メインメニューを開く

東北優駿(とうほくゆうしゅん)は岩手県競馬組合が施行する地方競馬重賞競走である。2003年までは岩手・上山競馬場新潟県競馬組合の持ち回りで、名称も岩手・上山開催時は東北優駿、新潟開催時は東北ダービー(とうほくダービー)として行われていた[1]

目次

概要編集

1978年に創設。岩手県競馬組合、山形県上山市新潟県競馬組合の三者による交流競走で、毎年持ち回りで行われた。

出走条件は上記三者の所属馬で、馬齢サラブレッド系3歳。東北地区のダービーに相当する。

持ち回りであったが各競馬場にダート1800mの設定があったため毎年同距離で行われたが、1995年1998年水沢競馬場ダート1900mで争われた。その1995年は上山勢唯一となるカガリスキーが優勝している。

同様の趣旨の競走にサラブレッド系古馬による東北サラブレッド大賞典アラブ系古馬による東北アラブチャンピオンも行われていたが、2002年に新潟県競馬組合の新潟競馬場三条競馬場が、2003年上山競馬場がともに廃止となったため2003年に一旦廃止された。

優勝賞金は最終年の2003年は750万円であったが、長らく900万円で争われた。

2019年より、岩手3歳三冠の最終戦として行われていたダービーグランプリが三冠から除外され、当競走が三冠第一戦として16年ぶりに水沢競馬場にて復活することになった[2]。また、ダイヤモンドカップに代わりダービーシリーズの1戦に指定される事となり、副称に「岩手ダービー」が付く。

歴代優勝馬編集

回数 施行日 競馬場 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1978年8月6日 上山 マサフオンタ 牡4 新潟 2分05秒5 赤間亨 赤間昭松
第2回 1979年9月24日 新潟 タガワキング 牡4 岩手 1分55秒7 千田知幸 村上初男
第3回 1980年10月5日 水沢 ホクエツヒカリ 牡4 新潟 1分59秒7 津野総夫 向山勝
第4回 1981年9月27日 上山 トミデンコウ 牡4 新潟 1分58秒4 津野総夫 向山勝
第5回 1982年11月3日 新潟 スーパーライジン 牡4 岩手 1分58秒7 菅原勲 菅原和治
第6回 1983年9月25日 水沢 イチコウハヤタケ 牡4 新潟 2分01秒9 大枝幹也 佐藤忠
第7回 1984年10月2日 上山 カウンテスアツプ 牡4 岩手 1分57秒2 千葉次男 千葉忠一
第8回 1985年11月3日 新潟 アフターセプト 牡4 新潟 1分54秒0 津野総夫 向山勝
第9回 1986年9月14日 水沢 ダイスプリンター 牡4 新潟 1分56秒5 森川一二三 斎藤辰三
第10回 1987年7月19日 上山 ダンシングジオツト 牡4 新潟 1分56秒0 大枝幹也 鈴木敬
第11回 1988年7月3日 新潟 ツカサアコード 牡4 新潟 1分57秒9 森川一二三 鈴木忠俊
第12回 1989年7月9日 水沢 ミタケエルセン 牡4 岩手 2分01秒5 小林俊彦 小林治
第13回 1990年7月22日 上山 サンドリーズン 牡4 岩手 1分58秒8 菅原勲 酒井清
第14回 1991年6月16日 新潟 ホンスキー 牡4 新潟 1分56秒3 五十嵐剛紹 高田功
第15回 1992年7月12日 水沢 モリユウプリンス 牡4 岩手 2分00秒5 及川良春 千葉四美
第16回 1993年7月6日 上山 エビスサクラ 牡4 岩手 1分58秒0 菅原勲 阿部時男
第17回 1994年6月19日 新潟 ブラッククロス 牡4 岩手 1分55秒8 菅原勲 千葉博次
第18回 1995年6月11日 水沢 カガリスキー 牝4 上山 2分07秒2 小国博行 大沢勝宣
第19回 1996年6月23日 上山 ラストヒット 牝4 新潟 1分57秒4 阿部正義 関口賢三
第20回 1997年7月6日 新潟 メイセイオペラ 牡4 岩手 1分52秒4 菅原勲 佐々木修一
第21回 1998年6月28日 水沢 キタノタイトル 牡4 岩手 2分06秒0 菅原勲 伊藤和
第22回 1999年6月29日 上山 マルケイゲイン 牡4 岩手 1分57秒1 村松学 菅原右吉
第23回 2000年6月16日 新潟 アクションアラート 牡4 新潟 1分58秒2 向山牧 津野総夫
第24回 2001年10月24日 新潟 バンケーティング 牡3 岩手 1分53秒3 菅原勲 平澤芳三
第25回 2002年7月2日 上山 チュードサンデー 牡3 岩手 1分54秒2 菅原勲 佐々木修一
第26回 2003年6月1日 盛岡 ベルノネ 牝3 岩手 1分55秒4 草地保隆 伊藤和

各回競走結果の出典編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 斎藤修「地方競馬のクラシック路線とダービー」『ハロン』第12巻第7号、NAR地方競馬全国協会、2001年7月、 63-64頁。
  2. ^ 岩手競馬、3歳新3冠 16年ぶりに東北優駿復活”. 2019年5月6日閲覧。

関連項目編集