メインメニューを開く

東京都道423号渋谷経堂線

日本の東京都の道路
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
東京都道423号標識

東京都道423号渋谷経堂線(とうきょうとどう423ごう しぶやきょうどうせん)とは東京都渋谷区世田谷区を結ぶ特例都道である。


起点・終点編集

通称編集

  • 淡島通り

通過する自治体編集

接続する道路編集

歴史編集

元々、道玄坂上と下北沢森巌寺淡島神社附近)を結んでいた道路と現在の淡島交差点付近で分岐して現在の調布市方面に向かっていた滝坂道が原型である。主に20世紀前半にルート変更が重ねられ、現在の形態となっている(旧版地図による)。通称淡島通りの「淡島」とは、森巌寺境内の淡島神社に由来するが(世田谷区史ほか)、現在は淡島神社付近は通らない。

道玄坂上 - 山手通り、淡島交差点 - 下北沢の「旧道」は、それぞれ生活道路となっている。 狭隘区間の整備については、東京都、世田谷区が「区部における都市計画道路の整備方針」を定め、「優先整備路線」の一つとして指定している(補助52号線)[1]

道路の特徴編集

  • 標準計画幅員は15m。若林陸橋以東は現道幅員15mで完成している。
  • 若林陸橋以西は現道幅員が4m程度で狭隘なため、若林陸橋での環七内回りからの右折は禁止されている。
  • 補助52号線の建設計画があるが、これに反対する動きもある(「補助52号線に反対する会」)
  • 車線数は概ね片側1車線+停車帯

関連項目編集