メインメニューを開く

東京都道・埼玉県道4号東京所沢線

日本の東京都と埼玉県の道路

東京都道・埼玉県道4号東京所沢線(とうきょうとどう・さいたまけんどう4ごう とうきょうところざわせん)は、東京都新宿区から埼玉県所沢市に至る主要地方道である。大部分の区間は東京都内に所在する。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svg
東京都道4号標識
Japanese Route Sign Number 4.svg
埼玉県道4号標識
東京都道4号東京所沢線
埼玉県道4号東京所沢線
路線延長 29.2 km
起点 東京都新宿区
終点 埼玉県所沢市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0020.svg国道20号
Japanese National Route Sign 0463.svg国道463号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

路線データ編集

  • 起点:東京都新宿区(新宿5丁目交差点)
  • 終点:埼玉県所沢市(金山町交差点)
  • 路線延長
    • 東京都区間 24,870 m(実延長、2013年4月1日現在)[1]
    • 埼玉県区間 4,329 m(実延長、2013年4月1日現在)[2]

路線状況編集

東京23区編集

 
新宿大ガード西交差点

新宿大ガード東交差点から西は多摩地域に位置する西東京市の北原交差点(新青梅街道交点)まで東京都道5号新宿青梅線と重複する。西新宿超高層ビル街の北縁を西進し、神田川を淀橋で渡ると中野区に入る。橋上は東京都道302号新宿両国線支線との交点となっている。なお、西新宿から淀橋の先に掛けて自動車専用高架橋が建設される予定であるが、時期は未定である[要出典]。淀橋から先は数百 mの間は広い中央分離帯が設置された上下7車線程度の広幅員となり、中野坂上で山手通りと交わった後は、しばらく上り3車線・下り2車線+停車帯となる。

 
杉並区役所前交差点

杉並区に入り高円寺陸橋で環七と交差、地下鉄丸ノ内線新高円寺駅付近に位置する五日市街道入口交差点で、多摩地域を横断する主要地方道の一つである五日市街道と分かれ、天沼陸橋でJR中央線をオーバーパスし、杉並区の中心繁華街である荻窪に達する。荻窪駅を過ぎるとしばらくは自動車・歩行者ともに飽和状態の繁華街を通過するが、環八通りを過ぎると再び上り3車線・下り2車線+停車帯に戻り、周辺の街並みも住宅街へ変化するが、荻窪以東とは違い、緑も多くなり武蔵野の面影を目にする機会も出てくる。日産自動車荻窪工場跡を右側に、また善福寺公園が左側沿線に近い。井草八幡宮前で早稲田通りと合流する。

練馬区に入ってからも町並みは連続しているが、関町一丁目交差点で千川通りが合流、関町交番前で吉祥寺、北裏交差点で三鷹へ向かう道が分岐する。西東京市境となる東伏見四丁目交差点で分岐する道は五日市街道への連絡路となる。この辺りは武蔵野市との境目にも近い。

多摩地域編集

西東京市に入っても練馬区内同様の道幅であるが次第に高層の建物が減少する。東伏見坂上から下り勾配となり、東伏見交差点に達する。東伏見では都市計画道路の調布保谷線が交差、また西武柳沢駅方向へ向かう旧道が合流する。この交差点北側には東伏見稲荷神社があり、沿道にはラーメン店が点在する。東京ガス保谷整圧所のガスタンクを過ぎると車線数が片側3車線から2車線へと減少しながらカーブを描き、西武新宿線高架橋と交差。そのすぐ先にある交差点は富士街道の終点となる。

 
北原交差点。本路線は左側から斜め右。右奥が新宿方向
 
北原交差点にて撮影

次の田無町一丁目交差点で青梅街道は斜め左方に別れて路線名称も東京都道5号新宿青梅線になり、片側1車線の旧道の趣きで西武新宿線田無駅北口の市街地へと入ってゆくが、当路線はここより「所沢街道」と名称を変えて直進し、北原交差点までは青梅街道と新青梅街道を連絡を兼ねて片側2車線が続く。その間に武蔵境およびひばりが丘を結ぶ武蔵境通り(谷戸新道)との田無町三丁目交差点。以前はその先(西側)にある武蔵境通り(旧道)との交点に信号があり、ここでひばりが丘・武蔵境両方向へ向かうことができたが、現道が出来てから旧道への出入りは、下り車線から田無駅方面へのみ可能となった。

