東京都立豊多摩高等学校

東京都杉並区にある高等学校

東京都立豊多摩高等学校(とうきょうとりつとよたまこうとうがっこう)は、東京都杉並区成田西二丁目にある都立高等学校

東京都立豊多摩高等学校
Toyotama High School.JPG
過去の名称 東京府立第十三中學校
東京府立豊多摩中學校
東京都立豊多摩中學校
東京都立第十三新制高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都の旗東京都
設立年月日 1940年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 13208A
所在地 166-0016

北緯35度41分20.8秒 東経139度37分43.7秒 / 北緯35.689111度 東経139.628806度 / 35.689111; 139.628806座標: 北緯35度41分20.8秒 東経139度37分43.7秒 / 北緯35.689111度 東経139.628806度 / 35.689111; 139.628806
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
東京都立豊多摩高等学校の位置(東京都内)
東京都立豊多摩高等学校

概要編集

府立十三中を前身とする伝統校。2007年進学指導推進校に指定。開校当初は姉妹校である府立一中(日比谷高校)を間借りしていた。校地は39,000平方メートル(東京ドームの83%)ある。

自主自律を校風としている。学級委員を昔のまま級長、生徒を学友と呼び、行事や部活動は学友会という名称の生徒会が中心に運営されている。さらに、「文武両道」もうたっており、行事・部活動も盛んにおこなわれている。2015年には、学友主導による自発的な委員会の再編が行われた。

伝統的に文化活動が盛んな校風であり、卒業生に宮崎駿、谷川俊太郎をはじめとする著名な文化人を輩出している。卒業式では本校卒業生の谷川俊太郎の詩を朗読するのが伝統になっている。

最寄り駅は京王電鉄浜田山駅。学校裏の五日市街道関東バス中35(中野駅-五日市街道営業所)、中36(中野駅-吉祥寺駅)、高43(高円寺駅-五日市街道営業所)の3系統が運行されており、下り方(吉祥寺駅・五日市街道営業所行)のみに「豊多摩高校前」の停留所があり、こちらを利用して通学する生徒もいる。

校歌

作詞:金田一京助、作曲:山田耕筰

校名

初代校長西村房太郎が、決定したばかりの校地(現校地)への生徒の通学区域を予想し、その範囲をカバーすると思われる地域名(旧豊多摩郡)をとって校名とした。当時東京府は、十一中以上の校名はなるべく早くナンバーをやめ、固有の名称を用いる意向であった。

部活動

文芸部、ラグビー部、サッカー部、水泳部は全国大会出場の経験があり、放送部は全国高校放送コンテストの全国大会出場者(アナウンス、朗読部門)もいる。また、屋上には口径30センチと都内の高校でも有数の望遠鏡があり、天文部が活動で使用している。

令和元年、野球部が西東京大会で都立校唯一のベスト8入りを果たした。

沿革編集

学友会編集

(2015年-新委員会制度)

  • 学友会
  • 学友会総会
  • 中央協議会
  • 運動委員会
  • 文化委員会
  • 選挙管理委員会
  • 風紀委員会
  • 環境委員会
  • 行事委員会
  • 保健委員会
  • 図書委員会
  • 記念祭実行委員会
  • 体育祭実行委員会

学校行事編集

交通編集

著名な出身者編集

政治
経済
学者
芸術
作家・翻訳家・脚本家
音楽
芸能・マスコミ
声優・俳優
スポーツ

脚注および参照編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 10期作家・辺見じゅんさん死去”. 豊多摩リンクス (2011年9月27日). 2017年10月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集