メインメニューを開く

東北大学大学院理学研究科・理学部

東北大学 > 東北大学大学院理学研究科・理学部
理学部総合研究棟・自然史標本館(青葉山キャンパス)

東北大学大学院理学研究科(とうほくだいがくだいがくいんりがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Science)は、東北大学大学院に設置される研究科の一つである。また、東北大学理学部(とうほくだいがくりがくぶ、英称:School of Science)は、東北大学に設置される学部の一つである。

目次

概要編集

東北帝国大学の分科大学として1911年に開設された理科大学を前身とする[1] [2]

同理科大学は1919年に理学部となり、1995年には大学院重点化を行った。

設立以来「研究第一主義」と「門戸開放」を理念に掲げ、女性旧制高等学校以外の傍系へも門戸を開いてきた。日本初の女子学生である黒田チカお茶の水女子大学名誉教授)や丹下梅子(元日本女子大学教授)らや、傍系東京高等工業学校(現東京工業大学)卒業生の茅誠司(第17代東京大学総長)らを受け入れてきた伝統を持つ[3]

沿革編集

  • 1907年6月 - 東北帝国大学創立[3][4]
  • 1911年1月- 理科大学開設(数学科・物理学科・化学科)[3] [5]
  • 1913年 - 理科大学で女子の入学を認める(日本初の女性大学生)[3]
  • 1919年 - 理科大学は、理学部となる[3]
  • 1953年 - 大学院理学研究科設置[3]
  • 1995年 - 大学院重点化 [6]

著名な出身者編集

政治、行政編集

経済編集

研究編集

技術、文化編集

アナウンサー、気象予報士編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集