北原交差点では新青梅街道と斜めに交差する。斜め左方向の新青梅街道下り方面への分流は、2車線を維持して車両の通行量も圧倒的に大きいが、当路線は新青梅街道を横切って直進し、片側1車線となる。右側に広大な敷地を持つ東京大学農学部付属農場がある。六角地蔵尊交差点でひばりが丘団地へ向かって直進する市道と分かれ、当路線は斜め左へ進む。東久留米市に入り、南町四丁目交差点の北側にイオンモール東久留米、南側には当路線のバイパスとなる道(新所沢街道、都市計画道路東村山3・4・11号保谷東村山線)がある。新所沢街道は東久留米市南町から東村山市内の多摩北部医療センター西までの区間が開通している。東側の未通区間では、本道からの分岐となる六角地蔵尊交差点付近で用地買収が進んでいる。

住宅地の中を左右にカーブを描きながら北西へ進み、小金井街道を前沢交差点で、新小金井街道を下里二丁目交差点で交差したのち、東村山市に入る。右手には全生園の敷地が続き、その先でJR武蔵野線が半地下で交差、右へ進むと新秋津駅がある。秋津町三丁目交差点で本路線は左折する。直進する道は東村山市道「旧所沢街道」で所沢駅の南側の西武新宿線と西武池袋線の踏切に向かう。右は志木街道となり清瀬市方面へ通じる。左折し少し進み久米川町交差点でこんどは右折する。直進する道は府中街道となり、東村山市の中心部へと向かうことができる。右折した本路線は柳瀬川の谷へ向かって下り坂となり、川を渡ると埼玉県所沢市へ入る。

埼玉県編集

所沢市に入ると谷を上り、西武新宿線を陸橋で交差、右カーブを描いて勾配を下りその先で築堤上を走行する西武池袋線と交差。東住吉交差点で直進すると所沢駅の西側へ出るが、本路線はここで左へ進むと金山町交差点 (終点) となる。金山町交差点を埼玉県道・東京都道55号所沢武蔵村山立川線方向 (南西) へ進み、岩崎交差点から大六天交差点まで所沢入間バイパスが開通している。

バイパス等編集

所沢入間バイパス
  • 起点:埼玉県所沢市(岩崎交差点)
  • 終点:埼玉県所沢市(大六天交差点)
新所沢街道暫定区間
  • 起点:東京都東村山市(多摩北部医療センター西交差点)
  • 終点:東京都東久留米市(都道5号新宿青梅線支線交点)

通称編集

  • 靖国通り(新宿五丁目交差点 - 新宿大ガード東交差点)=東京都通称道路名設定公告(1962年4月25日)整理番号18
  • 青梅街道(新宿大ガード西交差点 - 田無町一丁目交差点)=東京都通称道路名設定公告(1962年4月25日)整理番号17
  • 所沢街道(田無町一丁目交差点 - 金山町交差点)=東京都通称道路名設定公告(1963年6月18日)整理番号68
  • 所沢入間バイパス(岩崎交差点 - 大六天交差点)

