東京ボンバーズ

東京ボンバーズ(とうきょうボンバーズ Tokyo Bombers)は日本のローラーゲームチーム。

目次

概要編集

1972年10月から東京12チャンネル(現:テレビ東京)で放映されたエンターテイメント性の強いスポーツ番組、『日米対抗ローラーゲーム』に登場。

元所属選手の小泉博(1973年に板橋区前野町にあったトレーニングスクールから巣立ってローラーゲームのスター選手となった)によって2002年に東京ボンバーズ(第2次)が再編され、2015年現在も存在しているがメンバーは1970年代と異なり男性のみである。

小泉はプロレス的要素を排除した「真剣勝負」を提唱し、ローラーゲームの完全復活と定着化を目指して試合ルールも「競技」としての色が強いものに変えている。試合ルールとチーム構成、チームの所属がまったく違うのでここでは1970年代の東京ボンバーズ(第1次)について記述する。

ローラーゲームはアメリカで1910年代チャンピオンレースとして発祥し、1920年代ローラースケーティングレースと呼ばれるようになり、1930年代からローラーダービーと称されるようになったスポーツで1961年にビル・グリフィスがこのローラダービーのスケーターを使って分派し「ローラーゲーム」を派生させた。

ビル・グリフィス(ローラーゲーム機構オーナー)によってテレビ受けするようなスポーツに変えられ同60年代にはアメリカで野球場を満員にするほどの観客を動員しローラーダービーの強烈なライバルとなっていた。

日本では1968年4月から東京12チャンネルでロスアンゼルスを本拠地とするサンダーバードの試合をメインにテレビ放送が始まり箱番組として高視聴率を重ねていたが徐々に視聴率が低下して1970年9月に放送が打切られていた。

放送が続いていた期間にキョードー東京の招聘でサンダーバードが来日後楽園アイスパレスや千駄ヶ谷の東京体育館で外国人チームどうしの対決(ロスアンゼルス・サンダーバード対デトロイト・デビルス、サンダーバード対シカゴ・ホークス)の試合を行っている。

日本人チームの結成は1968年、東京12チャンネルによるローラーゲームの放送開始直後から計画されて選手選考会なども済ませていたが放送の視聴率の低下から頓挫していた。

しかし、4年後日本人チーム結成を諦めず、後に東京ボンバーズのキャプテンとなる森文雄やナショナルスケーティングダービー社のビル・グリフィス、東京12チャンネルの運動部長 白石剛達らの思惑が一致して1972年6月にハワイで現地の日系人スケーターを加えてチーム要員を確保し東京ボンバーズが誕生した。

ハワイでの収録試合は東京12チャンネル系列で放送されて一時は15%を超える視聴率を記録したがその後視聴率が低下して3年後の1975年9月に「日米対抗ローラーゲーム」の放送が打切られた。

ボンバーズ創設史概略編集

ローラーゲームの放送 と日本人チーム結成計画 1968年(昭和43年)4月東京12チャンネルがロスアンゼルに拠点を置くサンダーバードの「ローラーゲーム」放送開始。

「ローラーゲーム」放送の高視聴率により日本人チーム結成を計画。選手募集を行い後楽園ローラースケートリンクに於いて選考会を開催。200名以上の応募から10数名を選考。

2名の渡米と活躍 1969年-1970年にかけて選考会で選出した角田誠、佐々木陽子が2回渡米。ロスアンゼルス サンダーバードの施設で訓練を受けると共にサンダーバードの一員として試合に参加。活躍している様子が日本でも放送される。

ローラーゲーム放送の打切り 1970年9月東京12チャンネルは視聴率の低下を理由にロスアンゼルス サンダーバードの試合番組を放送中止。

4名が渡米してサンダーバードのメンバーに編集

1971年1月角田誠、佐々木陽子、河野一男、森文雄の4名が渡米。ロスアンゼルのオリンピックオーデトリアムにあるサンダーバードのトレーニングスクールで訓練を受けると共にサンダーバードの一員として試合に参加。

ウォリアーズのハワイシリーズに参戦 1971年6月角田誠、佐々木陽子、河野一男、森文雄の4名はアメリカ本土からハワイに渡りハワイアン ウォリアーズのメンバーとして1シーズン(3ヶ月間)試合に参加後帰国。

8名が渡米して東京ボンバーズが誕生編集

1972年6月から8月までの3ヶ月間ハワイで開催されるウォリアーズのシーズンに参加するために日本から角田誠、遠藤優、河野一男、森文雄、佐々木陽子、綾部圭子、堀井由美子、岡田恵子の8名が渡米。

