メインメニューを開く

東京田辺製薬

かつての日本の製薬会社

東京田辺製薬株式会社(とうきょうたなべせいやく、英文:TOKYO TANABE CO., LTD.)は、かつて存在した日本の国内大手製薬会社企業である。

田辺三菱製薬株式会社」の源流企業の一つにあたる。

会社概要編集

  • 田辺三菱製薬株式会社がWebで公開している社史[1]によると、東京田辺製薬の起こりは、明治時代末期、「旧:田辺製薬株式会社」の当時の当主だった12代田辺五兵衛が、次男・田辺元三郎に薬種問屋『田邊元三郎商店』を東京・日本橋本町で創業させたこととされる。
  • 大正時代後期、資本金100万円で株式会社に改組し、自社での医薬品開発・生産に乗り出した。
  • 昭和時代になると、1936年(昭和11年)に日本で初めてビタミンCを合成生産し、『アスコルチン』の名で発売した。第二次世界大戦最中の1943年(昭和18年)9月、社名を『株式会社田邊元三郎商店』から『東京田辺製薬株式会社』に改称変更。
  • しかし大都市エリアに工場を構えていたことから空襲被害で生産能力が落ち、戦後「三河島工場」を閉鎖し、生産設備を「梅田工場」と「王子工場」に集中して生産の合理化を図ることにした。
  • 一時期西日本-田辺東日本-東京田辺と営業エリアの棲み分けを図っていたものの、東京証券取引所上場(1963年(昭和38年)第二部、1970年(昭和45年)第一部指定替え)を機に徐々に「旧:田辺製薬株式会社」からの独立を進め、1980年代に当時の三菱化成工業株式会社(現:三菱ケミカル株式会社)と業務提携、以後三菱グループ傘下の大手製薬会社企業となった。
  • 1999年(平成11年)10月1日、三菱グループ傘下の医薬品事業再編により「三菱化学株式会社」(現:三菱ケミカル株式会社)に事業分割吸収合併され、「三菱東京製薬株式会社」を会社設立となり、1世紀近くにわたった歴史に幕を閉じた。
  • だが、2001年(平成13年)10月1日からは、21世紀が始まったその後「三菱東京製薬株式会社」と「武田薬品工業株式会社」の100%子会社であるウェルファイド株式会社を企業合併のために引き継いだ「三菱ウェルファーマ株式会社」が「田辺製薬株式会社」を存続会社に企業合併したことで、結果的に東西田辺が再統合を果たしたことになる。
  • 東京田辺が出していた多くの製品は再編過程で整理され姿を消したものの、ウルソデオキシコール酸を主成分とする胃腸薬「ウルソ」シリーズは田辺三菱製薬株式会社に引き継がれ、2017年(平成29年)、八代亜紀を起用したテレビCMが放送され田辺三菱製薬の主力OTC薬の一つ(第3類医薬品)となっていた。

事業所一覧編集

1999年(平成11年)9月30日終了時点
工場・物流センター・研究所
  • 梅田工場(現在は解体)
  • 足利工場(現在は事業譲渡)
  • いわき工場(現在は事業譲渡)
  • 足利物流センター(現在は事業譲渡)
  • 研究開発本部(現在は解体)
  • かずさ研究所(現在は閉鎖)
支店
  • 北海道支店
  • 東北支店
  • 東京支店
  • 上信越支店
  • 中関東支店
  • 東関東支店
  • 西関東支店
  • 名古屋支店
  • 大阪支店
  • 京都支店
  • 神戸支店
  • 中国支店
  • 四国支店
  • 九州支店
営業所・出張所
営業所 傘下出張所
札幌 旭川、函館
仙台 秋田
盛岡
郡山
中央(東京) 城東
城南
城北
多摩
新潟 高崎、松本
大宮 川越、宇都宮
水戸 松戸、千葉
横浜 湘南
静岡
名古屋 名古屋東、岡崎、岐阜、津
北陸
京都
大阪
阪奈
北大阪
神戸 姫路
広島 米子、岡山、山口
高松 松山
福岡 北九州、長崎、熊本、大分、沖縄
鹿児島

