メインメニューを開く

東京セブンズ

南アフリカ対ウェールズの試合風景

東京セブンズ(とうきょうセブンズ、TOKYO SEVENS)は、7人制ラグビーの国際大会であるワールドラグビーセブンズシリーズの一大会である。

目次

経緯編集

日本で開催される7人制ラグビーの国際大会は、1995年から1999年までは「カンタベリージャパンセブンズ国際大会」、2000年からはIRBセブンズワールドシリーズの「ワールドセブンズTOKYO(フォルクスワーゲン セブンズ)」として開催されていたが、2001年をもって終了した。

2016年よりオリンピックで7人ラグビー採用が決まったのを受け、10年ぶりの国際大会として「東京セブンズ」として新設され、2011年4月16・17日に第1回が秩父宮ラグビー場で開かれることが決まったが、東日本大震災により大会中止が発表された[1]

2012年、IRB主催「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ」の一戦として3月31日から4月1日にかけて秩父宮ラグビー場で開催された。IRBセブンズワールドシリーズとしては2001年以来の日本開催である。[2]。なお2015-2016シーズンはIRBセブンズワールドシリーズから外れた。[3]

歴代結果編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集