国人選手としてレミー・ボスウェルを補強したが、ボスウェルは出場2試合のみでチームを去った。最終順位は9位。

2014-15シーズン 編集

山根GMは前シーズン限りで退団。青木HCは続投。大森勇、下田悠介、目健人、ロン・ヘイルIII、ジェマール・ファーマー、マイケル・ハート、ウィル・フォスターと新たに契約した。4戦目を終えたところでヘイルIIIとの契約を解除し、クリス・ブラウンと契約。2月にハートと契約解除し、ゼイン・ノールスと契約した。

開幕のアウェイ・埼玉戦で球団初の開幕連勝スタートを切ったが結果的にこれがシーズン唯一の連勝となった。その後は18連敗を2度喫するなど低迷し、最終的に埼玉にも順位を抜かれてリーグ全体最下位でシーズンを終えた。

2015-16シーズン 編集

河内健一がHC、東松弘純をACとする新体制が発足。選手も下田悠介と師玉祐一以外は退団し(井上聡人はシーズン中に復帰)、旭康介など新人やプロ経験の浅い若手選手を多く集めて全く新しいチームとなった。開幕から6連敗を喫した後、7戦目の埼玉戦(立川市泉市民体育館)で初勝利を挙げたものの、それ以降は再び連敗が続き、年を跨いで4月に再び埼玉に勝利するまで39連敗を喫した。最終戦の横浜戦にも勝利したものの、シーズン5勝(内2勝は広島ライトニング主催ゲーム2試合が広島側の都合により中止となったことによる不戦勝)でイースタン12チーム中12位。

2016-17シーズン 編集

所属していたbjリーグが再編され、B3リーグに所属することになった。HCは引き続き河内健一が務める。ファーストステージは1勝9敗で6チーム中5位。レギュラーシーズンは13勝19敗で9チーム中5位。ファイナルステージは4勝6敗で6チーム中4位(ファーストとファイナルは企業チームは参加しないため参加チーム数が異なる)。総合勝点では9チーム中5位だった。

個人記録としては、フリースローランキングで高橋幸大が2位(86.36%)となった。

2017-18シーズン 編集

河内に代わり、前香川HCのジョー・ナバーロが新HCに就任した。ファーストステージは1勝9敗で6チーム中最下位。レギュラーシーズンは5勝27敗で9チーム中8位。ファイナルステージは2勝18敗で6チーム中最下位。総合勝点は9チーム中6位だった。

個人記録としては、アンドレ・マーレーがスティールランキングで1位(2.17)、得点ランキングで2位(20.40)となった。

2018-19シーズン 編集

ナバーロ体制の2シーズン目だったが、シーズン途中の2018年12月にナバーロとの契約を解除。2019年1月に前岩手HCの岡田修がアソシエイトHCに就任[11]。ファーストステージは7勝5敗で7チーム中3位。レギュラーシーズンは21勝15敗で10チーム中5位。ファイナルステージは7勝5敗で7チーム中3位。総合勝点は10チーム中3位だった。勝利数を大幅に増やし、B3.LEAGUE参入後最高の成績を記録した。

個人記録としては、山田安斗夢がスティールランキングで2位(1.92)、アシストランキングで3位(5.39)となった。

2019-20シーズン 編集

このシーズンからB3リーグのステージ制が廃止され、レギュラーシーズンのみとなった。岡田修がHCとなり[12]、引き続き指揮を執っていたが、2019年12月に契約解除となった。以後の指揮は松井泰仁がHC代行に就任して執っていたが、2020年3月25日に本人の申し出により契約解除となった[13]新型コロナウイルス感染拡大によりリーグが中止。これに伴い、シーズン通しての成績は14勝26敗。9位で終えた[14]

個人記録としては、ジョシュア・クロフォードがリバウンドランキングで1位(12.47)、ブロックショットランキングで3位(1.32)となった。

2020-21シーズン 編集

2020年7月8日、スポンサー企業の撤退・倒産により、2020-21シーズンの運営資金の目途が立たなくなり、B3.LEAGUEからの退会を発表した[15]。尚、B3.LEAGUEはクラブの退会理由を考慮し、特例により2021-22シーズンの参加資格の申請を受け付けることを、併せて発表した[16]