沿革編集

  • 1901年明治34年)
    • 7月25日 - 12代目田辺五兵衛の弟である、初代田辺元三郎が「田邊五兵衛商店」(現:田辺三菱製薬株式会社)から独立分離し、東京府東京市日本橋区本町四丁目(現:東京都中央区日本橋本町二丁目)に薬種問屋「田邊元三郎商店」を創業。
  • 1915年大正4年)
    • 東京都荒川区に「三河島工場」を建設し、医薬品の生産に着手開始。
  • 1921年(大正10年)
    • 11月24日 -
      • 資本金100万円として、「株式会社田邊元三郎商店」に改組し会社設立。
      • スポーツマッサージとして日本初の市販薬第1号「サロメチール」を発売。
  • 1936年昭和11年)
    • ビタミンCを日本で初めて合成生産し、「アスコルチン」の名で発売。
  • 1938年(昭和13年)
    • 東京都足立区に『梅田工場』を新設。2003年(平成15年)まで事業閉鎖。
  • 1939年(昭和14年)
    • 中国北京に置く海外関連会社『株式会社田辺公司』、満州奉天に置く海外関連会社『株式会社田辺商店』を田邊五兵衛商店株式会社(現:田辺三菱製薬株式会社)との共同出資で会社設立。
  • 1940年(昭和15年)
    • 関連会社『東京府医薬品卸株式会社』が会社設立し加入会社となる。
  • 1941年(昭和16年)
    • 中国上海に置く海外関連会社『株式会社田辺洋行』を田邊五兵衛商店株式会社(現:田辺三菱製薬株式会社)と共同出資で会社設立。
  • 1942年(昭和17年)
    • 東京都北区に「王子工場」を建設。1980年(昭和55年)まで事業閉鎖。
  • 1943年(昭和18年)
    • 9月 - 社名を、「株式会社田邊元三郎商店」から「東京田辺製薬株式会社」に社名変更。8月より同じく社名を「田邊五兵衛商店株式会社」から、「田邊製薬株式会社」(現:田辺三菱製薬株式会社)に社名変更。
  • 1947年(昭和22年)
    • 戦後初の空襲により大半を焼失した「王子工場」の生産を再開する。
  • 1949年(昭和24年)
    • 「三河島工場」を閉鎖。生産設備を梅田工場と王子工場に集中して生産の合理化に図る。
  • 1951年(昭和26年)
    • 5月 - 戦後の新薬1号「ビタプレックス」を発売。
    • 12月 - 大阪府大阪市に「大阪駐在所」を開設。
  • 1952年(昭和27年)
  • 1953年(昭和28年)
    • 大阪駐在所を「大阪出張所」に昇格。
  • 1954年(昭和29年)
  • 1956年(昭和31年)
    • 札幌連絡所を「札幌出張所」に、名古屋連絡所を「名古屋出張所」に昇格。
  • 1957年(昭和32年)
  • 1961年(昭和36年)
    • 札幌・名古屋・大阪・福岡の各出張所を支店に昇格。「東京営業所」を設置。
  • 1963年(昭和38年)
    • 4月1日 - 東京証券取引所の株式市場第2部に上場。
  • 1965年(昭和40年)
  • 1966年(昭和41年)
    • 高脂質血症改善ビタミン剤「ハイボン」を発売。王子工場研究課と企画部開発課を統合し、「開発研究部」を設置。
  • 1967年(昭和42年)
    • 札幌支店新社屋竣工。
  • 1968年(昭和43年)
    • 大阪府大阪市東区道修町一丁目(現:大阪府大阪市中央区道修町一丁目)に建設していた大阪支店の新社屋竣工(2006年(平成18年)まで事業閉鎖、その後2011年(平成23年)に老朽化のためオフィスビルを解体された)。
  • 1969年(昭和44年)
    • 東京都北区に「製品管理センター」を建設。
  • 1970年(昭和45年)
    • 本社新社屋ビル着工。
    • 8月1日 - 東京証券取引所の株式市場で第2部から第1部に指定替え変更。
  • 1971年(昭和46年)
    • 9月 - 東京都中央区日本橋本町二丁目の新本社ビル竣工、旧本社社屋から移転し業務開始。
    • 10月 - 東京都内以外初の製造拠点として、栃木県足利市に「足利工場」が完成、操業開始。
    • 12月 - 乳糖分解酵素製剤「ガランターゼ」を発売。
  • 1972年(昭和47年)
    • 関連会社「白井松新薬株式会社」の営業部門を譲受。
