メインメニューを開く

東京女子大学短期大学部(とうきょうじょしだいがくたんきだいがくぶ、英語: Tokyo Woman's Christian University, Junior College[2])は、東京都三鷹市牟礼4-3-1に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置され、1992年に廃止された。大学の略称は東短(トンタン)。学生募集は1987年度まで。翌年度より東京女子大学現代文化学部を短大を改組して設置したことにより短期大学部は学生募集を停止し、1992年1月27日に正式廃止となった[3]

東京女子大学短期大学部
大学設置/創立 1950年
廃止 1992年
学校種別 私立
設置者 学校法人東京女子大学
本部所在地 東京都三鷹市牟礼4-3-1
学部 英語科
国語科[1]
数理科[1]
体育科[1]
教養科
テンプレートを表示

目次

概要編集

大学全体編集

1960年度の学生募集時までは4つの学科を擁していたが、以後その内の3学科が廃止されて、一旦1学科となる。1966年には新に1学科が新設され、最終的には2学科体制となる。学生総数が1,000人を越えており、短期大学部にしてはかなりの規模を誇っていた。

教育および研究編集

  • 設置されていた学科の一つである教養科には、「心理学」・「生物学」・「社会学」・「文化人類学」など人間理解を深めるための諸科目を学ぶ人間科学コース、社会学や法学の立場から現代社会を理解するための科目を学ぶ現代社会コースがあった[4]

学風および特色編集

  • 実用的な知識よりも深い教養を身につけることを目的とされていた故に、短期速成の「職業教育」ではなく「資格取得皆無という教養主義」が強調されていた全国でもユニークな短期大学である[4]。但し、初期は教職課程が設けられていた[5]

沿革編集

  • 1950年 東京女子大学短期大学部開学。当初は杉並区井荻3-124にあった。
    • 英語科
    • 国語科
    • 数理科
    • 体育科
  • 1954年 この年度より数理科入学生の修業年限を2年から3年へ延長。
  • 1962年3月31日 国語科・体育科廃止。
  • 1966年3月31日 数理科廃止。教養科を増設:学生総数は244[6]
  • 1966年 短期大学部を三鷹市牟礼に移転し、英語科・教養科の2科制とする。
  • 1987年度をもって学生募集を終了:この年度における学生総数は英語科で589、教養科で587[7]
  • 1992年1月27日 正式廃止[3]

基礎データ編集

所在地編集

  • 東京都三鷹市牟礼4-3-1

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 英語科
  • 国語科[1]
  • 数理科[1]
  • 体育科[1]
  • 教養科

取得資格について編集

大学関係者一覧編集

歴代学長編集

出身者編集

施設編集

キャンパス編集

  • 東京女子大学本部とは別に、短期大学部独自のキャンパスが三鷹市にあった。大学は当初、使用しなくなった牟礼キャンパスの敷地に借地のマンションを建て、固定資産税などの維持費(年間9,000万円ほど)にかかる費用にあてる予定であったが、近隣住民の猛反対にあい、維持を断念。2005年9月に法政大学に売却され、跡地に同大学の附属中学校・高校が2007年4月に移転したために、東京女子大短期大学部時代の建物はすべて取り壊された。チャペルの一部は東京女子大学善福寺校舎の牟礼記念ホールに使用されている。

系列校編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 募集は、1960年度入学生まで
  2. ^ CiNiiより
  3. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』266頁より。
  4. ^ a b c 進学年鑑』(『私大コース』シリーズ別冊、1984年発行)より
  5. ^ a b c d e f 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)57頁より。
  6. ^ 昭和42年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)32頁より。
  7. ^ 昭和63年度版『総覧』57頁より。
  8. ^ 以上、『東京女子大学短期大学部牟礼キャンパスの二十三年』より一部引用。

参考文献編集

外部リンク編集