2020-21シーズンは東京都社会人連盟に加盟し、全日本社会人選手権東京都予選にエントリーし優勝した。[17]

2021-22シーズン 編集

このシーズンより「しながわシティ バスケットボールクラブ」に改名。

運営会社は東京プロバスケットボールクラブ株式会社のままとし、実質的運営はサッカー関東社会人リーグ一部の栃木シティFCの代表でもあり、Fリーグ2部に所属するしながわシティフットサルクラブの代表でもある、大栗崇司が代表を勤めることとなった。運営会社の住所などはフットサルのしながわシティと同じ住所である。

ヘッドコーチには東京海上日動ビッグブルーにてアシスタントコーチを務めていた佐野智郎が就任。アシスタントコーチに福田秀憲が就任。枡田祐介(CAP)、清水隆平が継続契約。尾形界龍平良彰吾、長澤亮太、小川京介、鈴木悠介、関口サムエル、伊澤実孝、高橋健太と新規契約。外国人選手はフィリップ・アブ(留学実績)、ジージオ・ベインと契約した。

10月16日の金沢武士団戦で改名後初勝利、翌日も勝利し、連勝となった。

その後予定されていたホームゲーム会場確保に不備が生じ、東京八王子ビートレインズ、アルバルク東京、さいたまブロンコス、豊田合成スコーピオンズなどの協力で各チームのホームゲームと共催して、日程消化を進めている。

11月30日には、サンレーヴス時代の東京バスケットボールクラブ社長であった原島敬之が大栗から交代し社長に就任した[18]

シーズン途中に大原侑之藤村祐輔高山瑠晟ミトロヴィチュ・アレクサンダチャンセラー・ゲッティーズと契約した。

6勝45負の成績で15チーム中14位の成績でシーズンを終えた。

個人記録としては、チャンセラー・ゲッティーズが4回のトリプルダブルを達成した。

2022-23シーズン 編集

スローガン
CIVIC PRIDE 2022 粘り強く そしてエキスパートに

佐野体制の二年目。球団社長に沢田洋和が就任した。関口サムエル、清水隆平(CAP)、長澤亮太、大原侑之が継続。上松大輝(CAP)、堀内星夜小野晃弘、佐々木悠斗、國兼宗次朗高橋育実が新規契約。外国人選手はマーク・セントフォートレナルド・ディクソンアドネシー・ジョシュア・ブラマーと契約した。

シーズン途中に相馬迅(特別指定)と契約した。

9勝43負の16チーム中16位でシーズンを終える。

個人記録としては、得点ランキングでアドネシー・ジョシュア・ブラマーが2位(24.98)、アシストランキングで上松大輝が2位(6.04)となった。

2023-24シーズン 編集

スローガン
不撓不屈-CIVIC PRIDE-

佐野体制の三年目。小野晃弘、堀内星夜、高橋育実、レナルド・ディクソンと継続。尾形界龍は2シーズンぶりの復帰。上原壮大郎松岡仰司伊藤良太(CAP)、関野日久野原暉央と新規契約。新外国人選手はシャクアン・ジュールズハイデン・コヴァルと契約した。

天皇杯では二次ラウンド初戦で天理大学に98-47で勝利。準決勝でB1の信州ブレイブウォリアーズに75-63で敗戦した。

2023年10月7日の開幕戦である山口パッツファイブ戦を84-67で勝利、翌日も95-80で勝利し、名称変更後初めての開幕節二連勝を飾った。

2024年1月21日に行われた立川ダイス戦にて伊藤良太が、B3リーグ記録の1試合最多10スティールを達成した。尚、10スティールはB1とB2を含めても歴代最多の記録となる。

シーズン途中に桜井理人永野雄大(特別指定)、クベマ・ジョセフ・スティーブ(留学実績)、ライアン・リチャーズと契約した。

成績 編集

B3.LEAGUE 編集

しながわシティ シーズン成績
レギュラーシーズン プレーオフ 天皇杯
# シーズン リーグ 地区 順位 勝率 ゲーム差 ホーム アウェイ 自地区 他地区 得点 失点 点差 総合 結果 備考 HC ref. 結果

