東京都立三鷹中等教育学校

日本の東京都の中等教育学校

東京都立三鷹中等教育学校(とうきょうとりつ みたかちゅうとうきょういくがっこう)は、東京都三鷹市新川六丁目にある都立中等教育学校

東京都立三鷹中等教育学校
Tokyo Metropolitan Mitaka Secondary School.JPG
過去の名称 東京都立三鷹高等学校(設立母体)
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都の旗 東京都
学区 東京都内
設立年月日 (母体校)1948年
(中等)2009年10月
創立記念日 5月11日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
中等教育学校コード 13352D
所在地 181-0004
東京都三鷹市新川六丁目21番21号

北緯35度40分46秒 東経139度34分2秒 / 北緯35.67944度 東経139.56722度 / 35.67944; 139.56722座標: 北緯35度40分46秒 東経139度34分2秒 / 北緯35.67944度 東経139.56722度 / 35.67944; 139.56722
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

1949年三鷹町立三鷹新制高等学校として創立。1955年に東京都に移管(設置者変更)。2010年より中等教育学校を設置し中高一貫校化した。校訓は「気力を起こして我が身をためそう」。サッカー部は強豪として知られ、2度の全国大会出場経験がある。

前期課程では自校調理の学校給食が出されている。

外部から非常勤講師を月に4回ほど招いて、外国語指導助手(ALT)による授業を行っている。

2016年度に「ICTパイロット校」の指定を受けた。これにより、前期課程生徒に2in1端末が貸与される。

教育目標
  1. 互いの基本的人権を尊重し、思いやりの心を持った豊かな人間性を養う。
  2. 高い見識と幅広い視野を培う。
  3. 自立と共生の精神を養う。
目指す学校像
  1. 将来の日本を担う生徒を育てる。
  2. 高い見識と広い視野を培う。
  3. 思いやりを持った豊かな人間性を培う。
  4. 一貫教育校として、6年間の体系的な教育課程を実践する。

沿革編集

  • 1949年 - 三鷹町立三鷹新制高等学校開校(1月定時制、4月全日制)
  • 1950年 -
    • 三鷹町立三鷹高等学校(1月校名変更)
    • 三鷹市立三鷹高等学校(11月市制施行による校名変更)
  • 1955年 - 東京都へ移管
  • 2010年 - 定時制課程閉課、東京都立三鷹中等教育学校を新設
  • 2014年 - 秋の叙勲において第13代校長・島根岱助が瑞宝小綬章を受章する[1]
  • 2015年 - 高等学校を閉校し中等教育学校に完全移行

入学検査編集

  • 160名(男女各80名)
  • 検査は適性検査I、適性検査II(各45分)で行われる。
  • 適性検査I、IIはそれぞれ満点が100点だが、Iは500点に、IIは300点に換算される。
  • 報告書からの評価は小学校5・6年次の成績による。評点の3が40点、2が20点、1が5点に換算され、それらの合計点(640点満点)を更に200点満点の基準に換算する。
  • 以上、Iの500点に、IIの300点、報告書の200点の合計は1000点満点となる。

生徒数編集

  • 6学年各160名(男女各80名)
  • 計960名(男女各480名)
  • 転校した生徒等がいるため実際の人数はこの通りとはなっていない。
  • 適性検査での募集要項は男女共に80名ずつとなっているが、補欠繰り上げは男女問わず得点の高いものからなので、実際は僅かだが男女の人数差がある。

学校行事編集

合唱祭
2010年度は八王子市民会館で行われた。クラスごとに課題曲(2010年度は校歌)と自由曲を歌い、審査員の審査によって学年優勝を決定する。2012年度からは府中の森芸術劇場で行われている。
校外学習
2010年度は7月下旬に千葉県にある大房岬の青少年自然の家に宿泊。レクリエーションを行い、そのまとめを鷹校祭にて発表した。2011年度からは5月中旬に行っている。
鷹校祭
体育祭と文化祭を合わせて鷹校祭という。9月中旬に行われる、高校と合同での文化祭。元々は鷹高祭という名称だったが、中等教育学校も合わせての開催となるため鷹校祭に変更された。2010年度はホームルーム合宿で行ったレクリエーションについての発表を行った。2014年度は文化祭が先に行われた。2015年度も同様の予定である。
体育祭
9月上旬に武蔵野陸上競技場で行われていたが、校庭の改修工事が2013年夏に終わったため2013年度からは学校で行われている。
文化祭
中等1年生は校外学習の発表。2年生は論文の発表。3年生は劇。後期課程(5年生)からは販売等ができるようになる。各学年夏休み等の課題を発表する教科展示がある。他にも生徒会ではクラスTシャツコンテスト、文化祭の華である吹奏楽部の演奏等、委員会や部活動の展示もある。文化祭最終日の夜には後期課程のみ参加できるフィナーレがある。

