メインメニューを開く

東京都薬用植物園とうきょうとやくようしょくぶつえん、西称:Jardín Metropolitano de Tokio de Plantas Medicinales)東京都小平市にある東京都営の植物園。規模は31398平方メートル

東京都薬用植物園
園内の植物。中国と日本の民間療法で使用されているCoix lacryma-jobi植物の花序
園内の植物。中国と日本の民間療法で使用されているCoix lacryma-jobi植物の花序
施設情報
専門分野 薬用植物
事業主体 東京都
管理運営 東京生薬協会
開園 1939年
所在地 187-0033
東京都小平市中島町21−1
位置 北緯35度43分57.9秒 東経139度26分6.6秒 / 北緯35.732750度 東経139.435167度 / 35.732750; 139.435167座標: 北緯35度43分57.9秒 東経139度26分6.6秒 / 北緯35.732750度 東経139.435167度 / 35.732750; 139.435167
公式サイト http://www.tokyo-eiken.go.jp/lb_iyaku/plant/
テンプレートを表示

東京都健康安全研究センター 医薬品研究科によって運営。管理については、公益社団法人東京生薬協会に委託。

植物園としての東京都庭園ではなく薬草植物園の国際的な承認コード( BGC )では、その植物標本の頭字語はTOKMMです [1]

場所編集

〒187-0033 東京都小平市中島町21−1

座標:北緯35度40分42.24秒 東経139度40分55.92秒 / 北緯35.6784000度 東経139.6822000度 / 35.6784000; 139.6822000

開園時間は、4月から9月が午前9時から午後4時30分まで、10月から3月が午前9時から午後4時まで。薬事資料館は、土日祝日も開館。休館日は月曜日

  • 高度 :海抜85メートル
  • 年間平均気温 14.8  プラスマイナス0.4の変動を伴う°C   ℃
  • 年間平均降水量 :1 506.3 mm、プラスマイナス309.2 mmのバリエーション

歴史編集

研究と教育で使用可能な遺伝資源バンクとして役立つことを目的として、1946年に開設。

コレクション編集

現時点で、植物園は主に日本の薬局方で使用されている植物、特にオケラ (植物)Atractylodes 、 カンアオイ属(Asiasarum)、タツナミソウ属(Scutellaria) などの 1671種以上の植物を収容しています。

用途に応じて、植物は14のセクションに分類されています。

活動編集

次のようにいくつかのセクションを区別できます。

調査編集

  • 違法薬物として使用される植物の定義
  • 有毒植物の研究
  • 植物が健康に与える影響
  • 医薬品製造のための植物の性質の研究

種の交換編集

研究成果の社内刊行物編集

教育活動編集

  • 薬用植物コース
  • 薬用植物の観察のためのワークショップ
  • 薬局/医学生のための作業セミナーの開催
  • 麻薬旅団の職員のための作業セミナー
  • 医薬品管理サービスのセミナー

脚注編集

外部リンク編集