1 2016-17 B3 5 13 19 (.406) 16.0 6-12(.333) 7-7(.500) 13-19(.406) 0-0(–) 2441 2500 -59 5 5位 河内健一 [19]
2 2017-18 B3 8 5 27 (.156) 21.0 2-16(.111) 3-11(.214) 5-27(.156) 0-0(–) 2486 2877 -391 8 8位 ジョー・ナバーロ [20]
3 2018-19 B3 5 21 15 (.583) 11.0 12-4(.750) 9-11(.450) 21-15(.583) 0-0(–) 3011 2965 46 5 3位 ジョー・ナバーロ岡田修 [21]
4 2019-20 B3 14 26 (.350) 16.0 5-11(.313) 9-15(.375) 14-26(.350) 0-0(–) 3146 3253 -107 9 9位 岡田修 [22]
6 2021-22 B3 6 45 (.118) 40.5 2-23(.080) 4-22(.154) 6-45(.118) 0-0(–) 3543 4741 -1198 14 佐野智郎 [23]
7 2022-23 B3 9 43 (.173) 36(14) 4-22(.154) 5-21(.192) 9-43(.173) 0-0(–) 3848 4410 -562 16 佐野智郎 [24]

ゲーム差:1位との差(PO圏との差)  地区1   # :ワイルドカード  QF :準々決勝  3決 :3位決定戦  SF :準決勝   FINAL :決勝 B1:9~14位はPOなし   チャンピオン   B2優勝   昇格   降格   残留  
2024年02月23日更新


過去のリーグ戦 編集

bjリーグ 編集

年度 レギュラーシーズン 最終結果 HC 備考
勝率 ゲーム差 得点 失点 得失点差 順位
2012-13 18 34 .346 18.0(8.0) 76.9 83.7 -6.8 東8位 17位 青木幹典 新規参入
2013-14 13 39 .250 29.0(14.0) 72.0 85.1 -13.1 東9位 18位
2014-15 5 47 .096 36.0(14.0) 70.8 88.4 -17.6 東12位 22位
2015-16 5 47 .096 34.0(18.0) 69.3 88.4 -19.1 東12位 23位 河内健一
41 167 .197

ゲーム差は()外は1位、()内はプレイオフ圏との差をそれぞれ表している。

個人別タイトル 編集

Most Improved Player(MIP)

リバウンド

  • bjリーグ2014-15 ウィル・フォスター
  • B3リーグ2019-20 ジョシュア・クロフォード(12.47)

スティール

  • bjリーグ2015-16 アンドレ・マレー
  • B3リーグ2017-18 アンドレ・マレー(2.17)

ブロックショット

選手とスタッフ 編集

しながわシティ (B3 2023-24)ロースター
選 手 スタッフ
{{バ
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
SG 1 尾形界龍 26 (1997/8/15) 1.80 m (5 ft 11 in) 82 kg (181 lb)   神奈川大学 
PG 3 堀内星夜 26 (1997/12/26) 1.75 m (5 ft 9 in) 75 kg (165 lb)   日本経済大学 
PG 4 桜井理人 26 (1997/11/14) 1.81 m (5 ft 11 in) 70 kg (154 lb)   桐蔭横浜大学 
PG 5 永野雄大 (特) 22 (2001/10/23) 1.75 m (5 ft 9 in) 73 kg (161 lb)   日本体育大学 
PG 7 上原壮大郎 29 (1994/8/10) 1.70 m (5 ft 7 in) 68 kg (150 lb)   東海大学 
PG 9 松岡仰司 20 (2003/4/20) 1.72 m (5 ft 8 in) 75 kg (165 lb)   クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパン 
SG 15 小野晃弘 27 (1996/4/11) 1.80 m (5 ft 11 in) 80 kg (176 lb)   日本経済大学 
PG 16 伊藤良太   31 (1992/7/23) 1.77 m (5 ft 10 in) 74 kg (163 lb)   慶應義塾大学 
PF 20 ライアン・リチャーズ 32 (1991/4/24) 2.10 m (6 ft 11 in) 122 kg (269 lb)   ウェストランズセカンダリースクール 
C 22 レナルド・ディクソン 33 (1990/9/20) 2.06 m (6 ft 9 in) 100 kg (220 lb)   ニューメキシコ州立大学 
SF 24 関野日久 26 (1997/6/29) 1.84 m (6 ft 0 in) 75 kg (165 lb)   関西大学 
C 25 ハイデン・コヴァル 26 (1997/3/8) 2.16 m (7 ft 1 in) 100 kg (220 lb)   シンシナティ大学 
SG 44 野原暉央 25 (1998/7/24) 1.87 m (6 ft 2 in) 78 kg (172 lb)   大東文化大学 
PF 60 クベマ・ジョセフ・スティーブ (留) 22 (2001/8/18) 2.04 m (6 ft 8 in) 103 kg (227 lb)   専修大学 
SG 93 高橋育実 25 (1998/6/10) 1.86 m (6 ft 1 in) 84 kg (185 lb)   天理大学 
ヘッドコーチ
佐野智郎
アシスタントコーチ
福田秀憲
鈴木康太

