メインメニューを開く

東儀 哲三郎(とうぎ てつさぶろう、1884年明治17年)1月30日 - 1952年昭和27年)4月20日)は、日本音楽家。元衆議院議員西村眞悟は孫。

東儀 哲三郎
生誕 (1884-01-30) 1884年1月30日
出身地 日本の旗 日本東京府神田区三崎町
死没 (1952-04-20) 1952年4月20日(68歳没)
学歴 東京音楽学校
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家音楽教育家
担当楽器 ヴァイオリン

目次

経歴編集

東京神田三崎町出身[1]

宮中雅楽を伝える家である、東儀家に生まれる[2]

宮内省雅楽部をへて東京音楽学校(現東京芸術大学)でユンケルヴァイオリンを学んだ。

卒業後は母校の教師となる[3]1921年大正10年)宝塚音楽歌劇学校指揮者となり、作曲編曲にあたり、またオーケストラ編成の充実につとめた[3]

1952年(昭和27年)4月20日死去[3]。68歳没[3]

家族・親族編集

東儀家編集

関連編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東儀哲三郎日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」 コトバンク
  2. ^ a b c d 西村眞悟ホームページ─《眞悟の時事通信 バックナンバー/母のこと》
  3. ^ a b c d 東儀哲三郎講談社「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」 コトバンク
  4. ^ a b c d e f 西村眞悟ホームページ─《僕の生い立ち 〜 疾風怒濤前夜 2 〜》

外部リンク編集