メインメニューを開く

東京財団仮想制度研究所(とうきょうざいだんかそうせいどけんきゅうじょ、Virtual Center for Advanced Studies in Institution、略称VCASI、ヴィ・カシ)は、民間シンクタンク東京財団の資金提供によって行われている共同研究プログラムの一つで、経済学を中心に政治学、社会学といった諸社会科学や哲学など隣接諸分野の様々な視点から制度分析を総合的に行い、政策提言に繋げるプロジェクトであった。

2007年4月にスタートした。経済学における制度学派、社会学における新制度社会学、政治学・法学における制度研究、進化理論、サール哲学などの視点を超学際的に交流させることを目指した。研究所と言っても物理的に特定の拠点をもたず、ウェブ上での活動を中心としているため、ヴァーチャル=「仮想」を名乗った。しかし、政策提言を前提とした東京財団と仮想研の趣旨で合わなくなったことから2011年3月末を以て活動を休止した。

主な所属研究者編集

外部リンク編集