東京医科大学病院

日本の東京都新宿区にある病院

東京医科大学病院(とうきょういかだいがくびょういん、英語: Tokyo Medical University Hospital)は、学校法人東京医科大学が運営する大学病院である。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 東京医科大学病院
Tokyo Medical University Hospital 2019a.jpg
情報
英語名称 Tokyo Medical University Hospital
前身 東京医学専門学校付属淀橋病院
標榜診療科 内科、 血液内科、呼吸器内科、循環器内科、糖尿病内分泌内科、リウマチ科、アレルギー科、神経内科、消化器内科、腎臓内科、老年内科、臨床検査科、精神科、小児科、外科、呼吸器外科、心臓外科、血管外科、消化器外科、小児外科、乳腺外科、眼科、脳神経外科、耳鼻いんこう科、整形外科、形成外科、麻酔科、皮膚科、歯科口腔外科、産科、婦人科、泌尿器科、放射線科、リハビリテーション科
許可病床数

904床
一般病床:885床


精神病床:19床
職員数 2744名(2019年4月1日現在)
機能評価 一般病院2(500床以上)
3rdG:Ver1.1
開設者 学校法人東京医科大学
管理者 三木保(院長)
開設年月日 1931年5月
所在地
160-0023
位置 北緯35度41分36秒
東経139度41分31秒
二次医療圏 区西部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

病床数、904床[1]。新宿副都心に位置し、病院本館(地上19階建)は1986年昭和61年)の完成当時、日本で最高層の病院建築であった。2019年令和元年)3月に同敷地内で竣工する新病棟が稼動した後に解体される予定。[2]

沿革編集

診療時間編集

時間帯 平日 土曜日
診療時間 受付時間 診療時間 受付時間
初診 再診 初診 再診
午前 8:30-12:00 8:00-11:00 8:30-12:00 8:30-12:00 8:00-11:00 8:30-12:00
午後 13:00-16:30 11:00-14:30 11:00-16:30 休診

診療科編集

教職員数編集

  • 医師/歯科医師:708人
  • 研修医:83人
  • 看護師准看護師含):1161人
  • 看護助手:56人
  • 医療技術員:389人
  • 事務職員:328人
  • その他:19人
  • 合計:2,744人
    • 全職種非常勤職員を除く

2019年(平成31年)4月1日現在

指定医療機関編集

特定機能病院編集

1993年(平成5年)に特定機能病院の認定を受けるが、2005年の第2外科(心臓外科)における医療事故に係わり厚生労働省による承認取り消しを受け、指定を持たない大学病院となっていたが、2009年に特定機能病院として再承認された。

卒後臨床研修編集

2007年(平成19年)4月、大学病院として初めて特定非営利活動法人卒後臨床研修評価機構の審査を受けた。2008年(平成20年)には、日本医学教育学会を主催した。

医療事故編集

2002年(平成14年)10月から1年間に、立て続けに心臓弁膜症の手術を受けた患者4人が死亡した。いずれの執刀医も同一人物であるという内部告発があり、それを受けて、手術の結果は医療ミスではないかと疑った3遺族が、死亡患者3人のカルテなどの保全を司法に求めた。病院側は当初、手術ミスを否定したが、外部の専門家による調査委員会は、「執刀医の経験不足で、合併症が起き、死亡という結果に至った」との報告書を提出し、技術の未熟な外科医に執刀を続けさせた指導体制の不備などを厳しく指摘した。これを受けて、病院側はミスを認めて謝罪、理事長らトップが引責辞任を表明、担当教授、外科医が辞職した。[4]

2003年(平成15年)当時51歳の女性患者が点滴用カテーテルを誤挿入され死亡した。女性は、平成15年7月、直腸がんの手術を受けるために入院。手術自体は成功したが、栄養剤などを点滴するために首から挿入したカテーテルが誤って血管外に入り、胸腔内に点滴液が貯留。脳に十分な酸素が供給されず意識不明となり、平成17年4月に死亡した。事故をめぐり、女性の遺族らが学校法人東京医科大に約1億円の損害賠償を求めた訴訟は、大学側が遺族に和解金を支払うことなどを条件に、東京高裁で和解が成立した。[5]

建築計画編集

新しい建物を造るための「建築計画のお知らせ」が、2011年(平成23年)11月18日に掲示された。用途は学校敷地2万2325平方メートル、建築面積1137.84平方メートル、延べ建築面積1万6335.84平方メートル、地上16階建て、地下なし、高さ78.04メートル、着工予定12年3月15日、完了予定13年8月9日、基礎工法は場所打ちコンクリート杭、設計は日建設計、建築は大成建設である。

なお、地上8階・地下1階・高さ28.0mの建物ほか10棟を解体するという掲示も出された。解体期間は、先行解体が11年12月5日~12年4月15日、後期解体が13年3月15日~14年8月9日である。それぞれアスベストの撤去工事を含む。

交通アクセス編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ 病院概要 東京医科大学病院ウェブサイト、平成23年3月18日閲覧
  2. ^ http://www.decn.co.jp/?p=40238
  3. ^ a b c d e f 病院沿革 東京医科大学病院ウェブサイト、平成23年3月18日閲覧
  4. ^ “東京医科大病院 心臓弁手術患者4人死亡 同一医師が担当”. 毎日新聞. (2004年12月11日) 
  5. ^ “東京医科大側が和解金支払い 東京高裁で和解成立 医療事故訴訟”. 産経新聞. (平成23-09-17) 

関連項目編集

外部リンク編集