東京港フェリー埠頭

東京港フェリー埠頭(とうきょうこうフェリーふとう)は、東京港にあるフェリー埠頭の1つである。係留数334隻(港内14位)、総トン数378万0295(港内6位)、取扱貨物量777万8525トン(港内3位)[2]

東京港フェリー埠頭
TokyoGateBridge ferry.jpg
所在地
日本
所在地 東京都江東区有明4丁目
座標 北緯35度36分59秒 東経139度47分45秒 / 北緯35.61639度 東経139.79583度 / 35.61639; 139.79583座標: 北緯35度36分59秒 東経139度47分45秒 / 北緯35.61639度 東経139.79583度 / 35.61639; 139.79583
詳細
開港 1974年[1]
管理者 東京港埠頭株式会社
係留施設数 4バース[2]
水深 7.5~8.5メートル[2]
統計
公式サイト 東京港フェリーターミナル

施設編集

東京港フェリー埠頭は10号地埠頭その2の南端に位置する埠頭である。10号地埠頭その2は有明青海の間にある埋立地の島であり、有明と有明埠頭橋で繋がっている。東京港フェリー埠頭は「L字型」で902メートルの岸壁があり、南からVAA・VAB・VAC・VADと呼ばれる4つのバースが設けられている[2]。バースは東と南に2つずつ設置され、総トン数6000~1万3000トン級に対応している[3][注釈 1]。南バースには東寄りに東京港フェリー埠頭ターミナルビルが設けられており[4]オーシャントランス新門司港行きや琉球海運近海郵船RO-RO船が出航する。

歴史編集

1969年から1971年にかけて東京発着のフェリー航路計画が相次いで申請されるなかで、1970年8月にフェリー埠頭公社計画のプロジェクトチームが発足し、1971年に東京都から1000万円の出資を受け1972年1月に東京港フェリー埠頭公社(現・東京港埠頭)を設立[5]。同年4月に公共岸壁の10号埠頭を借用して3バースの暫定フェリー埠頭を設置し4バース完成までの1977年まで使用、また恒久埠頭として10号地その2地区の拡張を行うこととし1974年に第一期工事として5月1日に第3-4バースと南ターミナルビル・7月1日に第2バースと東ターミナルビルが完成、1977年4月に第二期工事の一環で第1バースが完成し、ターミナル2棟と4バースの体制で1982年時点では以下の配置で貨物航路を含め6社が乗り入れていた[5]

ターミナル バース 運航会社 航路
1 九州急行フェリー 苅田(貨物航路)
2 日本沿海フェリー 苫小牧
川崎近海汽船 苫小牧(貨物航路)
3 近海郵船 釧路
オーシャン東九フェリー 徳島・北九州
4 日本高速フェリー 那智勝浦・高知

その後1997年には2棟のターミナルを統合した現ターミナルビルが建設されたが[6][7]、北海道航路が房総半島を迂回する非効率性から撤退や大洗港への移転が行われたことや[8]、2001年にはブルーハイウェイラインの経営悪化による高知航路撤退もあり[9]、2007年の商船三井フェリー・川崎近海汽船の貨物航路廃止以降フェリーターミナルビルはオーシャン東九フェリーが唯一就航するのみとなっている。

実績編集

 
マルエーフェリー(旅客営業終了後2015年より若洲埠頭に移転)

東京港フェリー埠頭は内国貿易専用で外航船は寄航しないが[2]、2012年に取り扱った貨物量は777万8525トンであり、東京港の総貨物量の約1割(9.4%)に及ぶ[2]。客船の多い竹芝埠頭と比べると、貨客船の多い埠頭である。

就航航路編集

  • 東京港 - 徳島港 - 新門司港
    • 1976年 - 2008年 オーシャン東九フェリー(1976年から1995年まで小倉港発着)
    • 2008年 - オーシャントランス
過去の航路

道路編集

  • 有明埠頭連絡線、有明2号線[10]

周辺編集

対岸の「10号地埠頭その1」には東京国際展示場や有明客船ターミナル(海上バス)がある。

出典編集

注釈編集

  1. ^ 計画では東の埠頭は総トン数2万3000級、南の埠頭は総トン数1万6000級に対応する

脚注編集

  1. ^ 東京港の歴史”. 東京都港湾局. 2015年3月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 2013年東京港港湾統計 (PDF)東京都港湾局
  3. ^ 港湾局事業概要(平成25年度版)”. 東京港港湾局. 2015年3月30日閲覧。
  4. ^ 東京港フェリーターミナル”. 東京港埠頭株式会社. 2015年3月30日閲覧。
  5. ^ a b 東京港フェリー埠頭の10年 - 東京湾フェリー埠頭公社
  6. ^ 東京港のイメージアップ戦略で知名度がアップ - 建設グラフ1997年1月号
  7. ^ 港湾空港技術研究所資料No.1072 フェリー埠頭へのITS技術導入効果評価手法の開発 - 港湾空港技術研究所
  8. ^ 首都圏~北海道のフェリー、なぜ茨城・大洗発着? 東京から直通バスも登場 便利になる大洗〈PR〉 - 乗り物ニュース
  9. ^ ブルーハイウェイライン/東京-那智勝浦-高知航路、9月末で廃止へ - 日本海事新聞2001年9月5日
  10. ^ 港湾局事業概要(平成24年度版)”. 東京港港湾局. 2015年3月30日閲覧。

外部リンク編集