重複区間編集

支線

地理編集

通過する自治体編集

 
所沢市星の宮付近

接続する道路編集

通称 交差する道路 交差点名 所在地



東京都道305号芝新宿王子線明治通り
東京都道5号新宿青梅線
新宿3丁目

新宿区
東京都道302号新宿両国線(靖国通り)
東京都道305号芝新宿王子線(明治通り)
新宿5丁目
東京都道430号新宿停車場前線
新宿通り
新宿大ガード東
東京都道317号環状六号線(山手通り) 中野坂上 中野区
東京都道420号鮫洲大山線(中野通り) 杉山公園
東京都道318号環状七号線(環七通り) 高円寺陸橋下 杉並区
- 東京都道428号高円寺砧浄水場線
(荒玉水道道路)
※信号機なし
東京都道7号杉並あきる野線
五日市街道
東京都道318号環状七号線(支線) 五日市街道入口
- 東京都道427号瀬田貫井線 成田東4丁目
東京都道427号瀬田貫井線
(中杉通り)
杉並区役所前
東京都道311号環状八号線
(環八通り)
四面道交差点
東京都道113号杉並武蔵野線
東京都道438号向井町新町線
早稲田通り
井草八幡前
東京都道439号椎名町上石神井線
千川通り
関町1丁目 練馬区
東京都道116号関町吉祥寺線
(吉祥寺通り)
関町交番前
東京都道7号杉並あきる野線
(五日市街道支線)
東伏見四丁目 西東京市
東京都道7号杉並あきる野線
調布保谷線伏見通り
東京都道233号東大泉田無線
(調布保谷線・伏見通り)
東伏見
東京都道8号千代田練馬田無線
富士街道
東京都道5号新宿青梅線
(青梅街道)
東京都道233号東大泉田無線 田無町1丁目



東京都道12号調布田無線
(武蔵境通り[バイパス])
東京都道112号ひばりケ丘停車場線
(谷戸新道)
田無町3丁目
東京都道12号調布田無線
(武蔵境通り[旧道])
東京都道112号ひばりケ丘停車場線
(谷戸新道)
※信号機なし
東京都道5号新宿青梅線
新青梅街道
東京都道245号杉並田無線
(新青梅街道)
北原
- 東京都道5号新宿青梅線(支線) 南町4丁目 東久留米市
東京都道234号前沢保谷線 名称なし交差点
東京都道129号東村山東久留米線 名称なし交差点
東京都道15号府中清瀬線
小金井街道
前沢
東京都道15号府中清瀬線
(新小金井街道)
下里2丁目
- 東京都道226号東村山清瀬線 全生園東 清瀬市・東村山市
市境
東京都道226号東村山清瀬線 全生園前 東村山市
東京都道40号さいたま東村山線
(志木街道)
秋津町3丁目
東京都道16号立川所沢線
東京都道17号所沢府中線(重複)
府中街道
久米川町
- 埼玉県道337号久米所沢線 東住吉

所沢市
国道463号 金山町
埼玉県道179号所沢青梅線(重複) 埼玉県道55号所沢武蔵村山立川線(重複)[3]
- 埼玉県道222号西所沢停車場線 西所沢駅入口
埼玉県道55号所沢武蔵村山立川線 - 岩崎
埼玉県道179号所沢青梅線 国道463号 大六天
国道463号 飯能入間方面

※支線(新所沢街道、都市計画道路東村山3・4・11号保谷東村山線)

  • 東京都道5号新宿青梅線(支線、東京都東久留米市、都市計画道路東村山3・4・18号[4])名称なし交差点
  • 東京都道15号府中清瀬線(小金井街道、東京都東久留米市)前沢南交差点
  • 東京都道129号東村山東久留米線(東京都東久留米市)名称なし交差点
  • 東京都道15号府中清瀬線(新小金井街道、東京都東久留米市)滝山団地北交差点
  • 東京都道226号東村山清瀬線(東京都東村山市[5])多摩北部医療センター西交差点

沿線の主な施設編集

東京都

新宿駅付近から荻窪駅の手前までの地下を東京メトロ丸ノ内線が通っている。

埼玉県

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『東京都道路現況調書 平成25年度』東京都建設局道路管理課、2014年1月、79頁。
  2. ^ 『平成25年4月1日現在 埼玉県道路現況調書』埼玉県県土整備部道路環境課、2014年4月、38頁。
  3. ^ 川越県土整備事務所管内図平成27年3月
  4. ^ 東村山3・4・18号線開通! - 東京都報道発表資料 2013年2月28日
  5. ^ 東村山3・4・11号保谷東村山線の事業に着手します。 - 東京都報道発表資料 2012年12月7日

関連項目編集