制服編集

  • 前期課程は男女とも冬服は濃紺のブレザーに白いワイシャツ。男子は灰色を基調とした鼠色スラックス。女子は灰色を基調とした白とピンクのチェックの入ったプリーツスカート。夏服用のベストは灰色で、左胸に「M」の字の入ったデザイン。リボンタイは計6種類が用意されており、標準の男子用ブルータイ、女子用ブルーリボンの他に、男子用のピンクタイ、女子用のピンクリボン、ブルータイ、ピンクタイがある。なお、式典などの際には標準のものを着用する生徒がほとんどである。
  • 後期課程は男子が濃灰色スラックス、男子は濃紺色のネクタイが2種類、女子が黒とピンクのプリーツスカートで、スカートには「M」の字。オプションとしてベージュ色のプリーツスカート、リボン、ネクタイが用意されている。夏服用のベストは紺色、クリーム色。ブレザーは引き継ぎ。

部活動編集

部活動・同好会一覧編集

全国大会に2度出場、ベスト8まで進んだことがある。
関東大会に3度の出場経験がある。
1963年に全国大会(インターハイ)で優勝した。その時の監督は、後に全日本女子バレー監督となる山田重雄だった。
  • 水泳部(男子、女子)
  • バスケットボール部(男子のみ前期・後期、女子)
  • 陸上競技部(男子、女子)
  • バドミントン部(男子、女子)
  • 茶華道
  • 吹奏楽
  • 演劇
  • 書道
  • 美術
  • 音楽
  • 鉄道研究部 - 2021年度より部に昇格
    • 「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」のモジュール部門で全国2位相当の優秀賞を受賞。
    • 「全国高等学校鉄道模型コンテスト2021」の全国大会モジュール部門でJR貨物賞とベストクリエイティブ賞をダブル受賞。
  • UNIX研究同好会
    • 神楽坂サイエンスアカデミー2017」で「IIJ大賞」を受賞。[2]
    • Minecraftカップ2019 全国大会」で一次選考を通過(133チーム中上位8チーム)、「クリエイティブ アイデア賞」を受賞。[3]
  • 生物同好会
  • 文芸同好会
  • 弓道
  • チアダンス部
  • 軽音同好会
  • 将棋同好会
  • 料理研究同好会

交通編集

  • JR中央線三鷹駅より小田急バス「鷹54:晃華学園東行き」または「鷹54:仙川行き」、「鷹54:新川団地中央行き」に乗車、「三鷹中等教育学校」下車
  • JR中央線吉祥寺駅より小田急バス「吉03:仙川行き」または「吉03:新川団地中央行き」、「吉03:杏林大学病院前行き」、「吉05:調布駅北口行き」に乗車、「三鷹中等教育学校」下車
  • 京王線調布駅より小田急バス「吉05:吉祥寺駅行き」または「調35:杏林大学病院前行き(京王バスと共同運行)」に乗車、「三鷹中等教育学校」「杏林大学病院前」下車
  • 京王線仙川駅より小田急バス「鷹54:三鷹駅行き」「吉03:吉祥寺駅中央口行き」に乗車、「三鷹中等教育学校」下車
  • 晃華学園東より小田急バス「鷹54:三鷹駅行き」または「調35:杏林大学病院前行き(京王バスと共同運行)」に乗車、「三鷹中等教育学校」「杏林大学病院前」下車
  • JR中央線三鷹駅より小田急バス「鷹55:野ヶ谷行き」に乗車、「杏林大学病院入口」下車徒歩約3分

著名な出身者編集

高等学校時代の卒業生を含む。

文化
マスコミ
芸能
スポーツ
学問
行政
その他

関連人物編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集