メインメニューを開く

東京ノワール』(Tokyo Noir、とうきょうのわーる)は、2018年8月4日に公開された日本映画

東京ノワール
監督 ヤマシタマサ
脚本 ヤマシタマサ
製作 旭正嗣
製作総指揮 瀬戸恒雄
出演者 井上幸太郎
両國宏
大鷹明良
日下部一郎
太田宏
河西裕介
馬場莉乃
夏目慎也
阪本篤
小高仁
木山廉彬
鈴木研
原元太仁
亜矢乃
寺田農
音楽 34423
撮影 田中一成
編集 ヤマシタマサ
配給 彩プロ
公開 日本の旗2018年8月4日
上映時間 82分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

引退を決意したヤクザが、東京の裏社会を舞台に生きる様を描いたハードボイルド作品。監督は、『狂犬』にて2016年にゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター・コンペティション部門入賞を果たしたヤマシタマサ。撮影を『探偵はBARにいる』などで知られる田中一成が担当。撮影に際して、銀行口座を開設出来ない等、改正暴対法施行後のヤクザ社会の現実をリサーチし、現状を踏まえた上で若い人達にも共感されるような作品作りを目指した。2018年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター・コンペディション部門出品作品[1]。 2018年8月4日より、新宿K's cinemaにて、2週間限定のレイトショー上演される[2][3]

ストーリー編集

引退を決意したヤクザ・鳴海は、最後の仕事と決めた拳銃密売取引の現場で拳銃が暴発、相手組員を装っていた潜入捜査官を死亡させてしまう。裏社会と警察からも追われる身となった鳴海は、運命に翻弄される。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督・脚本・編集 - ヤマシタマサ[4][7][8]
  • エクゼクティブプロデューサー - 瀬戸恒雄[7][8]
  • プロデューサー - 旭正嗣[7][8]
  • アソシエイトプロデューサー - 塩月隆史[7]
  • 撮影監督 - 田中一成[7][8]
  • 録音 - 飴田秀彦、丹雄二[7]
  • 音響効果・MA - 丹雄二[7]
  • メイク - 上田忍、坂口佳那恵[7]
  • ガンエフェクト - 浅生マサヒロ[7]
  • エフェクト編集 - 佐藤麗雄[7]
  • 衣装協力 - 宮田弘子[7]
  • 特殊造形 - 土肥良成[7]
  • 脚本協力 - 成瀬亭平[7]
  • 音楽 - 34423[7]

上映編集

脚注編集

  1. ^ 東京ノワール”. ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018. 2018年7月3日閲覧。
  2. ^ 作品案内 東京ノワール”. ケイズシネマ公式サイト. 2018年7月3日閲覧。
  3. ^ “射殺相手は潜入捜査官…ヤクザ社会描いた「東京ノワール」公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年6月27日). https://natalie.mu/eiga/news/286135 2018年7月3日閲覧。 
  4. ^ a b c d 東京ノワール 【クレジット】”. allcinema. 2018年7月3日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 東京ノワール キャスト”. 映画.com. 2018年7月3日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 東京ノワール キャスト”. KINENOTE. 2018年7月3日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n 東京ノワール スタッフ”. 映画.com. 2018年7月3日閲覧。
  8. ^ a b c d 東京ノワール スタッフ”. KINENOTE. 2018年7月3日閲覧。
  9. ^ 東京ノワール”. 第七藝術劇場公式ウェブサイト. 2018年8月6日閲覧。

外部リンク編集