東京交通短期大学

東京交通短期大学(とうきょうこうつうたんきだいがく、英語: Tokyo College of Transport Studies)は、東京都豊島区池袋本町2-5-15に本部を置く日本私立大学である。1952年に設置された。大学の略称は交短(こうたん)、または東交短。

東京交通短期大学
東京交通短期大学新校舎.jpg
新校舎(竣工:2018年4月4日)
大学設置/創立 1952年
学校種別 私立
設置者 学校法人豊昭学園
本部所在地 東京都豊島区池袋本町2-5-15
学部 運輸科
ウェブサイト http://toko.hosho.ac.jp/
テンプレートを表示

概要編集

教育および研究編集

  • 現在全国の大学・短大で唯一、運輸科を設置し、「鉄道基礎」・「鉄道経済学」・「鉄道運転論」・「鉄道プログラミング」・「交通政策論」・「自動車交通論」・「交通英語」・「観光プランニング実践」など、鉄道や交通・観光に関する専門科目が多数開講されている。また、授業の一環として鉄道運転シミュレーターが体験できることは、他に例をみない。
  • 「哲学」・「法学」・「経済学」・「基礎英語」・「統計学」・「体育実技」などの基礎科目も多数開講されている。これらの科目は4年制大学に編入した際に読み替えされることが多い。
  • 「企業研究」・「キャリア形成論」・「ビジネスマナー」などのキャリア支援科目も充実している。
  • 1年次・2年次ともにゼミが必修となっている。
  • 教員の研究成果は、各種学会誌や学術書籍のほかに、学内紀要である「東京交通短期大学研究紀要」に掲載されている。

学風および特色編集

  • 日本で唯一鉄道・交通に関する専門教育を行う高等教育機関であることから、学生は全国から集まる。
  • 二部という扱いであるが、1限は13時10分から始まり(最終のコマである)4限は19時40分に終わるため、実質的には昼夜開講制に近い。
  • かつては、付近の駅に配属された国鉄職員が日勤の勤務割の後に通学したこともある。
  • 学費は、交通・観光関係の専門学校や他の大学・短大に比べて大幅に安い。

沿革編集

  • 1952年昭和27年)に当時の国鉄私鉄経営者協会(現・民鉄協)など諸々の鉄道関係者からの支援を受けて学校法人豊昭学園が設置した短大である。

年表編集

  • 1952年(昭和27年) - 東京交通短期大学開学。運輸科をおく。
  • 1967年(昭和42年)10月 - 交通資料館が開館する。
  • 1979年(昭和54年) - 初めて女子学生が入学[1]
  • 2018年平成30年)4月4日 - 新校舎が竣工。

基礎データ編集

所在地編集

  • 東京都豊島区池袋本町2-5-15

象徴編集

  • カレッジマークは、鉄道の車輪モチーフとしてその中央に「大学」の文字が記されたものである。

組織編集

学科編集

  • 運輸科

設備編集

  • 図書館:蔵書数はおよそ50,000冊である。セルフコピー機・AV機器・グループ学習室を備えている。鉄道雑誌や鉄道会社の社史などが豊富に所蔵されている。
  • 鉄道運転シミュレーター館
  • コンピュータ室:授業時間外にも、一定の条件を満たせば利用が可能である。学内無線LANも使用が可能である。

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 学園祭は「東交祭」と呼ばれ、系列高校との豊昭祭と同日(9月)に行われている。

その他編集

  • 随時、専門教員による対面・オンラインでの就職相談(模擬面接など)を提供している。内定者(現役学生)による就職対策講座や各鉄道会社による学内での説明会・セミナーが開催されている。
  • 学校内には、清涼飲料水や軽食の自動販売機が設置されているが売店はないので、近隣のコンビニやドン・キホーテ等を利用する。
  • 例年秋には、鉄道会社や鉄道・交通関連施設の見学を行う「交通見学会」が実施されている。
  • 校舎の近隣には営団500形電車685号車が静態保存されている。前述の東交祭にて一般公開されることがある。
  • 卒業生が運営している同窓会は、前述の東交祭に出展したり学生も参加できる鉄道貸し切りツアーを開催したりしており、結びつきが強い。

アクセス編集

卒業後の進路について編集

  • 2020年3月31日時点の2019年度卒業生の就職率は96.3%である。
  • 例年、全国の鉄道会社・バス会社等に就職する学生が多い。

編入学・進学実績編集

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集