メインメニューを開く

東京都道156号町田日野線

日本の東京都の道路

東京都道156号町田日野線(とうきょうとどう156ごう まちだひのせん)は、東京都町田市から多摩市を経て、日野市に至る一般都道である。

一般都道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
東京都道156号標識
東京都道156号
町田日野線
路線延長 11.042 km(実延長)
起点 東京都町田市野津田町
終点 東京都日野市程久保3丁目
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
並木交差点(町田市野津田町)。左方向が都道156号
図師町付近。丘陵地帯を通過するため「動物注意」の標識が見られる
小野神社前交差点(町田市小野路町)
旧小野路宿の狭隘路
恵泉女学園大学付近(多摩市南野)。小野路方面への狭隘路入口
多摩南野交差点(多摩市)。手前方向は東京都道158号小山乞田線で、直進左右三方向いずれも都道156号となっている(左・日野方面、直進・尾根幹線道路・稲城方面で多摩卸売市場前交差点まで指定、右・小野路方面で町田市境界まで指定)
多摩センター駅付近(多摩市落合)
松が谷駅付近(八王子市松が谷)
中央大学・明星大学駅付近(八王子市東中野)

概要編集

路線データ編集

  • 総距離:11,042m(実延長、2016年4月1日現在)[1]
  • 面積:280,844m2
  • 起点:東京都町田市野津田町 東京都道57号相模原大蔵町線交点(並木交差点)
  • 終点:東京都日野市程久保3丁目 東京都道503号相模原立川線交点(多摩動物公園南交差点)
    • 多摩南野交差点(多摩市南野)より多摩市・町田市境界付近までの支線[2]および南多摩尾根幹線道路の多摩南野交差点より多摩卸売市場前交差点までの区間も都道指定されている。
  • 都市計画路線:町田3.4.22、多摩3.1.6、多摩3.3.24、八王子3.3.30、日野3.2.10

路線状況編集

通称編集

  • 小野路宿通り
    • 小野神社前交差点(町田市小野路町)から小野路バス停留所付近までの約500mの区間で呼ばれ、大山街道の宿場町として栄えた小野路宿の街並みを残していて、道路も狭隘なものとなっている。しかし、多摩ニュータウンへのアクセス路として通過車両が増加していることから、東京都による拡幅計画が進んでいる[3]
  • 南多摩尾根幹線道路
    • 多摩南野交差点(多摩市南野)から多摩卸売市場前交差点(多摩市南野)までの都道156号支線部分が、東京都道路通称名公告によって呼称が付けられた[4]
  • 多摩モノレール通り
    • 多摩南野交差点(多摩市南野)から多摩動物公園南交差点(日野市程久保)まで、東京都道路通称名公告によって呼称が付けられた[4]多摩中央署東交差点(多摩市落合)から多摩動物公園南交差点まで、多摩モノレールが中央分離帯上の高架などを走行する。

道路施設編集

橋梁編集

トンネル編集

  • 山王隧道
  • 多摩丘陵トンネル

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

交差する道路 交差する場所 起点から
(km)
都道57号相模原大蔵町線<芝溝街道> 町田市 並木
都道158号小山乞田線南多摩尾根幹線 多摩市 多摩南野
都道158号小山乞田線<多摩ニュータウン通り> 多摩山王橋
都道20号府中相模原線野猿街道 八王子市 堰場
都道503号相模原立川線<多摩モノレール通り> 日野市 多摩動物公園南

沿線の鉄道編集

周辺施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『東京都道路現況調書 平成28年度』東京都建設局道路管理課、2016年1月、87頁。
  2. ^ [1]
  3. ^ 町田市、歴史的町並み再生・保全地区に「観光交流センター」整備へ」 町田経済新聞 2009年5月28日
  4. ^ a b 東京都道路通称名一覧表 (PDF)”. 東京都建設局. 2017年6月4日閲覧。

関連項目編集