  • 1975年(昭和50年)
    • 東京営業所を「東京支店(第1期)」に改称。「東京第一営業所」と「東京第二営業所」を開設。
  • 1977年(昭和52年)
    • 「東京支店(第1期)」を分割し「東京第一支店」と「東京第二支店」を設置。
  • 1978年(昭和53年)
    • 関連会社「東京田辺商事株式会社」を会社設立。
  • 1980年(昭和55年)
  • 1981年(昭和56年)
    • 2月2日 - 三菱化成工業株式会社(現:三菱ケミカル株式会社)との間で業務提携契約を締結。
    • 子宮内膜症治療剤「ボンゾールカプセル」を発売。
  • 1983年(昭和58年)
    • ウルソデオキシコール酸配合胃腸薬「ハイウルソ錠」を発売。
  • 1985年(昭和60年)
    • 市販薬として、ウルソデオキシコール酸配合消化健胃薬「ハイウルソ顆粒」を発売。
  • 1986年(昭和61年)
    • 大阪支店の営業部門を「営業第一部」、「営業第二部」、「営業第三部」に事業分割。
  • 1987年(昭和62年)
    • 1月1日 - 本社の住所表示を「東京都中央区日本橋本町二丁目7番3号」から「東京都中央区日本橋本町二丁目2番6号」へ変更。
    • 10月 - 「三菱化成工業株式会社」(現:三菱ケミカル株式会社)との業務提携を強化する。
    • 11月 - 「サーファクテン」、「サイメリン」を発売。
  • 1988年(昭和63年)
    • 1月 - ウルソデオキシコール酸・生薬・ビタミン配合滋養強壮保健薬「サニビタU」を発売。
  • 1989年平成元年)
    • 2月 - 「健康食品」の展開を生産開始。
    • 10月2日 -
      • 大阪支店を事業分割し、『大阪支店・京都支店神戸支店高松支店』を設置。大阪支店のオフィスを「関西事務所」としてその中に併設。
      • 栃木県足利市に「足利物流センター」完成。
  • 1990年(平成2年)
    • 3月31日 - 足利物流センター稼働に伴い、「製品管理センター」を事業閉鎖。
    • 10月1日 - 東京第一支店を事業分割し、「横浜支店」に設置。
  • 1991年(平成3年)
    • 抗アレルギー剤「アレギサール」を発売。
  • 1992年(平成4年)
    • 4月1日 - 企業スローガンのキャッチコピーを「生命(いのち)の不思議を追いかけて、もっと」というフレーズに決定。
  • 1993年(平成5年)
    • 5-HT2ブロッカー製剤「アンプラーグ」を発売(製造元:三菱化成株式会社)。
  • 1997年(平成9年)
    • 10月1日 -
      • 「東京第一支店」と「東京第二支店」を事業再編し、『東京支店(第2期)・中関東支店東関東支店上信越支店』を新たに設置。
      • 各支店では札幌支店を「北海道支店」、仙台支店を「東北支店」、広島支店を「中国支店」、高松支店を「四国支店」、福岡支店を「九州支店」に改称変更。
  • 1998年(平成10年)
    • 3月 - 千葉県かずさアカデミアパーク内に民間企業研究施設第1号『かずさ研究所』を完成。
  • 1999年(平成11年)
    • 1月21日 - 「三菱化学株式会社 医薬カンパニー」(現:三菱ケミカル株式会社)との、企業合併契約書に調印発表される。
    • 4月1日 - 合弁企業会社『ティー・ティー・ファーマ株式会社』を会社設立。
    • 7月21日 - 「三菱化学株式会社」(現:三菱ケミカル株式会社)との共同開発による医療用医薬品「コレバイン」を発売。
    • 9月24日 - 東京証券取引所の株式市場第1部上場廃止。
    • 10月1日 - 「三菱化学株式会社」(現:三菱ケミカル株式会社)主導の100%子会社及び医薬品事業再編で会社消滅、「三菱東京製薬株式会社」として会社設立。約98年の歴史に幕を下ろした。
  • 2007年(平成19年)
    • 10月1日 - 存続会社であった「旧:田辺製薬株式会社」が、「株式会社三菱ケミカルホールディングス(三菱ケミカルHD)」の子会社である「旧:三菱ウェルファーマ株式会社」を企業合併する形で事業統合し、現在の「田辺三菱製薬株式会社」に会社発足。約106年ぶり以来に東西田辺が事業統合を果たした。