 
初代東京ボンバーズ 左から佐々木陽子、タイガー森、堀井由美子、リッキー遠藤、河野一男、綾部圭子、ミッキー角田

ウォリアーズの一員として試合に参加すると共に現地のウォリアーズ日系人スケーター、レイ横山、ボビー加藤、ダーニャ原田、シンディ儀間を加えてタイガー森、佐々木陽子両キャプテンが率いる東京ボンバーズが誕生又、この時からロスアンゼルスで指導を受けてきたサンダーバードのコーチ ラルフ・バラディアスや女性選手のコリーン・ミュレルが東京ボンバーズに応援参加。

試合の収録と放送 東京ボンバーズとしてニューヨーク・チーフス、デトロイト・デビルス、シカゴ・ホークス、テキサス・アウトローズの4チームと対戦。試合の様子を収録

1972年10月から東京12チャンネル(現テレビ東京)は収録試合を「日米対抗ローラーゲーム」として放送を開始した。

放送の反響とチーム活動の休止編集

消えたチーム 放送開始直後から子供や大人を視聴者に巻き込み電波に乗せて憎悪や興奮、爽快感や感動を送り続け高視聴率を記録したがその後徐々に視聴率が低下して1975年に放送が打切られた。

東京ボンバーズは放送が打切られる前に活動を休止しており、まるで忽然と消えたチームの印象を残してその消息とスケーターの様子を知りたがる人は多い。

ナショナルスケーティングダービー日本支社も現在は無くなっている。

ファンの論議編集

「ルールがまったく分からなかった」「あれは八百長だ!」「勝敗が決まっていた」「それでも楽しめたから良かった」などとネット上では最近でも論議されることが有るエンターテイメント性の強いスポーツ。1972年頃は家庭用の録画装置が高価で普及していなかったため家庭で録画が残されている可能性も薄く当時の試合の様子を観ることは難しい。

東京ボンバーズの所属編集

  • 当時の所属:ナショナルスケーティングダービー日本支社
  • 当時の住所:東京都港区六本木6丁目
  • 本拠地:東京
  • 練習場:板橋区前野町 1972年9月開設

所属機構編集

  • 機構名:ナショナルスケーティングダービー
  • 当時の住所:米国カリフォルニア州90028ハリウッドノースハイランドアベニュー1717
  • オーナー:ビル・グリフィス

当時の機構傘下チーム編集

  • ロスアンゼルス・サンダーバード
  • シカゴ・ホークス
  • デトロイト・デビルス
  • フィラデルフィア・ウォリアーズ
  • ニューヨーク・チーフス

チーム名の命名編集

「東京ボンバーズ」のチーム名は機構オーナー、ビル・グリフィスによって命名された。命名前には東洋的イメージから東京タイガーズなどの名前も上がっていたが日本プロ野球にタイガースが存在するために没となりボンバーズ(Bombers 「戦闘機」の意。敵の戦闘能力を破壊する軍団)といった意味の力強い名が付けられた。

東京ボンバーズの主な選手編集

男子編集

  • 草創期のメンバー(ハワイで結成)
    • ミッキー角田
    • リッキー遠藤
    • ビンゴバット河野
    • レイ横山(日系人)
    • タイガー森(ボンバーズの全体コーチだが、男性キャプテンで紹介されていた)
    • ボビー加藤(日系人)
    • ラルフ ヴァラディアス(LA T-Birdsからの応援参加)
  • トレーニングスクール開校後のボンバーズに加わったスケーター
    • 川島次夫
    • 金沢幸雄
    • 森田英二
    • 若松雅俊
    • 小泉博
    • 堀口善行
    • 和泉定次

女子編集

  • 草創期のメンバー(ハワイで結成)
    • 佐々木ヨーコ(キャプテン)
    • 綾部圭子(姉)
    • 堀井由美子
    • シンディ儀間(日系人)
    • 岡田恵子
    • ダーニャ原田(日系人)
    • コリーン・ミュレル(LA T-Birdsから応援参加)
  • トレーニングスクール開校後のボンバーズに加わったスケーター
    • 綾部喜美江(圭子の妹)
    • 守屋素子
    • 宮田正江
    • 上野満枝
    • 西島英子
    • 森千枝子

本来ボンバーズはニューヨークチームに付けられていたが、東京ボンバーズの誕生によりニューヨークはチーフスに改名させられた。

外部リンク編集