メインメニューを開く

概観編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 東京女子体育短期大学における建学の精神は「体育による健やかな体、音楽による豊かな情操を両翼とする体育指導者の育成」となっている。

教育および研究編集

  • 東京女子体育短期大学における教育
    • 保健体育学科:体育をベースとした学科で、「ダンス」・「水泳」・「バレーボール」・「水泳」・「スキー」などの実技科目のほか「体育原理」・「学校保健」などの理論科目も学ぶ。
    • 児童教育学科:児童教育のエキスパートを育てる学科で、「特別活動の研究」や「小学校教育実習」など小学校教員になるための科目が必修となっている。また、「幼児教育国際比較」ではオーストラリアでの研修も行われている。

学風および特色編集

  • 東京女子体育短期大学は体育を通して幼児・児童教育が学べるところに特色がある。
  • 短大卒業後、系列の大学に編入学する学生が少なからずいる。

沿革編集

  • 1902年5月 東京女子体操学校が創設される。
  • 同年12月 東京女子体操音楽学校に改組。
  • 1944年 東京女子体育専門学校に改組。
  • 1950年 専門学校を発展改組して東京女子体育短期大学保健体育科を設置する。
  • 1968年 幼児教育科を増設(学生数:86[1][2])。
  • 1973年 幼児教育科を児童教育科に変更。
  • 1976年 学科名を変更。
    • 保健体育科→保健体育学科(学生数:女500[1][3]
    • 幼児教育科→児童教育学科(学生数:女870[1][3]

基礎データ編集

所在地編集

  • 東京都国立市富士見台4-30-1

交通アクセス編集

象徴編集

  • 東京女子体育短期大学のカレッジマークはをイメージしている。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 保健体育学科
  • 児童教育学科
取得資格について編集

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 東京女子体育短期大学の学園祭は「藤園祭」と呼ばれ毎年、11月に行われる。

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 東京女子体育短期大学には「藤栄会」と呼ばれる同窓会組織がある。東京のほか群馬秋田石川大阪大分などにそれぞれ支部がある。

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

出身者編集

施設編集

キャンパス編集

  • キャンパス内には、1号館・2号館・4号館・5号館・6号館・7号館・9号館、藤村総合教育センターがある。6号館には学生食堂ほか宿泊施設の機能を有している。

編集

  • 東京女子体育短期大学には、大学と同様「ふじ寮」と呼ばれる学生寮がある。

対外関係編集

社会との関わり編集

  • 公開講座が行われている。

参考文献編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c 出典:『全国学校総覧
  2. ^ 昭和44年度版34頁より。
  3. ^ a b 昭和52年度版42頁より。
  4. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)57頁「東京女子体育短期大学」の項より。

外部リンク編集