記号説明
  チームキャプテン (C) オフコートキャプテン
  故障者   (+) シーズン途中契約
(S) 出場停止   (帰) 帰化選手
(ア) アジア特別枠選手   (申) 帰化申請中選手(B3
(特) 特別指定選手   (留) 留学実績選手(B3) 
(育) ユース育成特別枠選手
公式サイト

更新日:2024年02月23日

過去の所属選手 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c d e f g h クラブ概要, 公式サイト, https://www.shinagawa-city.com/basketball/club 2021年11月4日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h しながわシティ バスケットボールクラブ(SHINAGAWA CITY BASKETBALL CLUB), B3リーグ公式サイト, https://www.b3league.jp/club/shinagawa/ 2021年11月4日閲覧。 
  3. ^ サンレーヴスガールズ東京サンレーヴスOfficialSite 2012年10月18日閲覧
  4. ^ 東京ガールズはサンレーヴスガールズとは別に活動中。2012年10月18日閲覧
  5. ^ フランス語発音: [sε̃(k) rεv] サン(ク)レーヴ
  6. ^ [1]
  7. ^ [2]
  8. ^ TOKYO発 プロバスケ東京に再び bjリーグ解散から一転 市民中心の新球団 多摩地区ホームに今秋から『東京新聞』2012年3月22日朝刊 朝刊東京発 28頁
  9. ^ プロバスケットボール bjリーグ公式ブログ. “エクスパンション、新規参入チーム決定のお知らせ”. 2012年3月27日閲覧。
  10. ^ “新設 bjの東京チーム名はサンレーヴス”. (2012年3月20日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/03/20/kiji/K20120320002872230.html 
  11. ^ 岡田修アソシエイトHC就任のお知らせ
  12. ^ 2019-20シーズン チームスタッフ契約合意のお知らせ
  13. ^ 松井 泰仁ヘッドコーチ代行契約解除のお知らせ
  14. ^ B3東京が20-21シーズンのリーグ退会 コロナ』(プレスリリース)ニッカンスポーツ、2020年7月8日https://www.nikkansports.com/sports/news/202007080000690.html2020年7月12日閲覧 
  15. ^ B3リーグ退会に関するお知らせ』(プレスリリース)公式サイト、2020年7月8日https://www.tokyo-cr.jp/view/1852020年7月12日閲覧 
  16. ^ B3リーグが2020-21シーズンの加盟クラブを発表…東京エクセレンスなど11クラブ』(プレスリリース)バスケットボールキング、2020年7月8日https://basketballking.jp/news/japan/b3/20200708/239500.html2020年7月12日閲覧 
  17. ^ 第3回全日本社会人バスケットボール選手権大会東京都予選(最終結果)
  18. ^ [3]
  19. ^ STANDING” (201). 2017年4月4日閲覧。
  20. ^ STANDING” (201). 2018年3月31日閲覧。
  21. ^ STANDING” (2019年3月17日). 2019年3月22日閲覧。
  22. ^ STANDING” (2021年5月10日). 2021年5月10日閲覧。
  23. ^ STANDING” (2022年5月1日). 2022年5月19日閲覧。
  24. ^ STANDING” (2023年4月9日). 2023年4月22日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集