メインメニューを開く

東勝寺(とうしょうじ)は、愛知県名古屋市にある真宗大谷派寺院山号伝忠山

東勝寺
Toushoji1.jpg
本堂と鐘楼
所在地 名古屋市名東区高針1丁目1212
位置 北緯35度9分23.5秒
東経137度0分22.1秒
座標: 北緯35度9分23.5秒 東経137度0分22.1秒
山号 伝忠山
宗派 真宗大谷派
創建年 不明
中興年 1575年
中興 加藤勘右衛門
法人番号 1180005001933
東勝寺 (名古屋市)の位置(名古屋市内)
東勝寺 (名古屋市)
テンプレートを表示

由緒編集

創始は不明。1575年(天正3年)、高針城主の弟加藤勘右衛門(藤原信眤)が顕如上人に帰依し、再興改号して東照寺と称す。後に名古屋東照宮が創建されたことで、尾張藩の意向により寺名の「照」を「勝」と改めた[1]本堂1787年天明4年)、鐘楼1846年弘化3年)に建立されたものである[1]梵鐘は太平洋戦争時に国に供出されたが、1958年に再鋳された。なお、近くに住むフィギュアスケート選手の浅田舞浅田真央姉妹が、除夜の鐘を撞きに来たこともある[2]

ギャラリー編集

脚注編集

外部リンク編集