メインメニューを開く

東京都市計画道路幹線街路環状第4号線

東京都市計画道路幹線街路環状第4号線(とうきょうとしけいかくどうろかんせんがいろかんじょうだい4ごうせん)は、東京都港区から東京都江東区に至る環状の都市計画道路である。計画延長は約29kmで、そのうち約半分の約15kmしか完成しておらず、未だ現道がない区間も多い。環状4号線の名はあまり知られておらず、一般には外苑西通り不忍通りなどの東京都の道路通称道路名が知られている[1]

概要編集

東京では1923年大正12年)の関東大震災後の復興のため、1927年昭和2年)に東京駅を中心に半径約10マイル(16キロメートル)の範囲に、1号から8号までの環状道路と放射状の道路を配置する道路整備計画がたてられ、環状第1号線から環状第6号線までの6本の道路は、既存の道路を利用して環状につなげるために必要な部分だけ道路を新設する内容とされた[2]。この計画に基づき始められた環状5号線の整備中に太平洋戦争が始まり、戦時下となると戦争が最優先事項となったため環状4号線の道路整備計画は棚上げ状態となった[3]。敗戦後は道路整備が区画整備と一体的となって再開されるものの、整備するために必要な予算が不足していたなどが原因で部分的にしか整備が行われなかったため、環状4号線は環状どころか半円にもならず、道路全体の構成は環状通りとは言い難い状況となっている[3]

富久町西交差点から西早稲田交差点にかけて、右左折の多い計画ルートになっているが、当初はこの区間は国立国際医療センター付近を通る直線状道路の計画であった。しかし、その後、都市計画変更がなされ、現在[いつ?]のようにいびつなルートになったものである。

区間と通称編集

南西から
港区高輪三丁目22番(第一京浜、国道15号
| (現道なし)※未着手
高輪台
| (現道なし)※未着手
白金台
| 都418:外苑西通り
富久町西
| ※事業中
富久町
| (現道なし)※事業中[4]
余丁町
| (現道なし)※事業中[5]
若松河田駅付近
| 都418:抜弁天通り
若松町
| 都418:夏目坂通り ※狭隘区間
早稲田駅前
| 都418(都25重複)早稲田通り
西早稲田
| 都418
甘泉園
| (現道なし)※事業中[6]
目白台2丁目
| 都437:不忍通り※本駒込区間は事業中[7]
道灌山下
| 都457:道灌山通り
宮地
| 都306:明治通り ※東向島区間が2013年度より拡幅整備事業中 [8]
小村井
| 都476:丸八通り
南砂町駅南側(永代通り

その他編集

建設編集

白金台区間、高輪区間
  • 白金台から港南までの延伸計画について平成29年に環境現況調査が完了し、延伸についての住民説明会が開催された。工事期間は2019年令和元年)から2032年(令和14年)で、2027年(令和9年)のリニア中央新幹線品川駅開業や高輪ゲートウェイ駅周辺の再開発完成に合わせて桜田通りから港南までを2027年(令和9年)に先行開業させる計画である[9]。2018年の都市計画決定で従来の高輪の第一京浜起点から港南三丁目の海岸通り起点に延長され、山手線などをまたぐ橋梁も建設予定となっている。この付近の完成をもって全線開通となる。予定地には三田用水の遺構がある。
本駒込区間
  • 平成26年度〜令和2年度にかけて、拡幅工事、電柱地中化が実施されている。
目白台区間
  • 現道が無いため、補助76号線から放射7号線(新目白通り)にかけて平成13年より事業認可を受け新規工事を行っている。神田川をまたぐ新橋梁も建設されている。目白通りとの交差点はトンネル構造となる。
余丁町・河田町区間
  • 平成13年度に事業認可を受け、立退きに時間がかかり、現在[いつ?]も建設中。放射6号線から放射25号線をつなぐ。
富久町地区
  • 2011年に事業認可。なお南側の一部は2010年から2016年までに富久クロス建設にあわせて整備されている。

脚注編集

参考文献編集

  • ロム・インターナショナル(編)『道路地図 びっくり!博学知識』河出書房新社〈KAWADE夢文庫〉、2005年2月1日、30-32頁。ISBN 4-309-49566-4

関連項目編集

外部リンク編集