メインメニューを開く

東京大学大学院公共政策学連携研究部・公共政策学教育部

東京大学大学院公共政策学連携研究部・公共政策学教育部(とうきょうだいがくだいがくいんこうきょうせいさくがくれんけいけんきゅうぶ・こうきょうせいさくがくきょういくぶ、英称:Graduate School of Public Policy、略称:GraSPP)は、東京大学に設置されている研究科以外の教育研究上の基本組織公共政策大学院)の一つである。

教員のみが所属する研究組織である「公共政策学連携研究部」と、大学院生が所属する教育機関である「公共政策学教育部」からなる大学院組織である。正式名称が長いため、両者を合わせて東京大学公共政策大学院(とうきょうだいがくこうきょうせいさくだいがくいん)と呼ばれることが多い。

目次

概要編集

法学政治学研究科経済学研究科の連携によって、2004年4月に設置された。法学政治学研究科、経済学研究科との兼担教員の他、実務家教員も教育研究を行っている。

公共政策学教育部の入学試験では、通常の「一般選抜」の他に、出願時に官公庁・企業等に在職中で、かつ2年以上の実務経験を有し、入学後も在職予定の者を対象とした「職業人選抜」を行っている。

なお、他の公共政策大学院と異なり、卒業の必修要件に「修士論文」が課されないことも特徴の一つである。

組織編集

公共政策学連携研究部編集

  • 政策法学講座
  • 政策政治学講座
  • 公共経済政策講座
  • 政策実務講座
  • 学際公共政策講座

公共政策学教育部編集

  • 公共政策学専攻(専門職学位課程
    • 法政策コース
    • 公共管理コース
    • 国際公共政策コース
    • 経済政策コース
    • 国際プログラムコース
    • キャンパスアジアコース

歴代公共政策学連携研究部・教育部長編集

氏名 在任時期 出身大学 専門分野
初代 森田朗 2004年04月 - 2008年3月 東京大学 行政学地方自治
第2代 金本良嗣 2008年04月 - 2010年3月 東京大学 都市経済学公共経済学
第3代 田辺国昭 2010年04月 - 2012年3月 東京大学 行政学・政策科学
第4代 伊藤隆敏 2012年04月 - 2014年3月 一橋大学 国際金融マクロ経済学
第5代 城山英明 2014年04月 - 2016年3月 東京大学 行政学
第6代 飯塚敏晃 2016年04月 - 2018年3月 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 医療経済学
第7代 高原明生 2018年04月 - 現職 東京大学 東アジア国際政治学

主な教官編集

附属施設編集

2017年春に国際学術総合研究棟が竣工、セミナーや学校行事を行えるレクチャーホールやアカデミアホール、通常授業を実施する演習室のほか、研究室や事務室が入っている[1]

以前は、授業は主に法学部生と同じ法文館のほか、龍岡門付近にある第二本部棟で行われていた。

同窓会編集

東京大学公共政策大学院の同窓会として「東京大学公共政策大学院同窓会」がある。

施設編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集