東京都道・千葉県道50号東京市川線

日本の東京都と千葉県の道路

東京都道・千葉県道50号東京市川線(とうきょうとどう・ちばけんどう50ごう とうきょういちかわせん)は、海岸通り東京都中央区の汐先橋交差点から、千葉県市川市千葉県道6号市川浦安線との交差点に至る都道・県道である。中央区内には支線も存在する。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
東京都道50号標識
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
千葉県道50号標識
東京都道50号
東京市川線
千葉県道50号東京市川線
起点 東京都中央区
汐先橋交差点
主な
経由都市
江東区墨田区江戸川区
終点 千葉県市川市
相之川交差点
接続する
主な道路
記法
Shuto Urban Expwy Sign C2.svg首都高速中央環状線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
海岸通りとの交差。上が築地方面。
墨田区菊川駅付近(2010年5月)

概要編集

本線の起点から江戸川区市川市境にある今井橋まで、路線の大部分を占める区間は、通称新大橋通りと呼ばれる(東京都通称道路名設定公告整理番号42)[1]。主な通過地は、東京都中央区銀座側から、築地八丁堀日本橋茅場町日本橋人形町日本橋浜町江東区森下住吉大島江戸川区一之江で、千葉県市川市相之川に至る。東京湾に注ぐ隅田川新大橋荒川中川船堀橋旧江戸川今井橋でそれぞれ渡河する。中央区築地から日本橋蛎殻町までの区間では東京メトロ日比谷線が道路の地下を走っており、江東区新大橋隅田川)から大島大島駅付近まで、都営地下鉄新宿線が道路地下を走る。

本線の起点から築地五丁目交差点・旧青果門前交差点にかけてと支線は都市計画道路環状2号線の一部を構成し、通称環二通りと呼ばれる(東京都通称道路名設定公告整理番号138)。支線の起点付近は移転予定となっている築地市場の跡地を利用し、2015年に完成する計画であったが、同市場の豊洲市場への移転が難航したこともあり、この区間の整備も当初計画より遅れている。計画では汐先橋交差点を地下トンネルで通過、築地市場付近で地上に出て、隅田川を橋梁で渡るという構造である。築地市場の移転が難航していることから、東京都では市場内の本線トンネル工事の掘削工事着手を遅らせ、市場南側の搬出用道路を片側1車線に拡幅し、暫定の迂回路として隅田川を渡る橋梁と接続する[要出典][2]

2018年10月11日の豊洲市場開場に伴い、上り線を市場関係車両に限定して通行可能とした[3]。同年11月4日に、起点付近が築地市場の解体現場を迂回する形で通行が開放された[4]

現在、中央区築地 - 港区新橋間が事業中(2022年開通予定)であり、築地 - 汐留間は、虎ノ門まで連続する地下トンネル構造となる。

路線データ編集

本線
支線


路線状況編集

道路通称名編集

  • 新大橋通り(中央区銀座八丁目:起点〈汐先橋交差点〉 - 江戸川区江戸川三丁目:東京都・千葉県界〈今井橋〉) - 東京都道路通称名における道路名で、整理番号42。東京都内における道路の通称。
  • 環二通り(中央区銀座八丁目:起点〈汐先橋交差点〉 - 中央区晴海五丁目〈月島警察署前交差点〉) - 東京都道路通称名における道路名で、整理番号138。※起点から築地五丁目交差点・旧青果門前交差点間は新大橋通りと重複

主な橋梁編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する主な道路編集

本線
接続する道路 交差点名 所在地
東京都道481号新橋日の出ふ頭線支線(環二通り)汐留虎ノ門方面
東京都道316号日本橋芝浦大森線(海岸通り) 汐先橋 東京都 中央区
東京都道50号東京市川線支線(環二通り) 築地五丁目

旧青果門前

東京都道304号日比谷豊洲埠頭東雲町線晴海通り 築地4丁目
首都高速都心環状線新富町出口)・東京都道473号新富晴海線 入船橋
鍛冶橋通り 本八丁堀
八重洲通り 八丁堀
東京都道10号東京浦安線永代通り 茅場町1丁目
首都高速6号向島線 ※接続しない
人形町通り 水天宮前
東京都道474号浜町北砂町線清洲橋通り 浜町中の橋
東京都道463号上野月島線清澄通り 森下駅前 江東区
東京都道319号環状三号線三ツ目通り 菊川駅前 墨田区
東京都道465号深川吾嬬町線(四ツ目通り) 住吉2丁目 江東区
東京都道306号王子千住夢の島線明治通り 区民センター前
東京都道476号南砂町吾嬬町線(丸八通り) 大島6丁目
東京都道477号亀戸葛西橋線 大島8丁目
東京都道449号新荒川堤防線 江戸川区
首都高速中央環状線 船堀橋出入口
東京都道308号千住小松川葛西沖線(船堀街道) 船堀橋東詰
東京都道318号環状七号線(環七通り) 葛西工業高校前
千葉県道6号市川浦安線 相之川 千葉県 市川市
支線
接続する道路 交差点名 所在地
東京都道50号東京市川線本線(新大橋通り) 築地五丁目

旧青果門前

東京都 中央区
清澄通り 勝どき陸橋
東京都道304号日比谷豊洲埠頭東雲町線支線 月島警察署
東京都道484号豊洲有明線支線(環二通り)豊洲市場東京ビックサイト方面

沿線編集

脚注編集

  1. ^ 東京都通称道路名一覧表 (PDF)”. 東京都建設局ホームページ. 東京都建設局. 2018年12月2日閲覧。
  2. ^ “環2の一部区間、暫定道路で開通 築地市場の移転遅れで”. 日本経済新聞. (2020年1月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO56164970T10C13A6L72000/ 2014年3月30日閲覧。 
  3. ^ 環状第二号線上り線(豊洲~晴海間)市場関係車両の部分通行について”. 東京都中央卸売市場 (2018年10月5日). 2020年1月18日閲覧。
  4. ^ 環状第2号線(豊洲〜築地)暫定開通 平成30年11月4日(日曜日)14時00分暫定開通”. 東京都 (2020年1月18日). 2018年11月4日閲覧。

関連項目編集