主要製品編集

医療用医薬品編集

  • カスタロール(医療薬第1号)
  • ラクタゴール
  • ビタプレックス
  • ウルソ
  • ハイボン錠
  • ハイボン顆粒
  • ハイボンシロップ
  • チミコデ錠(非ピリン系)
  • ムコトロン
  • サロメゾール(100ml)
  • ルビチーム
  • オキナゾールクリーム
  • オキナゾール液
  • コレミナール錠
  • アレギサール錠10mg
  • アレギサールドライシロップ
  • アレギサール錠5mg
  • 医療用サロメチール
  • マイザークリーム
  • マイザー軟膏
  • マイザーローション
  • ボンゾールカプセル
  • スルジニンカプセル
  • コレバイン錠500mg
  • コレバイン顆粒70%

一般用医薬品編集

  • サロメチール(市販薬第1号)
  • サロメチールエアゾール(50ml)
  • サロメKゼリー
  • サロメチール・ソフト
  • サロメチールゾル
  • サロメチールパップ
  • うがい薬(東京田辺)第1期
  • うがい薬(東京田辺)第2期
  • チミコデ錠
  • チミコデ液
  • チミコデスーパー
  • チミコデシロップ
  • チミコデG錠
  • 新チミコデシロップ
  • チミコデWシロップ
  • チミコデ鼻炎カプセル
  • チミコデカプセル
  • チミコデうがい薬
  • チミコデトローチ
  • チミコデトローチDX
  • チミコデDX顆粒
  • チミコデシロップN
  • チミコデソフトカプセル
  • チミコデかぜシロップ小児用
  • 強力ビタプレ錠
  • アスコルチン100
  • アスコル顆粒(第1期)
  • アスコル顆粒(第2期)
  • アスコル顆粒ゴールド
  • カランバ
  • サニビタU
  • サニビタU内服液
  • サニビタクイン
  • サニビタキング
  • アスビタン<デルマ>
  • ハイボンL錠
  • ビタプレBB
  • 美蜂カップE
  • コリホン顆粒
  • 胃腸薬 東京田辺錠
  • パンラーゼ
  • ウルソ錠
  • ウルソS錠
  • ハイウルソ錠
  • ハイウルソ顆粒
  • 薬草胃腸内服液
  • ハイウルソエース内服液
  • ハイウルソグリーン
  • プリーズ
  • メポタAL
  • メポタAL-X
  • ナイスパンS
  • サンベリン
  • サンベリンS
  • 好効丹
  • ボニータ
  • エバクレーム
  • エバクレームソフト
  • エバクレーム25G
  • エバクレームS
  • アモルスキン
  • サンタナ
  • フェナール

動物用医薬品編集

  • ウルソ注射液
  • フリドン
  • 飼料用リボフラビン
  • サンヒィードA.B.C.
  • P.O.P.
  • スルファグリーン
  • トルーメン
  • フラニンV
  • ジメトキシン東京田辺
  • ピリメタミン東京田辺
  • アンドック
  • サンミックスゴールド
  • サンフィードハイドライ
  • デルトニン
  • デベット注射液
  • インプラール
  • ルーメンミックス
  • サンフィードM
  • ウルソ-10
  • ウルソ-20
  • ウルソV注射液
  • サイトームV注射液
  • アンドックS
  • アンチロシン注射液

健康食品編集

  • 夕顔美人
  • 夕顔美人(うどん)
  • 夕顔美人顆粒
  • 夕顔爽美人(そば)
  • コゼット
  • 夕顔花そうめん
  • 小豆島そうめん
  • 夕顔ファイバータント
  • ダイエット組曲

社史編集

  • 東京田辺製薬社史(2000年9月30日発行、三菱東京製薬株式会社)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 田辺三菱製薬の歴史|田辺三菱製薬史料館”. 田辺三菱製薬株式会社. 2018年1月12日閲覧。

外部リンク編集