メインメニューを開く

東京ベイ・浦安市川医療センター(とうきょうベイ・うらやすいちかわいりょうセンター)は、千葉県浦安市当代島三丁目にある医療機関公益社団法人地域医療振興協会が運営する病院である。旧浦安市川市民病院が民間譲渡されて新しく開院した。千葉大学の基幹拠点病院であり、医師の卒後臨床研修指定病院である。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 東京ベイ・浦安市川医療センター
Tokyo Bay Urayasu-Ichikawa Medical Center.JPG
情報
英語名称 Tokyobay UrayasuIchikawa Medical Center
前身 浦安市川市民病院
標榜診療科 内科、循環器内科、心臓血管外科、消化器内科、腎臓・内分泌内科、人工透析内科、糖尿病内科、産婦人科、小児科、小児外科、救急科、外科、脳神経外科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、神経内科、集中治療科、病理診断科、放射線科、放射線診断科、麻酔科、リハビリテーション科、感染症内科
許可病床数

344床
一般病床:340床


感染症病床:4床
開設者 公益社団法人地域医療振興協会
管理者 神山潤
開設年月日 2009年4月1日
所在地
279-0001
千葉県浦安市当代島三丁目4番32号
位置 北緯35度40分17秒 東経139度53分40秒 / 北緯35.67139度 東経139.89444度 / 35.67139; 139.89444
二次医療圏 東葛南部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

歴史・概要編集

1913年に浦安町南行徳村が伝染隔離病舎を設置したのが始まりである。現在の病院は1951年6月に国民健康保険直営葛南病院として開設され、1965年10月に総合病院の承認を受け、1997年4月に浦安市川市民病院と改称した。しかし、医師不足による常勤医の減少、厳しい経営状況により存続が困難となり、運営していた一部事務組合である「浦安市市川市病院組合」が2007年(平成18年)11月から民営化の検討を開始した[1]。 そして、2008年(平成20年)2月8日に「浦安市川市民病院事業の運営形態を民設民営にすることを求める意見書」を採択[2]。 同年10月2日に「地域医療振興協会」を後継法人に決定し[3]2009年(平成21年)3月31日に「浦安市川市民病院」は閉院した[4]

民営化移行直後から新病棟への建て替えのために5診療科へ縮小して、診療を継続[5]

「東京ベイ・浦安市川医療センター」の新病棟は2010年(平成22年)2月24日に起工し[6]2012年(平成24年)2月26日に完成[7]

この新病棟は2013年(平成22年)度末までに344床へ増床して運営されることになっている[7]

沿革編集

  • 2004年(平成21年)
    • 3月 - 「浦安市川市民病院葛南看護専門学校」を閉校[8]
  • 2007年(平成18年)11月 - 収益悪化で民営化の検討を開始[1]
  • 2008年(平成20年)
  • 2009年(平成21年)
  • 2010年(平成22年)
    • 2月24日 - 「東京ベイ・浦安市川医療センター」新病棟の起工式[6]
  • 2012年(平成24年)
    • 2月26日 - 「東京ベイ・浦安市川医療センター」新病棟が完成[7]
  • 2017年(平成29年)
    • 4月1日 - 救急基幹センターの指定を受ける。

診療科編集

  • 総合内科
  • 消化器内科
  • 循環器内科
  • 心臓血管外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 外科
  • 産婦人科
  • 小児科
  • 小児外科
  • 眼科
  • 呼吸器内科
  • 腎臓・内分泌・糖尿病内科
  • 感染症内科
  • 救急集中治療科(救急外来部門)
  • 救急集中治療科(集中治療部門)
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 耳鼻咽喉科
  • 病理診断科
  • 麻酔科
  • 放射線科
  • IVR科

医療機関の指定等編集

  • 保険医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 原子爆弾被爆者医療指定医療機関
  • 第二種感染症指定医療機関
  • 公害医療機関
  • 特定疾患治療研究事業委託医療機関

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b “民営化への移行検討 収益悪化の浦安市川市民病院”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 15. (2007年11月30日) 
  2. ^ a b “運営は民説民営で 浦安市川市民病院 組合議会が意見書可決”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 15. (2008年2月9日) 
  3. ^ a b “地域医療振興協が後継 浦安市川市民病院 12年春、新病院開業目指す”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 15. (2008年10月3日) 
  4. ^ a b “浦安市川市民病院が閉院 民営化し12年に新病棟”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 15. (2009年4月1日) 
  5. ^ “工事期間中は5診療科 浦安市川市民病院整備”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 15. (2008年12月25日) 
  6. ^ a b “地域に密着した病院に 浦安市川医療センターで起工式”. 千葉日報 (千葉日報社). (2010年2月25日) 
  7. ^ a b c “新病院の完成祝う 来月中旬から診察開始 13年度末までに344床 東京ベイ・浦安市川医療センター”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 10. (2012年2月27日) 
  8. ^ “約30年の歴史に幕 浦安市川市民病院葛南看護専門学校 今年度で閉校へ”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 16. (2003年11月26日) 
  9. ^ “移譲後の新名称決まる 浦安市川市民病院”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 15. (2009年2月17日) 

関連項目編集

外部リンク編集