東京拳闘会(とうきょうけんとうかい)は、東京都豊島区東池袋に所在するボクシングジム。通称「東拳」「東拳ジム」「東拳ボクシングジム」。

歴史編集

1924年、太陽神戸銀行(現・三井住友銀行)頭取・樽谷公一により荒川区日暮里で設立[1]

日本において日本拳闘倶楽部に次いで2番目に作られたプロボクシングジムであり、現存するボクシングジムでは日本最古の歴史を持っている[要出典]

野口進(日本ウェルター級王者=野口ジム創設者)、大森熊蔵(日本スーパー・ライト級王者)、益子勇治(日本フェザー級王者)、荻原繁(東洋太平洋スーパー・ライト級王者)、佐藤東洋(日本フェザー級&スーパー・フェザー級王者)、満武志(1981年全日本スーパーバンタム級新人王)、西條学(日本スーパー・バンタム級王者)、岡本ナオヤ(2018年度 スーパーバンタム級日本ランキング2位)らの選手が育つ。

戦後、岩渕義夫が2代目会長に就任し、豊島区東池袋にジムを移転。

1階がボクシングジムで、2階が寮となっている。   

現在の会長は3代目となる鈴木清八郎。

2021年事務所を千代田区神田に移転。

 

主な所属選手編集

  • 岡本ナオヤ  23戦 13勝(6KO)9敗(3KO)1分け  ※2018年度 スーパーバンタム級日本ランキング2位
  • 松下一     7戦 3勝(2KO)4敗
  • 三浦成道   7戦 3勝(2KO)4敗(3KO)
  • 辻本将人   4戦 3勝(1KO)1敗
  • 吹野一真   7戦 2勝3敗(3KO)2分
  • 正地孝至   4戦 2勝2敗
  • 市野正人   3戦 1勝2敗
  • 松岡拳人   2戦 1勝1分け
  • 井上慶一   2戦 1勝(1KO)1敗(1KO)
  • 武田健    デビュー前
  • 松岡善之   デビュー前
  • 守屋海    デビュー前
  • 越智泰人   デビュー前
  • 谷島浩紀  デビュー前
  • 岡村龍也  デビュー前
  • 橋口昌大  デビュー前

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集